ブログネタ
住まいとインテリア に参加中!
今回が第1回目ですが、「住宅とインテリア」について計画の手順等をきままに紹介していきます。
今回は、ある家のリノベーションを住み続けながら進めて行く工事の手順と方法を紹介いたします。
リノベーションする建物の構造は、築40年の木造軸組み住宅で平屋建ての建物です。家族構成としては、親子3人で、子供が2人です。現状の家の間取りは、家の広さの割に使いづらく、特に和室の二間続きは昔風のプランである。これを、現代的なプランに変更し、リノベーションすることによって使い勝手が良く明るい空間の住まいにしたい要望であった。
築40年と古い家屋のために当初の図面が残っていない場合が多いが、その時は現地を実測調査を行い、現況の図面の作成を行う。(下の図)

改修プラン(現況図)

この家の計画は、40年前の地元の工務店のその時代では非常に一般的なプランでの施工であった。そのために開口部の大きさの割に部屋全体が暗く、トイレ・洗面所などの水回りが非常に狭く、使いづらい問題等があった。さらに、その当時の断熱に関しての知識が一般的でなかったために、夏は暑く、冬は寒いなどの欠点の他に、耐震性に関しても時代的に耐震補強が一般的でなかったなどの問題もある。
住まいながら工事を進めるために、水回りの配置を大幅に変更し、リビング・ダイニングを中心としたプランで計画をおこなった。玄関も狭く近所の人が立ち寄っても立ち話も難しいので、玄関を広くして土間形式を採用した。
工事を開始するに当たっては、工事中の騒音やほこりの飛散などの防止対策や手順計画、工程計画のなどを盛り込んだ工事計画書を施工業者で作成し、工事期間中の日常に支障の無いようにする。
これらのことを考慮して計画した手順書にそって、住まいながらの工事の方法を紹介します。
始めに水回りのスペースの新設を行うために、北側居室及び和室の部分の改修を行うが、東側奥の和室への通路確保のために、リビング脇の縁側にある「物入れ」を撤去する。そして、北側居室の住人は、一時的にリビングを寝室として使用するために、リビングに移転する。(下の図)

改修プラン(改修手順1)


工事期間中の工事区域との境には必ず区画を行うが、既存の間仕切りを利用するヶ所と、仮間仕切りを新規に作って仮囲いとして使用するヶ所がある。どちらも、間仕切りの隙間の目張りの養生と、天井内の懐の仮設の間仕切り養生と目張りを行い、工事中に隣室へ埃が飛散しないように対応する。
これらの区画養生の準備が完了してから、解体工事に入るが、この時電気配線・給排水などの隠ぺい部分の設備等を切断しないように、事前調査を行い、最新の注意を払って解体を行う。解体が終わったら隠ぺい部分の調査を再度行い、既存構造体の状況を再確認して、計画段階の耐震補強計画との整合性をとる。工事開始にあたって発注に時間のかかるものは、現地工事着工前に手配をしておく。特に断熱性の向上のためのサッシに関しては、工程に大きく影響するので計画段階で手配を行う。断熱性の向上のためには、出来るだけ断熱サッシ+3重トリプルガラスなどに変更するのが望ましい。
解体工事が終わったら、構造材や耐震補強を行い、仕上げ工事にかかる。浴室とダイニングキッチンの時には、浴槽やシステムキッチンなどは、事前発注をしておく。(下の図)
今回は、一般的な対面キッチンでキッチンンとダイニングを仕切るプランを採用することにした。それによって、、キッチン周りがダイニングから見えずらくなり、臭いもある程度遮断することが出来るメリットがある。
工事期間中は、既存のダイニング・キッチンは使用しているので、別ルートで配管をして切替えを出来るだけ少なくするように、設備計画を行う。

改修プラン(改修手順2)


新設した「ダイニング・キッチン」の完了に伴って、移転と同時に設備配管の一部切り替えを行う。
移転完了後、旧「ダイニング・キッチン」部分」を新設「トイレ」及び「洗面所」の工事に取り掛かる。(下の図)

改修プラン(改修手順4)

新設「浴室」、「トイレ」、「洗面所」のエリアがすべて完了したら設備配管を切替えて使用を開始して、旧「浴室・脱衣室」、「洗面所」を新設の北西側「寝室」に変更する工事に取り掛かる。(下の図)

改修プラン(改修手順6)


新設の北西側「寝室」の完了に伴って、東側奥の「和室」の住人が移転終了後、東側「寝室」の改修工事に取り掛かる(下の図)

改修プラン(改修手順8)

この時に、新設東側「寝室」完了と同時に新「ダイニング」の取り合い部分の改修も行う。
新設東側「寝室」には、旧「リビング」を仮使用していた北側「居室」の住人が移転する。移転と同時に
「玄関」からの通路確保のために、旧「ダイニング・キッチン」と「リビング」の壁を撤去する。(下の図) 

改修プラン(改修手順9)

通路の確保が出来たら、仮間仕切りを行い、新「リビング」及び「玄関」の改修工事を行う。(下の図)

改修プラン(改修手順11)

新設の「リビング」及び「玄関」が完成したら、南西側「居室」の住人が、新設「リビング」に一時的に移転・仮住まいをし、東南側「寝室」の新設工事に入る。この時は、新設「玄関」より出入りする。(下の図) 

改修プラン(改修手順13)

 
屋根及び外壁は、室内工事の進捗に合わせて行い、取り合い部分は常に止水処理を完全に行ってから工事を進めて行く。すべての内部改修工事が完了したら、外部関連工事の仕舞いを完全に行い、漏水等の無いように工事を進める。それらが完全に終わったら外構工事を行い、竣工引き渡しとなる。(下の図) 

改修プラン(改修図)

 
工事期間中の工事搬入通路は基本的に外部からになるために、中庭などの植栽、塀などが一時移植または撤去することになる。その時の防犯対策は、仮設仮囲いなどで工事範囲を十分に区画する。
今回は、造り付け家具及び新設家具の配置の検討をモダンスタイルで行うように検討した。(下の図)

 改修プラン(リビング)3

「リビング」の照明に関しては、ダウンライト、間接照明、スタンドライトなどを多灯し、空間の演出などの用途によって、照明の点灯・消灯で調整を行うと同時に、省エネ対策なども考慮した。奥の「ダイニング」には、ダウンライトの他に、ペンダントライトを配置しています。
外部の仕上げは、既存の屋根瓦をガルバニューム鋼板に変更し屋根の荷重を抑えて、空間を広く取るようにし、既存の外壁のモルタル塗装仕上げは焼き杉板張りに変更し、道路側に目隠しと日除けのルーバーを造作した。(下の図)

改修例プラン(外部)1


以上が住まいながらのリノベーション工事の作業手順と計画を紹介しましたが、施工業者にとって大変な工事になると思いますが、要望によっては対応が出来る例として紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆参考

大塚家具より

    ソファー「ベローナ」      センターテーブル「リッツ」

 大塚家具(ベローナ)大塚家具(リッツ)

   ダイニングテーブル「パリオ」  ダイニングチェア「デヴァ」

大塚家具(パリオ)大塚家具(デヴィ)