ごまだれ鳩居



地球に優しいダメ人間         ***頻繁にトチ狂いますが仕様です
一つの事に夢中になると数日間その話しかしなかったりしますが、そのうち戻ります。たまに戻らないこともあります。

カテゴリ:ゲーム > →in the airさん関連


in the airさんの新作「星空エンドロール 序章」をプレイ。
5月のコミティアで本編頒布予定とのことなので、本編出るのが待ち遠しい〜。
(例によって通販なかったら諦めねばなりませんが……)
エイプリルフール+α限定配布とのことで、序章のDLは4/8頃(4/8いっぱいではなく4/8の途中)までの配布のようなので、気になる方はお早めに〜。
時間帯によってはエラー表示が出ることもあるので、その場合は時間をずらせばつながるんじゃないかな、と。
あと、混んでる時はファイル破損が起こりやすい気がするので、DLできたらすぐに解凍してきちんと破損せずにファイルがDLできてるか確認した方がいいんじゃないかと。期間限定ゲーの基本ですね。
世界が終わると宣言された後の、高校生(と先生)の話。一本道ノベル。本編は5月コミティア予定。
本筋ではないですがすこし震災表現があるので、苦手な方は避けてください。

ということで、公式HPがエイプリルフール仕様のうちにDLしたので、SE的な意味でちょっぴりびっくりしたよー。
でもお話的には私がin the airさん作品大好きなのもあるけど、とても良かった……。
「序章」とあるとおり、お話のプロローグ部分のみではあるけど、ひと段落つくところまでは入ってるので是非。
というかひと段落ついたあとの展開がまた気になって気になって仕方がないのですが。
無題本編をはじめると左下に謎のカウントダウンが。
最初の数字は多分45688かな?
時間ではないし、残り文字数なのかしらと気にしながらプレイしていたのだけど。
残り40になってからの展開に頭ががつんと殴られて。
0になってからの展開にまた先が気になって。
あー、続きが気になる!!
本編は多分0になってから以降に登場した人物含め4人がメインになるのかしら。
今回はお名前だけの幼馴染二人も気になるー。
そうなると気になってくるのは、先生に今後の出番があるのか否か
序章で先生と芹のやりとりににやにやしたり切なくなったり感情移入した分、今後の展開が気になるの何の。
芹は2年半前から知っていたってのも気になるし。
本編頒布したら、通販があれば通販で購入予定。あるといいなー。
本当、in the airさんのゲーム好きだわ。改めて実感。

モモコムテイさんのコミティア新刊通販はじまった!!
私は新刊だけ購入するけど、【創作】のついてる過去作も全部おすすめ。
(二次創作側は読んでないのでわからないってだけですよ)
特に『蛙の国の迷い姫』は大好きなお話なので是非読んで欲しいな、と。
主従萌えの方は是非に! 是非に!!!
ちなみに、わらしべメイドのみゲーム(ネットではフリー配布中)+攻略&SS付副読本で、それ以外はイラスト+小説本で漫画ではないのでご注意を。
新刊はPixivにサンプルがあったよー。

「COMITIA107新刊サンプル 君のてのひら」/「てい」の小説 [pixiv]

ついでに現在通販で購入できる作品のうち、うちのブログで感想を挙げてるあたり+モモコムテイさんのサンプルページをぺたり。
『蛙の国の迷い姫』感想 モモコムテイさんサンプルページ 
『兎のかみさま』感想 モモコムテイさんサンプルページ 

「渋谷わらしべメイド」は感想書いてないけど、SSがものすごく良かったのでゲームやった人は是非購入をおすすめします!
やってなくても、同梱のディスクに収録されてるから、問題ないよー。
SSが4本も載っててよみごたえあるよ〜。
ていさんが2本、イオリさんが2本執筆されててどれも面白かった。
特にお気に入りはていさんの「薔薇の代わりに珈琲を」とイオリさんの「渋谷よっぱらい女子大生」
前者側はまさかあの2人のその後のお話もあるなんて!
というか、だからあのアイテムじゃないと交換できなかったのねとかいろいろわかって面白い。
後者側はめちゃくちゃにやにやしました。
それまでもう一人の人派だったのが一気に慶に転ぶくらい。
ゲーム自体はin the airさんで公開されております。(渋谷わらしべメイドページのetcのところの画像クリックでDL)
in the airさんのゲームもおすすめ〜。
特に「カフェ・コ・ムギコ」(現在はDL販売のみ)と、「SNOW WHITE ECLIPSE」(DL販売+パケ版はin the airさん自家通販あり)が大好き。

ban_snow

本編の感想は前回で終了済なので、今回は櫻ひとひら・夏のとりかご・SNOW WHITE ECLIPSEのエピローグ本「AIR MIX」の感想を。
昨年夏に本編パケ版と共に購入していたものの、SWE以外はすぐに終えてたのもあって、どこにやったかわからなくなってて真夜中に大捜査を始めたダメ人間がここに。
や、だって、本編の余韻あるうちに読みたくてさ。
本編はDL販売で購入可能だけど、こちらは現在は入手困難かも。
でもどうしても感想書きたかったので。
結局昨日疲れてるからそのまま寝るって言ったくせに、1本だけ読もうとしてそのまま全部読んじゃったという……。
でもとってもよかった。
SWE分は3本の小説が収録されてて、
ティアラとクロードのED後のお話「夜想曲」
博士と中佐の過去のお話「take back」
エリック君とミュリエルED後のお話「さよならのゆくすえ」
個人的に一番のお気に入りはエリック君主役のお話だったり。
や、全部それぞれ面白かったし、にやにやしたけれど。
本編終えた後に知りたかった脇の状況も知ることができた分、一番読めて良かったなあと思ったお話がこれだったので。

以下エピローグ本+本編のネタバレを含むのでお気を付けを〜。続きを読む

SNOW WHITE ECLIPSE

#3も読み終え、フルコンプ。
あー、面白かった!!
基本的に集中力なくて、ゲームやってても結構脱線することが多い私だけど、本当に全く止まることなく一気に読んじゃった。
(寝なくちゃやばいと寝てたり、日を分けてはあるものの、プレイ中に全く脱線がなかった的な意味で。実は感想書いてるゲームでも結構な確率で途中でネットはじめたり休憩入れたり横道に逸れることが多いんだけど、今回は本当にそういうのが全くなかった)
やっぱりイオリさんの紡ぐ物語は好きだなあ。
読み終えてからの読後感も良くて、キャラ補正抜きにすれば、今までプレイしたin the airさんの作品で一番好きかもしれない。いや、コムギコも櫻ひとひらも好きだけどさ。
キャラ補正抜きなら、と入れるのは別にこの作品に好きなキャラがいないわけじゃなく、コムギコの長女カプが好きすぎるので。
でもこのお話でもメインカプ全部好き。特にティアラとクロードにはにやにやしまくった。ごろんごろん転がった。

立ち絵もスチルもないゲーム(バナーにあるのはパケ版のジャケ絵。本編ゲームのシーン回想画面にも有)なので、敷居が高く思えるかもしれないけど、本当に面白いよ〜。
パケ版入手は今からだとちょい難しいかもだけど、DL販売もあるし、気になった方は是非是非まずは体験版からどうぞ〜。
んで体験版が気に入ったら是非是非DL版を購入しましょう(布教)。
私と同じくカプ萌え(特に主従萌え)の方はちょっと幸せになれるかもしれない。
一旦クリアしてからなら、シーン回想もついてるので好きなシーンをすぐに観られるのも嬉しいところ。
(パケ版の統合作業の時に最初からシーンリストオープン状態にもできたので、ひょっとしたらDL版でもできるかもだけどDL版は購入してないので未確認)
後はいきなり#3からプレイすることもできますが、素直に#1からやりましょう。(当たり前だけど、最初からやらないとわからないよ!)

#3の見どころと言えば、何より冒頭かしら。
や、他に泣いたシーンとか好きなシーンとかいろいろあるんだけど、1周目と2周目で全く違った印象を受けるって意味で。
中佐は狸だなあと思って読んでたけれど、一旦すべて読み終えてから(というかとあるシーンを読んでから)読み返すと……これはまいった。いやあ、面白い。
狸だなあという印象は変わらずだけど……どういう意味なのかは是非是非実際にプレイしてご確認を〜。

以下、今回はネタバレを含むので未プレイの方は観ちゃだめよ〜続きを読む

SNOW WHITE ECLIPSE

#2終了部分まで読了。
面白くて一気に読んでしまったわ。
#2では2度泣いた。
1度目がティアラとサーシャのやりとりで、2度目もティアラとサーシャの#2ラストの場面。
ティアラ好きだなあ。
甘ちゃんなところも確かにあるんだけど、それをきちんとわかっててしっかり前を見据えている様子がとてもとても愛しい。
(まあ2度目の場面の前は取り乱したりもあったけど、そりゃあんな状況・展開でそんなこと知ったらしゃーないよなーと)
展開として来るかもとは思ってたものの来ないで欲しいと思っていた爆弾が、これ以上ないってほど効果的な場面で投下されて、また面白いところで終わるという。
そんなことがあったからこそ、サーシャとのやりとりが余計に沁みたんだけどね。

以下、そのものずばりなネタバレは書いてないものの、プレイしてないと意味がわからない感想なので折り畳み。続きを読む

SNOW WHITE ECLIPSE

昨年夏にin the airさんの通販が開通してる時に、「コムギコレクション」パケ版(既に販売終了済・冊子はないけどゲーム部分は丸っと楽しめるフリー版あり)を通販申込みした際に一緒に購入してた「SNOW WHITE ECLIPSE」をようやくプレイ開始。
当時一緒に申し込んだ「夏のとりかご」「櫻ひとひら」は届いてすぐプレイしてたものの、「SNOW WHITE ECLIPSE」はパケ版だと3つに分かれてるのもあって、長そうだぞとそのまま後回しにしてたんだけど。
丁度冬だしタイトル的に今やるのが丁度いいのかな、とプレイ開始。
まずはパッケージから出してインストールして、サイトさんの方で公開されてる#1-3統合パッチをDL。
そのまま統合、しようとしていきなり失敗。
原因は単純に、#1〜#3のインストした位置が違ったから。私のパソコ、デフォでいじらずにやると「Program Files (x86)」側にインストールされるのに、そのまんまパッチ使って「Program Files」で設定したらそりゃ統合できるはずがないよねー、と。凡ミス。
ちなみにWindows7は対応外だけど、今のところ問題なく動いてるよー。
そもそも、今はパケ版よりDL版の方が入手しやすいし、DL版なら統合の手間もないみたいだけど。

んでもって、いきなりパケ版ならではの大失態(サークルさん側に非は全くなく、全て私の凡ミス)。
私、カタカナ名前覚えるの苦手なのね? ぶっちゃけ鳥頭で三歩歩いたら忘れちゃうダメっぷりなのね?
んで、軍人さんパートのお名前覚えられなくて、これ誰だっけかと確認しようとしたものの、#1側の冊子(ゲームの基本操作と簡易の登場人物紹介だけあり)を観たもののそれらしき人の名前が載っておらず。
こともあろうか、#3側の冊子を開いて登場人物を探してしまったのです。
…………そりゃ、#1の冊子に載ってないってことは、その時点では知らない方がいいってことだよね!
簡易ではあるものの登場人物紹介観たのを心底後悔してしまったわ。
今からパケ版でプレイする方も少ないとは思うけど、まさに好奇心は猫を殺す、小冊子側の登場人物紹介は大人しく#1をやってる間は#1のものだけを観ましょう。
とはいえ、それでつまらなくなっちゃうことはなく、本当に簡易登場人物を観ちゃっただけなので、むしろそれはつまりどういうことなんだろう的な方向でとてもわくわく楽しめてはおりますが。
どうせなら「櫻ひとひら」の時みたく素直に騙されて「うわあやられた!」と思いたかったな、と。

幼馴染であるメイドのブランシュと過ごす、平穏だった日々。

だがある朝目覚めた場所は、見知らぬ街の汚い路地裏だった。
何故こんな場所に? 屋敷の者たちはどこへ?
そして、ブランシュは…?

混乱する記憶、受け入れられない現状。
冷たく、命の価値が低い閉鎖都市ガルヌブール。

17歳の貴族エリックの身に降りかかった不可解な出来事。
それは、とある計画の始まりだった――。

賊に襲われ、王女ティアラは離宮を追われた。
とりまく状況はすべて、叔父ベルナールに命を狙われている事実を示していた。
敬愛する叔父を疑いたくない彼女の指に嵌められた、王の紋章が刻まれた指輪。

病に倒れた父王にすがることもできず、父の旧友であるベイル将軍に助けを求め
護衛であるクロードと共に、特別管理区ガルヌブールを訪れる。

エクリプスの実験場と呼ばれる、閉鎖された街。
その街で得た出会いと別れを通じ、ティアラは王への道を模索する――。


お話は主にエリック君とティアラ王女の視点で進められて、時々別の人の視点に移り変わる群像劇形式。
群像劇は好物だし相性もいいので現状とても楽しく進められてるよ〜。
いやあ、主従萌え的にたまらんですな、これ。
エリックとメイドのブランシュの関係も、ティアラと近衛のクロードとの関係もどちらも直球ストライクで先が気になって気になってたまらない。
私は体験版側はやってないのでどこまでプレイできるのかわからないけど、気になった方は体験版側からどうぞ〜。
立ち絵もスチルもないサウンドノベルだけど、背景写真がとても綺麗で、登場人物のやりとりも面白いので気にならず。
メイン主従どちらも好きだけど、ビジュアル(パケ版のジャケ絵)的にティアラとクロードが特にツボ。なので#2のジャケが今のところ一番好きだけど、バナーは現在進めてる#1ジャケ側のバナーをぺたり。(#2のジャケはステキだけど、身長差的な意味でバナーにはクロードが登場してないからのもある)

#1終了分までプレイ。
うわー、先が気になるところで切るなあ。
これ、実際に頒布されてる時にやってたら、#2の発売が待ち遠しくてたまらなかっただろうなあ。
あと、自らのポカで踏んだネタバレが#1の間に判明することでホっと。や、それでも自力で気付いてやられたって思いたかったけどね。最後まで引きずるネタバレじゃなくて良かったなと。
と、同時にとても語りたい部分があるも、ネタバレになっちゃうから語れないという。
や、今回も絶対自分で読んで気づいた方が楽しいと思う分、ネタバレについては極力書かない方向で行きたいので。とりあえずプレイした人にしかわからない方向で言えば、こうなってくるとエリック君不憫すぎね?
エリック視点・ティアラ視点共に誰を信じて誰を疑えばいいのかわからない分、読んでてドキドキハラハラ。
先が気になりまくるものの、そろそろ寝ないとまずい時間になってるので今日はおやすみなさい。

とりあえず#1で一番にやにやしたセリフはクロードの
大体貴女は以前から、男に対して無防備すぎるところが
嫉妬ですか? 嫉妬なんですか!?
普段無愛想なだけに、盛大にツボに入ったわ。
やー、いいよね、主従。

通販で買ってたin the air さんの「王国童話」をようやくプレイ。
パッケージ版は既に通販終わってるものの、DL販売ならあるよ〜。
エイプリルフール限定で公開されてた「引きこもり王子といばらの姫」+新作「マーメイド・クラウン」と「硝子の靴」
全部10分ちょいで終わる短編集だけど、どれもこれも面白かったー。

甘さ的な意味では「引きこもり王子といばらの姫」が一番あった。
スチルが出るあたりからはずっとにやにやしてた。

一番続きを読みたいのは「マーメイド・クラウン」かな。
こっちの王子は切ない意味で可哀そうで、幸せの上書きが欲しくなる。
途中で王子側の大体の事情(というか主人公と面識があること)は察することができるんだけど、だからこそ胸がしめつけられて、救いが欲しくなる。
また一緒にいられるならいいじゃないかという思いと、報いが欲しくてやるせない思いと。

全部面白かったけど、一番のお気に入りは、立ち絵もスチルもないけど「硝子の靴」
主人公がシンデレラじゃない、ちょい変化球のシンデレラなんだけどね。
王子がとにかく不憫でにやにや。
「カフェ・コ・ムギコ」もだけど、男の人がアプローチしてるのに全くわかってもらえない様子って可哀そうでいいね。
存分ににやにやできました。
普段女性関係に苦労してない男の人が面倒な女の子に惚れて振り回されるお話が大好物の私には、直球ど真ん中ストライク。
こういうお話大好き!
主人公が本当の意味で王子の言葉と気持ちを理解してからのお話も読みたいなあ。
んでもって、そのころにはやめるって言ってももう引き返せないくらいに事が進んでればいいと思う。


たいへんたのしゅうございました。

モモコムテイさん(イラスト桃さん、小説ていさん)の新刊「花語り」を通販(販売終了済)で入手して、まだそっちは全部読めてない(8冊中2冊読破)んだけど、どうせならと一緒に通販で購入した「少年少女読本4 snow white exchange」がツボでツボでツボで、夜中だってのにごろごろ転がった。
白雪姫パロディに主従要素や性別隠匿要素やらが加わって、非常においしかった。
特に主従はツボ中のツボなので、お話にも入り込みやすかったわ。
ルーツィアもリアも大好きだー!
でも、リアが姫の秘密を知るのはいつになるんだろう……。
自力じゃ気づかないのもおいしいし、ふとした瞬間に気づいていろいろ思い出して赤くなるのもおいしい。
出そうと思えば続編が出せそうなお話なだけに、続きが出たらいいなあ……。全力でホイホイされるのに。
前情報ほとんどなしに白雪姫とだけ認識してて、表紙を観たら百合モノだったのかとぎょっとしたけど、違った。
姫様はリアが同性だと油断しているうちに、どんどんどんどん手を出しちゃえばいいと思うんだ。
メロメロのべろんべろんに惚れさせちゃえばいいと思うんだ。
あー、リアが真相知った時のリアクション絶対可愛いだろうなあ……。
是非是非読みたいわ。


「花語り」の方はまずは「正しい蝶の育て方」と「今日も夜中にあの場所で」を読んだんだけど、これ前のお話も読みたくなるねえ。
単品でも十分読めるんだけど、どちらももっともっと2人の関係を観たくなる。
今までていさんの文章は「カフェ・コ・ムギコ」(おそらくチュチュ関係中心)でしか読んだことなかったけど、とてもとてもツボだったので、他のお話も楽しみ。
ゲストのイオリさんが執筆されたコムギコの後日談の方も楽しみ。別に後回しにしたわけじゃなく、入れ物からすーっと抜き出して手に取った順番に読んでるので。
またゆっくり読んでくよー。

追記:
追記にしようか新しい記事にしようか迷ったものの、同じ日付内だったので追記+時間を追記時間にしてフォーゼ記事より後に。
「花語り」は6冊目まで読了。後は厚い2冊を残すのみ。
今のところていさん執筆分でのお気に入りは上に書いた「snow white exchange」が断トツで好き。
今日だけで3回読み返しちゃった。おまけのつもりで買った再販本だったけど思わぬ大当たりだったなあ。大好き。
「花語り」分だと、「正しい蝶の育て方」が一番続き、というか本編が読みたいなあ。蝶ちゃん可愛い。時雨との関係がとても好き。(蝶ちゃんが好みドストライクだったってのも大きいけど、本編読んでなくても入り込みやすかったのと、爪やすりのやりとりににやにやしたのとでとても好き)
「花冠と鴉」も好き。こっちもどんなお話だったのか本編読みたい。
装丁、というかももさんのイラストではまだ読んでない「蛙の国の王子」が一番好き。でも全部きれいだよなー。観てて楽しい。

お目当てで買ったゲストのin the air イオリさん分の「カフェ・コ・ムギコ」のお話は、大好きなショコラとカロンの結婚前夜のお話。
ラブ要素は薄めとのことだったけど、存分ににやにやしました。やっぱりこの2人好きだなあと。
合間合間にチュチュやカルヴァドス、マシュやクーヘン、ワッフルの名前も出てみんな元気にやってるんだなあとほっとしたり。
何より、序盤でミタラシにも出番があったのが嬉しくて嬉しくて。(※鳥野さんは当初喋る猫目当てでコムギコに興味を持った不届きものです。久々に過去記事を観たら猫とちゅっちゅできるかどうかを一番気にしてるダメな人っぷりを発揮していたものの、残念ながら平常運航です)
あー、カロンも好きだけど、別次元でミタラシラブなんだよなあ。どっちが上とかじゃなく、それぞれ好きって意味で。
ショコラさんの残念な美女っぷりがたまらん。
あー、ミタラシ可哀そうだなあ。(にやにやしながら)
結婚前夜だってのになんて会話してるんだってとこもひっくるめて、やっぱり長女カプ大好きだなあ。
イカのくだりで大爆笑。
コムギコは、男性陣がなんだかんだで惚れた女にぼろっぼろに振り回されてるところがステキだと思います。あーかわいそうだなあ(やっぱりにやにやしながら)

in the airさんのブログ最新記事に「非線形クリスマス・キャロル」が公開されてるよ〜。
クリスマス限定「ではない」みたいだけど、公開しているうちに是非是非〜。
「死神レポート」の補完番外編とのことなので、プレイしてないかたは本編からどうぞ〜。
私は明日一気にやるよー。
10分くらいの短編とのことなのでやろうと思えばすぐ終わるだろうけど、今はマイベストCD記事の仕上げ中なので。
そういや今年はJ4Uのことばかり考えてて、全くフリーゲーム界隈チェックしてなかったなー。好きなサイトさんは一回まわっておこうっと。
限定ゲーム逃すとショックでかいよね。

*****
追記:
プレイしてきた!!
短いお話だったけど、すげえ良かった!
「死神レポート」を先に必ずやってからやりましょう。
主人公が誰なのか、少女が誰なのかは名前ですぐ解ったけど、印象が違う理由がそんなところにあったとは。
2人の繋がりに、絆にぐっときた。
短いけどとてもいいお話でした。
やっぱりin the airさんのゲーム好きだなあ。

このページのトップヘ