前回に引き続いて、茶室の窓を紹介しますが、今回は、窓の形状によってよばれている「窓」の数々を紹介します。

1、「色紙窓(しきしまど)」

「色紙窓」は、ふたつの窓を中心軸をずらして上下に配置した窓のことです。 「色紙窓」は、窓を配置した姿が色紙ちらしの張りつけに似ていることからこの名がついています。「 色紙窓」は、通常は、上を「連子窓」、下を「下地窓」にして、「片引きの障子」をつけます。

色紙窓(遺香庵)

「 色紙窓」は、「古田織部」が「座敷の景」として考案したのが始まりと伝えられています。

 2、「円窓(まるまど)」

「円窓」は、輪郭が丸い形の窓のことです。「 円窓」は、欠円としたものや、直径が三尺を超える大きな「大円窓」などがあります。
「円窓」は、「有楽苑」の「織田有楽」好み二畳半台目本勝手向切下座床「如庵」の入口の土間庇の袖壁に開けられた力竹の添えられた「下地窓」があります。

如庵(丸窓)

「仁和寺」にある四畳半本勝手四畳半切上座床「飛濤亭」(ひとうてい)の「円窓」の「下地窓」があります。

飛濤亭(丸窓)

「大円窓」には、「当麻寺中之坊」の「片桐石州」好み四畳半本勝手台目切上座床「双塔庵(丸窓席)」に、直径五尺四寸五分と現存する茶室の中で最大の「大円窓」があります。
「大円窓」の「引違いの障子」は隣室に立てています。

双塔庵(丸窓)

「大円窓」は、壁一面の「大円窓」の下が少し欠け完全な円形ではないものを「吉野窓」といい、「灰屋紹益」が妻の吉野太夫を倨んで建てたと伝えられる「高台寺」の一畳台目逆勝手向切向板上座亭主壁の「遺芳庵」は、直径五尺二寸、内側に二枚の障子を一筋溝の両引分としてありますが、窓が壁一杯のため引き切っても一尺程しか開きません。

遺芳庵(大丸窓)2

「大円窓」は、「三千家の祖堂」にも用いられ、下部を一文字にして、内側に四枚の柳障子を立て、奥に利休の座像が安置されています。

祖堂(武者小路千家)
                  (「武者小路千家」のHPより

3、「角切窓(つのきりまど)」

「 角切窓」は、方形の隅を切って八角形にした窓のことで、「角切窓」は、「すみきりまど」ともいいます。 「角切窓」には、「三溪園」にある「林洞庵」の「下地窓」があります。

林洞庵(角切窓)2

「角切窓」は、正八角形、正六角形にしたものや、さらに角を落として楕円形にしたものなどがある。 窓の形状で呼ばれる「茶室の窓」は、まだまだありますが、引き続き次回で紹介します。

今回は、「茶室の窓」他を参考に紹介しました。

☆参考

   ○小堀遠州の美を訪ねて  ○擁翠亭      ○小堀遠州(別冊太陽)