2011年08月07日

多摩市「TAMA一歩塾」終了>事業報告発表会、懇親会で実り多く

東京・多摩市では協働推進室、社会福祉協議会、公民館の連携で
昨年から「市民協働のコミュニティビジネス(CB)推進事業」が行わ
れている。

1月から3月まで「TAMA一歩塾 入門編」でCBの理解講座。
5月から5日間始まったのは、
TAMA一歩塾 実践編」は自分の事業立上げする、市民プロデュ
ーサーの養成を目指す「事業計画書の作成」を中心とする講座だ。

その最終日6日。若干欠席者もいたが14人が参加。
12人の「事業計画」発表が行われた。
010
発表を聞く真剣な表情の受講者たち。
前列右はじが、「ザ・おそうぎコンサルタント」事業を発表した多摩市在住の小林義春さん。氏の事業は、宗教を問わないなどこれまでにない葬儀の低コスト化の推進。後ろ席は、主催の多摩市行政の皆さん。
006
多摩市在住の長谷川豊子さん
「おばあちゃん・おじいちゃんはみらいの宝」事業を発表。
ブログ講座でシニアの見える化とコミュニティ作りを進め、
活動をコミュニティ紙の発行で定着させると言うビジネスモデル。
008
多摩市在住10年の吉田理子さんの発表。
「パーソナル・カラー相談」事業を説明。ビジネスや対人関係、すべての生活のワンランクアップを支援する事業。
後ろはコメンテーターの春野先生

発表後は、参加者、主催者(市)、講師陣も入って、評価投票を行い
最優秀賞、優秀賞、奨励賞の3人を表彰した。

終りにあたり、講師陣、主催者から次の発言があった。
・中身の濃い完成度が高い講座だった。他に学ぶ必要がなく受講生は究めるのみである。多摩の他の地区からもやりたいと発言あり。
・事業計画まで作ると人や地域の本当のことが見えてくる。
・発表では事業内容と同様、、「態度姿勢」「思いの強さ」が重要と認識した。

Rumoi終了後は、懇親会が聖跡
桜ケ丘にある魚料理店で、
20人が集まり熱く盛り上がる。
最後は「行政の連携も
必要」と行政マンの発言も。
「講座で終らず継続コミュニ
ティを続けよう」と、会場の
提供、3人の世話人が名乗
り出て頼もしい。

多摩市民のCBチーム
ワークが見えたようだ。

素晴らしい。

sukoya2008 at 16:06コメント(4)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 長谷川豊子   2011年08月07日 23:40
堀池先生
この度は本当にお世話になりました。1回毎の講座は大変興味深く、楽しく、充実していました。本当にありがとうございました。
この講座を通して作成した「事業計画」を見直しながら、出来ることから少しづつ始めたいと思います。
参加者のみなさんが情報発信の主役になれる媒体を作りたいですね。
10月には再び皆さんとお会い出来るのを楽しみにしています。
その際には、ぜひ、その後の「生徒」の成長を確認にいらして下さい!

2. Posted by すこや   2011年08月07日 23:54
長谷川豊子さん、コメントありがとうございます。とにかく始めると言うコミュニティビジネスらしい事業計画を発表頂きました。
後期高齢者の孤立化防止や、活性化という共通する思いがありますので、様々な連携をさせて頂けるかな、と考えます。
3. Posted by 橋本英樹   2011年08月09日 01:50
ご指導ありがとうございました。今から振り返れば、ことあるごとに「CB入門講座」と受け止めてしまい、「市民プロデューサー養成講座」が正式名称であることを忘れていたような気がします。課題は山ほどありますが、ここ1か月の間に、スケジュールやタスクリスト作りを行い、準備を進めたいと考えております。
4. Posted by 長谷   2012年04月05日 01:18
3月25日のブログ講座の宿題ですが終了したことになるのか不安。
チェックして頂けますか。
<宿題>
‖召凌佑離屮蹈阿愿蟾蕩長次郎さんとなかばさんに投稿済み 
∨拊喟萓犬縫灰瓮鵐箱このコメント
たまタウンチップに
3−1 加入 →完了/ 3−2多摩一歩塾に入る→完了 3−3タウンチップで友達になる→なっていると思いますが→これで完了でしょうか??
すみません

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
Profile

すこや

ブログ通信簿