「何となくわかっている」から一歩先へ。
《超》講義シリーズ


企画第一弾は、古武術天心流の代範が、実演を交えて行う
講義を超えた講義!!

「武士」「サムライ」は、身近なようでいて、
本物を見る機会はなかなかありません。
本や映像で見ていた知識の断片をつなぎ合わせてくれる機会になったと、
参加者の方々からは好意的なご感想を多数いただきました。

天心流超講義 Part 1 022
滝沢洞風代範


この日は3回に分けて行われる古武術天心流の講義のPart I
「刀、いでたち、身のこなし」をテーマに

滝沢洞風代範が実践者ならではの切り口で講義を進めていきました。

ナビゲーターの立中順平さんは、クリエイターならではの目線で
所作、刀のパーツについて鋭い質問を投げていきます。

天心流超講義 Part 1 025


講義は次の順に行われました。

第1部:刀
 日本刀の種類(大刀、脇差、太刀、短刀)
 真剣を使い、パーツの解説
 分解、手入れの方法

第2部:着物
 着物の構造と詳細
 タスキ
 股立ちの取り方
  
第3部:所作
 立ち方、座り方、袴のさばき方
 礼法(座法)

第4部:所作(刀編)
 刀の握り方
 間合いの取り方
 刀の抜き方、納め方
 特殊技、秘太刀について

アジェンダを見るだけでも内容の濃さがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ボーンデジタルの会議室という狭いスペース。
全編にわたり、臨場感あふれる体験になりました。

Inked天心流超講義 Part 1 011_LI


滝沢代範に対する質問は休憩時間も途切れることがなく
そのすべてに対して1つひとつ、丁寧に答えていただきました。

熱気あふれる講義は、予定時間を過ぎてほぼ3時間。

まだまだ聞いていたい空気の中、閉会となりました。

みなさまからいただいた感想は、トゥゲッターでまとめさせていただきました。



Part IIのテーマは、『甲冑と着物』
 ◎時代物の甲冑と武器を身に付け、所作を披露していただきます。
 ◎着物から鎧、兜まで、どう身に付け、どう動くのか、解説していただきます。

動画や書籍などの資料では、絶対にここまでは分かりません。
是非この機会に、リアルサイズ・リアルタイムのサムライを確かめに来てください。

お申し込みはコ チ ラから!!
Tenshin-Ryu02


ワークショップ(ドローイングの会、デッサン会)の最新スケジュールはこちら


クリックお願いします!

アートランキング