イギリスの樹の下で生息中

Facebookやmixiをやっていない日本に居る友人・親族への生存証明ブログ。 イギリスの事を書いたかと思いきや、ただのぐぅたら記録だったりで、イギリス情報に役立つ記事が出没するのはレア級!それでも楽しんで、暇つぶしにしていただけたら幸いです☆


結局この度の入院は8日間に渡りました。

息子の左のおケツから太ももにかけて大きな蒙古斑があり、 
蒙古斑を治そう、治そうとすると黄疸が強く出てしまうらしいです。

なので、光に当てる治療をしていたのですが、
時々血液検査をして数値を計り、
数値が下がって来たら光から外し、
12時間、数値が安定していたら退院。だったのですが、

結局12時間経ったら、また数値が上がってしまい、
また光のマシーンに入れて12時間様子を見て、
光から外して12時間様子を見る。

って言う、、、

数値ギリギリだったら光から外さないでよ!
余計な時間がかかるじゃん!って感じで、
上がる可能性の方が大だって分かっていたのに
光から外す事により、明らかに3日は長く入院する事になりました。

でも、この入院も悪い事、シンドイ事ばかりではありませんでした。

と言うのも、G様のパタニティリーブ、Gママのヘルプがあったとしても 
家に居たら絶対に家事をやっていたと思うんです。
口で説明するの面倒臭いから。
それをしないで済んだし、 

オートマ搾乳機があったので、それを借りまくっていたお陰で
なんと母乳がめっちゃ出る様に!

娘の時はどんだけ搾乳しても10mlも取れないぐらいでしたが、
もーバッシャバッシャ出る。噴水。。。

お陰で搾乳した母乳を保管してもらい、
それを夜中にミッドワイフがあげてくれる。って感じで、
夜中にたっぷり寝かせてもらう事が出来ました。

「これから退院したら全部自分でやらなきゃいけないんだから、
今から慣れなきゃいけないんだから夜中の授乳も自分でしなさい。」
って言うミッドワイフも居て、その人に夜間2日間担当されたんですが、

それ以外、特に退院する前4日間はとても良いミッドワイフで、
喜んでミルクあげるわ!って寝ている私の横から
こっそりベビーベッドを持って行きフィーディングしてくれていました。

Gママに言ったら
「馬鹿じゃないの?!これから自分でやるからこそ
入院中ぐらい休ませてよねぇ?!」と私以上にキレていました。笑

あと、早く退院したい一心で、1分1秒でも光に長く当てたい!と思って、
授乳し終わったらすぐマシーンに戻していたんですよ。

で、マシーンはぬくぬく暖かい→勝手に寝る。

なので、抱っこして寝かせる。と言う習慣が無かったので、
今現在も、授乳してすぐベッドに置いても勝手に寝てくれます。

普通だったら夜中の授乳も、授乳自体は20〜30分ぐらいで終わっても、
その後抱っこしたままゆらゆらしてー、
30分ぐらい経ったらベッドに置いてー、
でもベッドに置くのを慎重にしないと起きちゃってー、
寝かせてー、、、

の繰り返しだと思うのですが、
ゴクゴクゴク、ゲーーーップ、ポイ。とベッドに置けば終了。

夜中の授乳、実質30〜40分でおしまいです。

比較的新生児を育てている中で、良く眠れている母親だと思います。 

入院のお陰で母乳が大量に出てくれるお陰で
夜中に哺乳瓶を洗って消毒して。って言う手間も無いですし。

でも、「ママ!ママ!!ママじゃなきゃいや!!!」
って言う子は面倒臭くって、どうにかそうなって欲しく無いので
哺乳瓶を嫌がらないように、あえて搾乳して1日2回ぐらいは
哺乳瓶であげています。

まぁこれも今現在の話ですケドね。

プレイグループのママさんで、最初は混合でやっていたのに、
途中から哺乳瓶もダミー(おしゃぶり)も嫌がり始めたから
強制的に完母になってしまった。って言う人もいるので、

これから眠り方やフィーディングも変わって行くと思いますが、
産後5週間。今の所とても楽に子育てしています。
もちろん日々の家事に追われて、エクストラな掃除とか
ちょっと豪華なご飯。とかできずに、
基本肉焼いて、米炊いて、出来上がったサラダを添えて
汁物つけておしまい。
洗濯物と掃除機かけて、お風呂入れて
気づいたら1日終わっていますケドね。

それでも割とストレスフリーな子育て生活しています。

これも入院のお陰かなーと、結果的には思えます。


お帰りの際にワンクリックをどうぞ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 


短期イギリス旅行中にわざわざリーズまで会いに来てくれた
仏のマナミさんの話の続き。

産後、朦朧とした頭で考えたスケジュールにより、(言い訳)
わざわざ来てもらったのに、たったの20分ほどしか
お話ができなかったと言う、なんとも残念な事に・・・。

なのに、なのに!!!
「何か日本から欲しいものありますか?」と聞いてくれて、
いやー、ちょうど実家から色々送ってもらう時だったので、
特にないよー。って言っていたのに、

マナミさんのブログを拝見していたら
かりんとうの写真が載っていて、、、あーマナミさんのおバカさん!笑
『すいません、かりんとう持ってきてください!』とお願いしちゃいまして。

そしたら、よく見かけるかりんとうの小袋パック。(下写真、右側)
私の想像ではこれがあれば十分だったのですが、、、、、
IMG_6947
まさかのもろこしや秋田のかりんとうやお野菜かりんとうなど種類色々! 
IMG_7403
我慢できずにいくつも食べてしまったので
写真に収めきれていませんが・・・。汗 

写真にはないケド、さらに乾麺や新米までぇえええーーー!!!!!

こんなに頂いたのに、20分。

バタバタ。

「あ!これ、お土産です!」
『あ!ありがとう!』

じゃあねバイバーイ!!!

もーぼったくりも良いところ!!!


でもね、また来年?ぐらいにイギリスに来る予定なんですって!

なのでその時には1週間とか2週間とかホームステイしちまいな!
って言っています。

それとか、これから中国に移住するマナミさんですが、
私と帰国時期を合わせて日本で会ったりとかね。
秋田出身なのに東京詳しそうなので、
神奈川出身なのに全然東京行ったことない私を
是非とも案内してもらいたいです。


てかね、一回りも若いお嬢さんに依存しすぎ。

そう、私は昔から男に依存はしないが友達に依存する
ちょっと気持ち悪い根性の持ち主。

そんな私ですが、違う国に住んでも仲良くしていただきたいものです♫

本当にありがとうね!
着々とかりんとうはなくなっていっています!ボリボリボリ。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 


2017年12月11日。
この日はG様とGママにお願いして
娘に袴を着せて来てもらいました。
BlogPaint
何故かって?

なんと・・・・・

なんとーーーーー!!!!!

英国着物倶楽部友達のマナミさんが会いに来てくれたのです!!!
なので私は着物を着られる状況じゃなかったので、
せめて娘だけでも着物にしよーっと!と着せて来てもらいました。

え?マナミさんって帰国したんじゃなかったっけ?
あれ?その後中国行ったんじゃなかったっけ?
 
など色々ありますが、恋人(この度めでたく旦那様に💓)
大学を卒業するにあたり、卒業式があるのでイギリスに来るとのこと。

短期間しか来られないので会えるかどうか微妙だったのですが、
11日に時間を作ってLeedsまで会いに来てくれる事に!

街で買い物してから我が家に行ってお話しよう!って事にしたのですが、
まさかの息子、生まれてしまいまして・・・。

なので急遽病院に来ていただく事に♫

なんと言うか、マナミさんとは不思議な縁でして、
娘が生まれる時も遊ぼう!って言うか火鍋しよう。って言っていたのですが、
「もしかしたら生まれちゃうかもー!」って言っていた
まさに火鍋をする日に生まれたし、

でも今回は「生まれちゃうって事はないと思うんだよねー。
なんたって、1か月も早いし。でも臨月ってやつだから
もし街のお買い物一緒に出来なかったらゴメンね!」なんて
言っていたのですが、、、まさかのその前に生まれてしまった!!!

でもお陰で、娘の時は帰国する直前に会ってもらえたし(生後10日)
今回も息子に会ってもらえました!(生後3日)

生まれたてふにゃふにゃだった娘もしっかりした大きさになり、
BlogPaint
息子は黄疸の光のマシーンに入っていたし、小さすぎて怖い。
との事で抱っこはしてもらえませんでしたが、見てもらえたし
BlogPaint
うちの子達、マナミさん大好き過ぎなんじゃね?会いたすぎじゃね?笑
と言うか、私もマナミさん大好きすぎじゃね?みたいな。
BlogPaint
なのになのにーーー!!!
私のバカーーー!!!

病院の面会時間があるので、駅までG様に迎えに行ってもらったり、
マナミさんの到着の時間や、戻る電車の時間など、
いっぱい考えた上で、時間配分ミスをしてしまい、、、

はるばる来てもらったのに、まさかの20分もいないで
さよーならーとなってしまったのです!!!


もう自分のバカさ加減に涙しーの、
吐きそうになるぐらい自己嫌悪になりーの、 
でも産後で頭朦朧としてたって事で許してもらえないかな?
とか自分で自分をフォローしーの、、、、、

もー悔やんでも悔やみきれない!


1階にカフェがあったんだから面会時間より早く来ちゃっても、
ここで時間潰せたじゃん。とか後から色々思ったら、
もう涙ポロポロで、翌日G様が来てくれた時も
なんてバカなタイムスケジュールにしちゃったの!?と
泣きついてしまいました。。。えーん、、、。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 


私が滞在した病室は大部屋の6人部屋。

ドア・廊下側から窓に向かって右側の一番奥、窓側でした。

右側の廊下側に人がいたんですが、
まぁー、、、、、デブ。

ワンピースに下は何も履いていないと言うか、
履いているのが太ももの肉で見えないぐらいに太っている。
「安心してください、履いてますよ。」
え?ホントに?本当に履いてますか???

その人はテレビの音がうるさいぐらいでした。

が、私が大部屋に入ったのはお昼頃。

一息ついた夕方に私と最初のデブの間のベッドに
また新しい人が入ってきました。

私はカーテンを閉めていたので人は見ていませんでしたが 
でも声がどう聞いても、酒灼けしたようなガラガラの声。

うわー、、、またそーゆー系来た???

来た途端にテレビを大音量で見始める。

あ・・・もうこれ絶対デブだ。。。


トイレに行くため病室を歩いたら、、、あぁ、、、やっぱり・・・。


もう、汚いデブ。。。


ここまでで、デブという表現に対して
凄く嫌な思いをした読者様もいるかもしれませんが、、、
私も人の事を言えるようなプロポーションではございませんが、、、

あのね、、、デブはデブでも私は2種類に分けている。
汚いデブと、綺麗なデブ。

綺麗なデブとは、優雅な生活に心の余裕もお金の余裕もあり、
良いものを食べたグルメの為太ってしまった、けれども
身なりは綺麗にしているおデブさん。
私はこの人達はデブでも【ぽっちゃり】とカテゴライズしている。

そして汚いデブとは、デブになるための生活をしているデブ。
見ている様で見ていないテレビを大音量でソファに座り込んで観て、
ポテチや甘いもの、ジャンクフードや炭酸飲料を飲みまくり、
酒やドラッグをやっているような、服装もタバコの焦げ跡が
ついちゃっているような、きたなーいデブ。

そう、私の隣とその隣は、まさに汚いタイプのデブだった・・・。

そしてその人達はすぐに意気投合したらしく・・・。

テレビをお互い見ている訳でもないのに大音量。
しかもチャンネルが違うから声が沢山。
そんでデブ同士が話す。テレビの音量がでかいため、
当人同士も声がさらにでかい。

テレビ消せや!!!怒

あまりにもうるさくって、『すいません、テレビの音量下げてください』
と言ったら、下げてくれたけれども、
私が背を向けた時にコソコソっとアイコンタクトで
「そんなにうるさくないじゃんねぇ?いやぁねぇー」
みたいな雰囲気を出され。。。分かりますかね?この感覚。

最悪な事に入院する気なんてなかったので、
イヤホンも耳栓も持って来ておらず、
ひたすらそのデブ同士の話とテレビの音が聞こえてくる。
だから喋ってるならテレビの音量3とか
微妙に聞こえる程度にしてないで消せってばよ!!! 



あー、うるせ〜。と思っていましたが、
何せ出産直後。疲れすぎてそんなうるさい中ちょっとウトウト・・・。

そして病院にある電動の搾乳機を借りる約束をしていたので、
ウトウト中にミッドワイフが持ってきてくれたのですが、
次にも待っている人がいるから、1時間後に返して。
と言う事で、すぐに使用する事に。

すると、隣の人の娘(推定6、7歳)が父と登場。
登場するや否や「No! I don't like it!」といきなり文句を言う。
え?入ってきた瞬間に文句を言うって何に対して?!

そして
「This is my baby!」(この子は私の赤ちゃんよ!)
「Oh, you are so cute.」(可愛いわねぇ〜)
「I love you.」(愛してるわ♫)
「No! I don't like it!」(いやだ!嫌い!!!)
「Don't touch her! Its my baby! GET OFF!!!」 
(やめて、触らないで!これは私の赤ちゃんよ!どっかいけ!)

と、ひたすら一人で喋っている娘。
え?何?情緒不安定?!
Get offって結構強い言葉だよね?これって親に言って良い言葉?
G様に後ほど確認すると、凄く無礼な言葉。親になんて使った事ないし、
もし私達の子供が使ったら強く怒るレベルの言葉らしいです。 

最悪な事に、私は搾乳機を使わなければいけなかったので、
なんと40分もこの騒ぎを隣で聞く事に。

そう、この騒ぎを40分以上していたんです。

もう耐えられなくって、Common Roomと言う、
談話室って言うんですかね?
搾乳を終えてから息子とそこへ避難。

それでも廊下に響き渡る娘の声。

そこへミッドワイフがCommon Roomへ来て、
「どうしたの?」と聞かれたので、
もう私もイライラと怒りで声が震えて
『クソうるさくって、あんな所にいられない。』と言ったら、

「部屋変えてあげましょうか?と言っても隣の部屋だから
対して壁も厚くないし、うるさい事はうるさいと思うけど。。。」
『いえ、それでもカーテン1枚よりは壁1枚あった方が良い。
テレビも見てないくせに音量でかいし、
カフェとか行ってその場にいないくせに点けっぱなしで
本当にうるさいから、是非変えてください。』とお願いしました。

ただベッドを移動するのは翌日まで待って。と待つことに。。。

その後、他のミッドワイフがうるさいデブ家族に
「他にも入院患者がいるんだから、静かに出来ないなら出て行きなさい!」
と結構強めに怒っていて、娘と父親を退出させ、
テレビの音量も小さくさせるように言ってくれました。
「もしまた音量が大きくなっていたら、直接言わないで、
誰かミッドワイフに言って、注意してもらうように頼んでね。」

結局娘は1時間以上ズーット大騒ぎをしており、
退出させられる時も
「No! Mummy! Don't let me go! Please Mummmyyyy----!!!!!」
(いやだママ!私から離れないで!お願いマミーーーー!!!)
と叫びながら出て行きました。。。。。

その後、なぜかデブの母親がすすり泣いていたのですが、、、

っっはぁあああ?!
なんでテメェが泣いてんだよ?!
こっちが泣きてぇよ!
泣くぐらいだったら
ちゃんと躾しろよボケ!!!


と、こちらも胃が溶岩のごとく煮えくり返りまして。。。

G様は出産後に大部屋に移動して
場所の確認をしてから一旦家に帰っていて、
また夜に来てくれる予定になっていたので、
その時にイヤホンと耳栓を持ってきてもらいました。

G様が来てから明日部屋を変えてもらう。
なぜかって?と説明をして、
出産後のメンタルがふにゃふにゃな上に、
うるさいクソガキの声を延々聞かされ、 
涙が止まらなくなってしまい。。。
久々にしゃくりあげるぐらいに泣きました。


これを友達に愚痴ったら
「ミッドワイフの方から部屋移動する?って聞くなんて
相当だね。こっちの病院は多少のトラブルじゃそんな事してくれないよ」
と言われたので、良いミッドワイフ達で助かりました。
もう、ほとんどのミッドワイフ、すごいうんざりした顔してましたからね。汗


そして他の友達に言われて驚きの事実が!!!

こーゆーデブの子供って総じて騒いでいたり、
落ち着きがない子が多いと思うんですけれども、
それって、親と同じ様にお菓子やジャンクフード、
炭酸飲料を飲んだりしていて、異常に糖分を取っているから
ハイパーになってしまうんだそうです。

そういえば義弟の彼女の姪っ子が、義弟宅に泊まりに来た時に、
普段とても大人しい子らしいのですが、
誤ってコーラを飲んで、カフェインと糖分でハイになってしまい、
ソファーで飛び回ったり、言ってはいけない言葉を叫んだり
クレイジーになってしまったんだよー。って言う話を聞いた事があります。 

な!なるほどぉ!!!
だからあの子らいっつもうるさくって聞き分けがないのか!!!
と、妙に納得してしまい、言葉は知っていましたが、
【目から鱗】と言う感覚を初めて体験しました!!!

まぁ、きっと良い子もいるのかもしれませんが、
私が街などで見る限り、デブの子はうるさい。。。


もー、今回の記事は言葉遣いも悪いですし、
デブデブうるさくって、差別的じゃない?とか
気分を害した方もいらっしゃるかもしれませんが、 
まぁ、、、私の本心なんてこんなもんですよ・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 


逆子で生まれた我が息子。
体重的には2440gと普通のサイズでしたが、
1ヶ月早く産まれたので様子見で入院する事に。

早く生まれると入院が長くなるなんて
無知な私は考えもしていなかったので、
え!とちょっとパニック。

もう早く帰りたいの一心でした。

でも結構大きい蒙古斑があった息子は
黄疸も強く出てしまい、光を当てるマシーンの中に入る事に。 

黄疸はどんな赤ちゃんも出るものだし、
光のマシーンに入るのも良くある事なのですが、
なんか我が子のその様子を見ると泣けて来て・・・。
IMG_6976
もう完全に産後のメンタルボロボロが涙として現れました。

その上ご飯はゲキまず。
出産直後の焦げたトーストから
BlogPaint
image
皮はカピカピ、中はベショベショのどうやって作ったの?と
逆に聞きたくなるジャケットポテトや、
IMG_6847
味のないクリームシチュー。
IMG_6835
味のないチキンカレーとパサパサのマッシュポテト。
IMG_6858
分厚い衣のフィッシュパイに
IMG_6930
またもや味のないカレーにパサパサのライス。
IMG_6950
食べられるのはサイドに付いているアイスやゼリーのデザートのみ。

G様は毎日面会に来てくれたのですが、
その度にご飯を一合炊いてもらって、タッパーに入れて来てもらい、
それにふりかけをかけて食べるという生活でした。

そしてママが作ってくれたラムカセロールも
とある日の晩ごはんに持って来てくれました。
冷めていたけれども美味しくって涙が出ました。
(詰め方を見ると上の写真の病院食と大差ないですがね。笑)
IMG_6959
食って、こんなに大事なんだ。
メンタルがやられる程、生活を占めているんだ。
と、初めて思いました。
食べる事は好きだけれども、メンタルどうこうとは考えた事がなかったので・・・。

自分の料理に飽き飽きだぜ!って思っていましたが、
自分の料理すら懐かしい!!!と思うぐらいに不味かった食生活。

デザート系の他に食べられたのが、
ランチのメニューのジャケットポテトとツナマヨ、
あとサラダのセットでしたね。

最初の日のジャケットポテトが酷かったのですが、
それ以外に食べられるメニューがなくって、
仕方なくジャケットポテトを頼んだら、
他の日はまぁまぁ食べられたのでそれ以降毎日お昼はジャケットポテト。


そんな感じでブーブー文句を言い、
母乳を出すために。と涙涙で無理矢理食べていた食事ですが、、、
人間って凄い・・・それとも自分が凄い・・・???

慣れってスゲェ!順応力、適応力ハンパねぇ!!!

8日入院していて、最後の3日間、
ご飯が来るのが楽しみで仕方がなかった!爆

お腹空いたよぉ〜、ご飯の時間まだかなぁ〜?
ってな感じでしたよ!笑 

そんでご飯に慣れてきたら、もう暫く入院してても平気だよ?
って思ってしまいましたとさ⭐︎


お帰りの際にワンクリックをどうぞ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 

このページのトップヘ