カテゴリ: バンコク街角情報


IMG20170727175924  
              
IMG20171229191455
 バンコクで高級日本料理屋の懐石料理が500バーツで食べられます。
トンローのソイ3を入ってすぐ右に懐石料理「MARU」があります。夕方5時から7時までに入店すると「Special Set Menu」として、食べられます。つきだし、さしみ、ビールもついた本格的懐石料理です。どの料理もおいしいです。「本格的日本料理にはこんな料理もありますヨ」と、タイ人を招待しても大変喜ばれます。「Special Set Menu」は、懐石料理のほか「寿司」中心のもの、「お蕎麦とちらし寿司」中心のもの、「てんぷらと刺身」中心のものと、全部で4種類あります。最後にちょっとしたデザートも出ます。お値打ちです。お試しください。

 IMG20180106140831

             IMG20180106140856
 きれいなピンクの花、Phuang Chompuu(พวงฃนพู ピンクの花房)です。バンコクのセンセープ運河沿いの空き地の柵のところで見ました。どちらかというと雑草に近い、小さめの花ですが、よく見るととてもきれいです。
 葉っぱの形からすると日本の山芋の系統化かとおもわれます。日本の山芋の花は白くて小さい地味な花ですが、だいぶ違います。気を付けてみるとあっちこっちで見ることができます。探してみてくだい。

IMG20171214145333

手のこすれた所は書けなくなる


「何馬鹿なこと言ってんだい。ボールペンが書けるの当たり前だろ」
ところが気づいている人もいると思いますが、タイで売っているボールペンは書けない。
新しい紙には書けますが、手が何回かこすれた紙には書けません。手帳なんかもページの上のほうは書けるがページの下のほうになると書けない。どうも、手の油がついた所には書けなくなるようようです。タイで市販のボールペンをいろいろ試してみましたがほとんどのボールペンが同じように書けなくなります。
 一部書けるものもあります。例えば、バムルンラート病院で無料でもらったボールペンは比較的書けます。でもこういうのはごく稀れです。

Komonoyaさんにありました

 ところが、遂に書けるボールペンを発見したのです。それも決して高いボールペンではありません。
それは、「こものや」という60バーツショップにありました。ご存じの方も多いと思いますが、タイ国内で30店ほど展開しているようです。私が利用しているお店はエカマイのBig-Cにある「Komonoya]です。
10本60バーツで、ペン先が0.5mmと0.7mmがあります。ただし、0.7mmは最初はインクが出にくいようで、こすり続ける必要があるようです。黒色と赤色の2色があります。お試しください。

 

↑このページのトップヘ