にきび跡の色素沈着はピーリングで解消!

  • author: sumi102
  • December 20, 2010

■■にきび跡の色素沈着はピーリングで解消!
  ポイントはターンオーバーの促進!

■にきび跡の色素沈着解消にはピーリングが効果的!
B-2-3にきびは治ったけれど、にきびの跡がいつまでも残っている・・・
そんなお悩みはありませんか?
にきびが治った後にできてしまう茶色いにきび跡は、皮膚の色素沈着です。一旦できてしまった皮膚の色素沈着は、にきびが治ったからと言ってすぐには消えてくれません。このような炎症のあとに出来るシミ(炎症性色素沈着)を早く消し去るためには、ピーリングによるスキンケアが効果的です。


■色素沈着のメラニン色素はターンオーバーで薄くなります
にきび跡のシミの元となっているのはメラニン色素です。通常、このメラニン色素はお肌のターンオーバーによって自然と剥がれて排出され薄くなっていきます。しかし、それには大変時間がかかります。2年から3年ほど時間がかかることもあります。歳をとってから吹き出物ができると、その跡がなかなか消えないで残ってしまうのは、若い頃と比べてターンオーバーが緩やかになってきているからです。

■ピーリングケアでターンオーバーを促進してあげましょう!
bath-a1-04ターンオーバーで改善されていくシミの色素沈着ですが、早く消し去りたい場合にはピーリングケアが有効です。ピーリング剤で古くなった角質をオフしてあげることで、ターンオーバーのサイクルをスムーズに整えることができます。ターンオーバーのサイクルが早まることで、できてしまったメラニン色素の排出が促進されます。週に2回から3回ほどのピーリングケアをしてみましょう。ターンオーバーが促進されて、にきび跡の色素沈着がより早く薄れていきます。ピーリング剤は、刺激の少ない洗い流すクリームタイプや洗顔石鹸タイプが使い勝手がよくおすすめです。

オルビスのにきびケア






ページトップに戻る▲