しょほしょぼ

他人のミスは蜜の味。自分のミスは一生の恥。

 気になったことをネットなどで調べて書いたり、勝手な考え・主張を書いたりしています。
 リンク、トラックバック、転載はご自由に。批判コメント歓迎です。但し、論理的でないものは削除するかもしれません。
 転載の場合は元が「しょほしょぼ」であることを書いて下さると、当方のアクセスが増えるかもしれないので、有り難い。

飯山あかり氏はひょっとしたらひょっとするかも

 東京15区(江東区)の補欠選挙がいよいよ明後日から始まります(16日告示、28日投開票)。3月8日に投稿した、 


で拙ブログは飯山あかりしについて、 

<百田氏はベストセラー作家であり飯山氏もネット上では名前がそこそこ知られているとは言え、東京15区(江東区)の住民(有権者)に当選するほどには知られているとは思えませんし・・・> 

と書きました。ところがその後に情勢が大分変わってきました。真偽は判然としないのですが、こんな調査結果もあるようです。
続きを読む

沖縄は平和主義のガラパゴスなのか?

 「無防備マン」を久し振りに目にしました。 続きを読む

国歌演奏中に平気で喋る人たち

 「太田上田」だったと思いますが、ラグビーワールドカップフランス大会を見に行ったクリームシチューの上田晋也さんが、 

観客が相手チームの国歌が流れているときにヤジやブーイングをしていて吃驚した」 

というようなことを言っていました。何となくラグビーファンはサッカーファンより知的で上品というイメージを持っていたのですが、それは選手の話でファンはサッカーもラグビーも変わりがないのかも知れません。国歌への敬意は外国でも庶民はそんなものなのでしょう。 

 これに対して国際感覚を持っている人たちは庶民とは違うようです。
 随分前ですが、F1の(確か)ミカ・ハッキネン選手が国歌(恐らくフィンランド国歌)が流れている際に隣にいる選手(多分3位)が帽子をかぶったままなのに気付いてその帽子を自分で取ったことがありました。 

「俺の国の国歌が流れているのだから帽子を取れ」 

というように・・・。
 有明のフォーミュラEでも表彰台に立っていた3人は皆帽子を取っていました。
続きを読む

シリア支援を「止める大人」はいなかったようだ

 お久し振りです。まずは愚痴を少し。 
 身体もパソコンも不調が続き、やっと少し落ち着いたところです。身体が不調と言っても生死に関わるようなものではないのですが、日常生活に支障を来していました。一方、パソコンの方は買い替えの覚悟を一度しながらもあれこれ試行錯誤して何とかあと半年か1年は保つのではないかという状態にすることが出来ました。一度買い替える覚悟をしたので次に不調になったら躊躇せずに出費できるのではないかと思っているところです。ここまでが愚痴のようなものでここからが今日の本題。 

 東日本大震災の直前に、 


を書き、ハイチ地震の際に千羽鶴を送ろうとしている中学生に対して止めようとしない先生などの大人たちを批判しました。千羽鶴ではありませんが、 

「“周りの大人”は何故止めないのだろう?」 

という話です。 
 ネット上に毎日新聞の昨日(29日)付「奈良の中学生、企業30社の心動かす 「シリアの同世代支援」実現へ」という記事がありました(紙面に掲載されたかどうかは不明)。一部だけ引用します。
続きを読む

SNSの世論と“爺”の常識

 数カ月休んだだけなのに書きたいと思うことがあっても文章をまとめる気力が著しく衰えています。そんなことから今日はテレビを見ていて感心した言葉があったのでその備忘録です。 

 金曜日(15日)にTBSテレビの「不適切にもほどがある」を見ていたら、数年前に不倫が話題になって干され「朝っパラ TIME」の1コーナーで復帰した司会者がSNS上で批判されていることに関しカウンセラー(阿部サダヲさん)が「どうせ見ないで批判しているんだろ」と言ったのに対してテレビ局のリスクマネジメント部長(山本耕史さん)が、 

最早テレビが向き合う相手は視聴者じゃない。見ていない連中なんです」 

と断言していました。昨今のSNSの状況を反映しているなあ、と感心していたらそこに人事部長(池谷のぶえさん)が現れて、「朝っパラ TIME」のスポンサーがビーフン会社であることからビーフンの不買運動が始まっていると言っていて、その意見のひとつに、 

そもそもビーフン好きじゃないけど嫌いになりました」 

なんていうのがありました。最近のSNSでいかにもありそうなことです。
続きを読む

日本保守党の都知事選挙候補者は誰になるのだろう?

 東京15区(江東区)衆議院補欠選挙に日本保守党が飯山陽氏を候補者に決めました。3月5日付の東スポWEB「日本保守党 衆院東京15区補選に飯山陽氏を擁立『誰かが先陣を切らないと』」によると飯山氏は百田尚樹氏や有本香氏にこんなことを言ったようです。 

以下引用(太字は済印によるもの。以下同じ) 

 飯山氏は公認選考時に百田氏や有本氏に対し、「第二次世界大戦でノルマンディー上陸作戦のようなものだ。最初に上陸する部隊は大変な被害になるが、誰かが先陣を切らないと物事が始まらない。私は倒れたとしても日本保守党のために先陣となっていく」と語ったという。 

引用終了 

 日本保守党は衆議院議員選挙などのために候補者を公募しているようですが、実績の無い日本保守党からいきなり立候補しても簡単に当選できるとはとても思えません。実績作りの第一歩が飯山氏というわけです。
続きを読む

新手の詐欺メール「警察庁」

 相変わらず迷惑メールが沢山来ます。 
 一番多いのが情報取得を目的としていると思われる所謂フィッシングメールで、次に多いのがメールアドレスが使われているのかを確認するのが目的らしい本文無しのメールです。 引き籠もりの爺ですのでスマホはたまに外出する際の緊急連絡用に過ぎないもので普段は固定電話を使用しています。この固定電話が鳴ったので出ると何も言わずにその場で切ってしまうものがあります(今日もあった)。恐らく電話番号が使われているかどうかの確認で、使われていたら名簿に載せて何処かに売るのだろうと想像しています。このメール版ということなのでしょう。 

 そんな「迷惑メール」の中、発信元が「警察庁」で件名が「警察庁」のメールが来ました。

「警察庁が一体俺に何の用があるのだろう?」

と思って一応開いてみました。
続きを読む

外務省は遺憾砲に続く方策を用意しているのだろうか? 日立造船の供託金問題

 一昨日の2月22日は「竹島の日」でした。テレビのニュースやワイドショーをあまり見ないのですが見た限りでは、 「2月22日はニャンニャンニャンで『猫の日』」 というのはあちこちでやっていても「竹島の日」について扱ったものを目にすることはありませんでした。きっと申し訳程度に扱ったものはあったのでしょう。 
 これに対して領有権を主張し実効支配している韓国の方が何故か敏感です。聯合ニュースの「韓国政府 『竹島の日』式典開催で日本公使呼び抗議」から。 

以下引用(太字は済印によるもの。以下同じ) 

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は22日午後、島根県が主催する「竹島の日」の記念式典が開催されたことを受け、在韓日本大使館の實生泰介総括公使を呼んで抗議した。 
 韓国の趙兌烈(チョ・テヨル)外交部長官も21日、ブラジル・リオデジャネイロで行った日本の上川陽子外相との会談で、式典の開催に抗議。独島は歴史的・地理的・国際法的に韓国固有の領土であることを改めて強調した。・・・ 

引用終了 

 外交部の抗議を聞いた駐韓国公使は外交儀礼上、「本国に伝えます」と返答したのだろうと推察しますし、外交官としてはそれで良いのだと思います。
続きを読む

金正恩総書記がついに自分に相応しい専用車を所有したようだ

 車関連の記事に目が行ってしまう拙ブログです。 
 話自体の記事は昨日から目にしていましたが、今日の産経新聞7面(国際面)に「プーチン氏、正恩氏に車贈る」という記事が載っていました。 

以下引用(太字は済印によるもの) 

 【ソウル=桜井紀雄】ロシアのプーチン大統領は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記にロシア製の首脳専用車を贈った。 
・  ・  ・  ・  ・ 
 プーチン氏が昨年9月に訪露した正恩氏と会談した際、自身の専用車であるロシア製高級車「アウルス」を見せ、後部座席に2人で乗り込む姿も報じられた。
・  ・  ・  ・  ・ 
 ペスコフ露大統領報道官は20日、その際に正恩氏が気に入ったため、贈呈が決まったと説明した。タス通信などが伝えた。北朝鮮への贅沢品や輸送車両の移転は国連安全保障理事会決議で禁じられており、制裁に違反する可能性がある。・・・ 

引用終了
続きを読む

法務局は「人権」を理解しているのだろうか?

 憲法の初歩的な説明を生業にしていた際、「人権」の最初のところで、 

日本人は「人権好き」なので「人権」があちこちに出てくる。その時に、この人が言っている「人権」は憲法何条を根拠にするなんの権利・自由なのか、最高裁の何の判決で言っている権利・自由なのか、が分かれば憲法の「人権」は出来上がり 

というようなことを言っていたのは今までも何回か書いてきました。また、 

人権教育 = 差別はいけない 
平和教育 = 戦争は絶対にやっちゃいけない 

なのではないか、ということもたびたび書いて来ました。 
 その検証のような話です。石埼学先生のこんなツイートがありました。
続きを読む
RSSリーダーで購読する
記事検索
プロフィール

済印

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ