続・真面目に働くアニオタ日記

もっさりしたアニメの感想を垂れ流しつつ神姫やゲームで遊ぶ事に共感を求めるブログですw

2012年10月

神様はじめました 第5話 「神様、家をうしなう」

あらすじ・・・
ミカゲが神の印を奈々生に譲ったことを知った雷神・鳴神姫が、印を奪いにやってくる。それを阻止しようとした巴衛だったが、打出の小槌で体を幼児にされてしまい、奈々生も神の印と社を奪われてしまう。しかも巴衛は体が小さくなったことで熱を出し倒れてしまった。
巴衛を元に戻すには、鳴神姫の神使になるという条件をのまなくてはならない。そんな巴衛を抱え路頭に迷っていた奈々生の前に、鞍馬が現われて…
続きを読む

ガールズ&パンツァー 第4話 「隊長、がんばります!」

あらすじ・・・
いよいよ試合が始まり、桃の立てた作戦通り偵察がてら囮になるみほたち。
上手く目標の地点まで誘い出したは良かったのだが、見え透いた作戦がバレていて・・・



続きを読む

となりの怪物くん 第5話「吉田くんちの事情」

あらすじ・・・

春の中学時代や、実の兄・優山の話を聞いた雫は、その話題になると“詮索するな”と言う春に、どこまで踏み込んでいいのか思いあぐねていた。そんな時、ふ たりの前に突如現れた優山は、雫に用事があると言い彼女を連れ出す。一方、一瞬にしてその場から逃げ隠れた春は、偶然居合わせた球技大会の一件で見知った 同級生・大島に優山の様子を探らせるが……。


続きを読む

さくら荘のペットな彼女 第4話 「色を変える世界」

あらすじ・・・
猫の引き取り手も決まっていき、順調にさくら荘を出る準備が整っていく空太。
ましろの新人賞への応募も無事に終わって、さくら荘のみんなで七夕をすることになるのだが・・・

続きを読む

イクシオンサーガDT 第4話「PK (Pretty Kama)」

あらすじ・・・
紺との戦いで受けた傷を治すために、副官バリアシオンを伴い故郷に帰るエレク。
そこには美しい婚約者エミリアが待っていた。しかし、エレクにとって女神のはずのエミリアをなぜか避けている…。
受けた傷のことで心配させたくないという思いからだったが、デュカキス家を取り込もうとする遠戚の兄妹が、この機会をのがすまいとエレクに愛欲の罠を仕掛ける…。
続きを読む

スマイルプリキュア! 第37話 「れいかの悩み!清き心と清き一票!!」

あらすじ・・・
もうすぐ生徒会選挙が始まる。みゆきたちはれいかに生徒会長になってもらいたいが、れいかは立候補しないという。そんなとき、怪しい3人組が転校してきた。しかも、この3人組は生徒会長に立候補するというのだ!
続きを読む

ぷちます!

mp4_000013813
mp4_000025225

アイマスが好きな人でも知らない人もいると思うのでちょっと紹介w
続きを読む

コードブレイカー 第4話「鬨の声」

あらすじ・・・

目的を遂げるため手を血で染める、それが許されざることと知っていても――

強力な異能“磁力”で平然と大神もろとも悪を滅しようとした男もまた『コード:ブレ
イカー』のひとりであった。左右異なる色の瞳を持つ彼の名は「刻」 そして大神も、
気まぐれで学校に現れた彼に、理由もなく問答無用の攻撃を仕掛ける。互いに
相容れず一触即発の険悪な関係にあるふたり。
ところがそのふたりがコンビを組んで仕事をすることになり……!?


続きを読む

仮面ライダーウィザード 第9話「ドラゴンの叫び」

あらすじ・・・

 フェニックスの力に圧倒され、川へと落とされてしまったウィザード。変身を解除したが意識を回復しないまま沈んでいく晴人(白石隼也)だったが、 その意識の中である瞬間がフラッシュバック。意識を取り戻すと、駆けつけた凜子(高山侑子)の力を借りつつ「面影堂」へと戻ってくる。

 一方、フェニックスに襲われた洋樹(武田勝斗)の母・美紀子(八木さおり)は病院で意識を失ったまま。それにしてもなぜ美紀子も襲われたのか。洋樹だけでなく、美紀子もゲートだからか…。
 しかし、そこにはフェニックスによる巧妙な罠が隠されていた。

 フェニックスの仕掛けた罠とは?
 そして、圧倒的な力を誇るフェニックスにウィザードは勝つことが出来るのか?



続きを読む

好きっていいなよ。 第4話 「傷が、ある」

あらすじ・・・
大和の友達の早川がめいを見たいって事で一緒に食事をする事になるのだが・・・
続きを読む
プロフィール

s4460

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ランキング参加中

アクセスカウンター
記事検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
画像使用について
当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。
著作権法第32条(引用)
『公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。』の定義に基づき画像を引用させていただいております。
引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。
著作権者さまからのメールによるお問い合わせがありました場合、その内容を確認致したうえで対応させて頂きます。
楽天市場
DDM
  • ライブドアブログ