2008年09月21日

『発がん性物質、ピーナッツに生えたカビ』  いい家が欲しい 兵庫県丹波市の数字で表す健康住宅  どこにもなかった、誰も知らなかった住み心地一番のいい家

b313c395.JPGここ2〜3日カビの話をしてきました。室内の湿気が問題になりました。それは、健康に大きく関わってくるからでしたね。

人は一日を通じて一番長くいる所が我が家だと思います。その我が家の健康状態が良いかそうでないかは、とても大切なことです。

カビは、エサ・水分・酸素・温度が重なれば意図もカンタンに繁殖します。カビに対しては、とにかくカビの生えた物は食べないことでしたね。

例えば、ピーナッツに生えたカビ(アフラトキシン)は、地上最強の天然発癌物質でその毒性はダイオキシンの10台以上といわれています。

そのピーナッツですが、どのご家庭にあって、特別珍しいものではありません。湿気の多い住宅に於いては、そのピーナッツにカビが生えることなど意図もカンタンなことです。

ピーナッツが落ちていました。何気なく小さな子供さんがそれを口にしたとき・・・。想像してください。そのピーナッツにカビが生えやすい家か、あるいは湿気の少ないサラッとした家か。その後どういうことが起きるのでしょうか?

この例がすべてとはいいません。でも湿気の少ない家多い家。住環境一つで健康を保つことができるのではないでしょうか。こういったことも“いい家づくり”のとても大切なことではないかと思います。

普段、些細なことなので忘れがちになりますが、住環境は慣れれば気が付くことが少なくなります。一日を通じて一番長く居る場所・・・それが我が家です。

勉強してください。

いい家”を得るコツ! カンタンです。それは“いい家”を知ること、真似ることです。

“無料家つくり勉強会“でいい家を見極める目を養ってください。 地元の森林資源を守り活用しましょう。

いい家は、厳しい自然から家庭を守るシェルターです。いい家は資産価値の高い家です。いい家が一番 外断熱・二重通気 ソーラーサーキット工法ナビシステム

参考 「住まいの権」  http://www.sumainogon.com



sumainogon at 09:34│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔