2007年02月14日

中国の自然環境と野菜2

中国の自然環境と野菜

「中国にある重金属のか・・・・・

「違うぞ!それは違うぞ!これは伝説にでてくる蓬莱の川だろう?」

「ああ。あれね?木は金できていて、川は銀色だったとかいう・・・

「そうか!あれは当時の環境汚染に対する皮肉・・・パァン

「痛いじゃないか。チドリ」

そんな時代に重金属による環境汚染なんてあるわけないでしょ?何千年前の話だと思ってるのよ!」

「これは現在の中国の川だ。他にも緑色やら赤色、紫色などの川がある。

「それは違う!あれはほうら・・・・パァン

「あんたも同じ話の繰り返しになるから同じ反論禁止!

 

 

 

「どうして現在こうなったのか?それは世界中から各種の工場を大量に誘致した事と中国人の環境知識と対応が不足していることが原因だ。」

環境知識と対応が不足しているだと?それを証明できるのか?」

「これが何かわかるか?」

「植林に成功した山だな?それがどうかしたのか?」

「違う!これは・・・・山を本当に緑色に着色してるんだ!

「うわ〜確かにこれ一枚で環境知識と対応が不足してるどころか、それ以前の問題って証明してるわね。

こいつらはネタを投稿するために頑張っただけだ。実際、我々はその対策を考え実行している。貴様達に文句を言われる筋合いはないな。

「対策って・・・・できるのか?」

「なんだと?どういう意味だ?」

報告を捏造する連中ばかりの国だから汚染土壌の面積・分布・程度がはっきりせず、効果的な対策は不可能なのが現状なのだろう?

正確な情報がなければ対策など立てようがない。

「むぅ・・・・・・経済的損失もかなりなものになるだろうな。」

「汚染された穀物での直接的な経済損失だけでも最低でも約2800億円だと言われている・・・・・・まぁ、正確な情報を手に入れることが不可能なんでわからんが、こんな感じで野菜が市場にでてるんだ。」

「ふふふ・・・・・甘いな。最近の中国人も安全性を重視して安全な食品をA級AA級と品質を保証して販売するという画期的な制度があるぞ!」

「画期的ね。どうせ認証表示証の偽造やら権利の乱用とかしまくるんでしょ?

「これらの認証表示証付き商品は通常の野菜に比べ最低でも30%は高く、種類によっては倍近い値段で売れる。高く売れると理解した業者が汚染野菜にもこの表示証を貼って販売してるケースが多く見られるのが現状だ。

他にも公的な機関が別の会社の認証番号を与えたり、一種類しか認証を受けてないのに範囲を広げたり、認証期間が切れても使い続けるというケースが続出している。

「要するに画期的な制度作ったけど、それを管理する機関ぐるみで不正しまくってるから信用できないってことでしょ?」

 

 

 

「簡単に今回の話をまとめるとだな。

正確な情報は見栄をはる役人のせいで得ることできず、効果的な対策ができない。近代国家の基礎は正確な統計なのにな。

画期的な制度を作っても、それを管理する機関自体がもう駄目駄目だ。」

なら管理する組織を監視する組織を作ればいいだろう?

それだけでは安心できん。管理する組織を監視する組織をさらに監視する組織を作らなければ・・・・パァン

やめなさい!無限連鎖になるだけろーが!

 

 

結論

もうどうしようもないです。

 

 

アイコン漫画をまとめたものはこちらにあります。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suliruku/50854503
この記事へのコメント
中国政府は面白い事やってくれますねぇ
最近いやに日本によってくるのは何か含みがあるのかと
感潜ってしまいますよ
Posted by 帽子屋He0 at 2007年02月21日 01:33
権力者が保身で戦争起こす国ですから。
今回も内部の権力争いのために日本に近づいてるんでしょう。
何千年も続く伝統ですから。
Posted by スィルク・パルメ at 2007年02月21日 10:18