2007年07月13日

今日のUAE戦前に弱気発言〜V3は?





痩身・美顔・脱毛の人気コースが、なんと無料で!

 日本代表は本日、1次リーグ第2戦のアラブ首長国連邦(UAE)戦に臨みます。決勝トーナメント進出への山場を前にした12日の公式会見で、イビチャ・オシム監督は3連覇がかかるアジア杯よりW杯予選に主眼を置くことや結果よりも内容を重視することを強調しました。意気消沈の"白旗会見"となりましたが、その後の練習では20分以上のミーティングを行い、選手を激しく鼓舞しました。
 こめかみの血管がぴくついていた。オシム監督は、質問のたびに発言者に鋭い視線を向けた。相変わらず表情は険く、初戦から改善すべき点について問われ、前向きな雰囲気は伝わってきませんでした。「アジア杯が最優先課題とは思わない。もっと大事なのはW杯予選です。そのためのチームの若返りです。アジア杯は重要だが、日本の最も重要な優先課題ではない。私に対して代表監督就任の要請をする前に、アジア杯3連覇という条件があったのなら、サインをしなかったでしょう」とも。しかし、勝たなければ1次リーグ突破が厳しいUAE戦の前にしては、あまりにも消極的でした。しかも白旗とも取れる発言です。会見場には冷たい空気が流れました。引き分けスタートの現状にも、「UAEが危険であるとともに、より日本チームが危険な状態に置かれている」と分析。勝ち点は0点のUAEより上だが、日本は内容が良くて勝ちきれなかっただけに苦境にあるとの見方を示しました。
 それでも、その後の練習では会見とは一転、選手に厳しい口調でゲキを飛ばしました。ピッチ上では「恥をかくな! 1次リーグじゃ終われないぞ! チャンピオンの誇りを持て!」と声を荒らげ、決勝トーナメント進出を厳命しました。フルコートのゲームなど試合前日とは思えないほどハードな練習も行い、闘魂を注入しました。
 確かに最終目標は2010年の南アフリカW杯ですが、アジア杯で勝つことで、若い選手が自信を持ち、大陸別王者が集うコンフェデレーションズ杯の出場権も獲得できます。それは3年後を見据える上で欠かせない強化のパーツです。指揮官も「最優先課題ではない」と宣言したが、本心では結果に執着しているはず。大きな収穫をつかむためにも、今日のUAE戦は絶対に勝つ必要があります。相手も死に体UAEかそれとも死んだふりか、今日分かります。

中古車FCシステム「AT-1」


無料資料請求実施中!自毛植毛







sullon263to at 11:02│Comments(0)TrackBack(0)clip!日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔