ブログネタ
建物探訪 に参加中!

先々週末に「あけぼの子どもの森公園」に行く途中、東野高等学校によりました。
この学校はパタ−ン・ランケ−ジで有名な、アメリカ人建築家クリストファー・アレキサンダ−の設計によって1985年建てられました。
彼の持論であるパタ−ン・ランゲ−ジを用いて設計されたこの学校は20棟以上の棟により構成されています。
残念ながら構内には入れなかったので、正門と道路から見える校舎だけを撮影して来ました。
黒瓦、白壁、下見板などの日本の伝統建築の要素に習ったデザインは垣間見ることが出来ます東野高校校門
東野高校講堂








入間宮教会
入間宮教会

この教会は、東野高等学校の近くで偶然見つけました。
この教会は明治43年にメ−ラン神父によって、カトリック教会としては、初めて埼玉県に建てられたものだそうです。
民家に塔がくっ付いた様な、なんとも可愛らしいデザインです。