しょほしょぼ

他人のミスは蜜の味。自分のミスは一生の恥。

 気になったことをネットなどで調べて書いたり、勝手な考え・主張を書いたりしています。
 リンク、トラックバック、転載はご自由に。批判コメント歓迎です。但し、論理的でないものは削除するかもしれません。
 転載の場合は元が「しょほしょぼ」であることを書いて下さると、当方のアクセスが増えるかもしれないので、有り難い。

「平和教育」のみならず「安全保障教育」を

 「日本さえ戦争をしなければ世界は平和でいられる」というのが日本の平和教育や平和運動であると拙ブログが感じていることは何回か書いて来ました。同様と思われる意見がありましたので書き留めておこうと思います。

 昨日(14日)の産経新聞1面(14版)に「主権回復」シリーズの「軍事研究 忌避する大学」が載っていて、3面にその続きがあります。その最後の方にロシアによるウクライナ侵攻で防衛省の防衛研究所の研究者がメディアに登場する機会が多いことに関する慶応大学の鶴岡路人准教授の意見が載っています。

以下引用(太字は済印によるもの。以下同じ)

 鶴岡はその背景として「日本では『戦争は悪だから研究すべきでない』との意識が長らく支配的だった」と指摘する。その上で「先の大戦への反省に基づき、戦争反対という場合にイメージされるのは、日本が引き起こす戦争だった。だが、いま現実的に考えられる戦争とは中国や北朝鮮による挑発や侵攻によって起きる。私たちの戦争に関する意識を転換できるかが大きな課題だ」と話す。

引用終了
続きを読む

新聞記者は権力がお好き? 統一教会の名称変更問題

 超法規的措置はあってはならないけど現実に有り得る、というようなことは何回か書いて来ました。超法規的措置をできるだけ避けるべく憲法を改正して緊急事態条項を設けるべきとの主張もこれに繋がるものです。
 一寸大袈裟な話をすると歴史的には権力者の恣意(しい)による所謂「恣意の支配」を避けるべく「法の支配」「法治主義」が定着して今日に至っています。にもかかわらず法律に違反している官僚の恣意(裁量)を認めているように見えるのが(旧)統一教会の名称変更問題です。

 昨日の朝日新聞朝刊第2社会面(28面-14版)に「『申請不受理の違法性』指摘 名称変更巡り旧統一教会側」という見出しの記事がありました。最初の部分だけ引用します。

以下引用(太字は済印によるもの。以下同じ)

 旧統一教会が2015年、現在の「世界平和統一家庭連合」に名称を変更した経緯について末松信介文部科学相は8日の記者会見で、変更申請前に教団側から「文化庁が申請を受理しないことの違法性について指摘があった」と明らかにした。教団側が「弁護士に確認した」として同庁に伝えたという。同庁宗務課によると、当時の担当者が指摘を記憶していたというが、日付は不明という。・・・

引用終了
続きを読む

憲法9条を改正すると他国が攻めてくるんだってさ

 昔に法律を少し囓っただけの半分素人ですが、ネット上の記述を見て「あれ? そうだったっけ」、「何か変だな?」と思うことがしばしばあります。

 平和教育や人権教育なるものを受けずに今日に至っていますので、ひょっとしたらそれが原因なのかも知れません。石井孝明氏のツイッターを見ていたらこんな返信(リプライ)がありました。
続きを読む

衛藤征士郎議員は筋金入りの親韓派なのか?

 朝、朝日新聞朝刊のある記事を読んで 「昔だったらもっと大きな扱いだったのだろうなあ。今日はこれを取り上げよう」 なんて思っていたところ、パソコンのスイッチを入れてネットを見たら既に取り上げられていました。どうも発言中の言葉に引っ掛かったようで、発言自体を非難するものではないようです。なので別の観点から取り上げてみることにします。

 それは朝刊4面(13版)にあった「『日本は韓国の兄貴分』持論展開 衛藤元衆院副議長 自民党会合で」という小さな記事です。
続きを読む

「省益の権化」・「官僚の優等生」だった前川喜平氏の新たな御業績が見付かったようだ 統一教会の名称変更問題

 余計な話から。
 5~6年前に買った「携帯型熱中症計」を持っています。これは「ほぼ安全」「注意」「警戒」「厳重警戒」「危険」の5つのランプがあり4つ目以降は赤が点灯するため、赤が点灯したらエアコン(クーラー)のスイッチを入れることにしていました。パソコンを置いてある部屋のエアコンに問題がある(音がうるさくて近所迷惑)ことは前にも触れたことがあります。昨日は流石にスイッチを入れざるを得なかったのですが、1時間以上経過しても「熱中症計」は「危険」を表示したままなのでこれは命の危険に発展しかねないと考え、ブログ原稿を書くのを断念しました。今後もこんなことがあると思います。何日か更新が滞ったら「熱中症計がまた警告しているんだな」と思って戴けると助かります。

 そんなわけで昨日書こうとしたものを書くことにします。
 統一教会の名称変更が認められたことに疑義が生じているのをツイッターで知り、

宗教法人法はどうなっているのだろう? そのうち確認してみよう

と思いつつそのままになっていたところ、楊井人文氏が「統一教会名称変更は"政治圧力"? 申請拒否は適法だったのか?」を書いていました。
続きを読む

憲法は難しい 韓国の例と政教分離

 憲法をちゃんと理解しているわけではないので、あまり偉そうなことは言えませんが、「これは一寸どうよ」という2つの例がありましたので取り上げることにします。

 1つ目は唐沢俊一氏のこのツイートです。
続きを読む

取材不足なんだと思うよ 安倍元総理の葬儀に関する記事

 有本香氏がこんなツイートをしていました。
 

 拙ブログが関心を持ったのは2つ目のツイートです。元になったFLASHの「昭恵夫人 弔問客が見た“自民党への塩対応”、安倍元首相の『国葬』に“安倍家”が難色か」からその部分を引用します。
続きを読む

「憲法9条護持」の朝日新聞に一寸だけ反論

 憲法も法律である以上は改正が必要だと考えている拙ブログですが、特に9条改正の必要性については先日の、


の中でも、

<国民の大多数が自衛隊を合憲と考えているなら憲法改正は必要ない。憲法学者の少なからずが自衛隊を違憲と解釈し、自衛隊を批判して嫌がらせをしつこく行う人たちがいる以上は自衛隊を明確に合憲とする憲法改正をすべき>

と書きました。
 「憲法9条護持」の朝日新聞は昨日(26日)の朝刊5面(13版)の「憲法を考える」でも豊秀一編集委員が「『9条に自衛隊明記』狙いは」という見出しの記事が載っていました。有料記事なので最初の部分だけ引用します。
続きを読む

丸善本店と朝日新聞-止める大人の不在

 ブログを始めた動機のひとつは「止める大人の不在」について爺としてもの申したいということがあったのですがいざ始めてみるときちんとした根拠のある事例があまりなく東日本大震災前に書いた、

被災地への千羽鶴は「有り難迷惑?」1 千羽鶴の由来[追記あり]

ぐらいで「みっともない」のカテゴリに吸収されて現在に至ったいます。ところが安倍晋三元総理の逝去に伴っていくつか見付かりました。先日書いた、


も「止める大人」であるはずの責任者が止めなかった(スルーした)例だと思います。今日もそんな話です。

 丸の内に丸善ができたのは知っていましたが東京駅に行く用事がないため行ったことがありません。丸善の本店は日本橋の高島屋の前にあるやつだと思い込んでいたら丸の内にできたやつが本店のようです。
 既にネット上で話題になっていますが、その本店でこんなことがあったようです。恐らく拙ブログがこの情報に最初に接した思われる石井孝明氏のツイートから。
続きを読む

国葬反対は「アベガー」の仕納めなのか?

 安倍晋三元総理の国葬が決定しました。22日付朝日新聞デジタル「安倍晋三元首相の『国葬』、9月27日実施 政府が閣議決定」から。

以下引用(太字は済印によるもの。以下同じ)

 政府は22日、銃撃されて今月8日に亡くなった安倍晋三元首相の「国葬」を9月27日に日本武道館(東京都千代田区)で行うことを閣議決定した。葬儀委員長は岸田文雄首相が務め、費用は政府が全額負担する。元首相の国葬は、1967年の吉田茂氏以来、55年ぶりとなる。・・・

引用終了

 この国葬について多くの日本人の考え方を表したようなツイートがありました。
続きを読む
RSSリーダーで購読する
記事検索
プロフィール

済印

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ