ゴ−ルデンウィ−クに横浜山手の西洋館と関内・桜木町を散策してきました。
数回に分けて、色々な建物を紹介して行きます。
第一回目はJR石川町駅近くの「外交官の家」と「ブラフ18番館」です。

「外交官の家」
外交官の家外観庭園側














庭園側外観
外交官の家外観玄関側














玄関側外観
この家は明治時代の外交官内田定槌氏の邸宅として、渋谷区の南平台に1910年J.M.ガ−ディナ−の設計により建てられました。
塔付の木造2階建ての建物で、屋根は天然スレ−ト葺き、外壁は下見板張りで、装飾豊かなアメリカン・ヴィクトリアンの影響を受けているようです。
1997年に横浜市に寄贈され、山手イタリア山庭園に移築復元されました。
外交官の家庭園














イタリア山庭園

「ブラフ18番館」
ブラフ18番館外観














外観ブラフ18番館階段室

階段の詳細














同じく、イタリア山庭園内に移築されたブラフ18番館は関東大震災後に山手町45番地に建てられた外国人住宅です。
この住宅はカトリック山手教会の司祭館として1991年まで使用されてきました。