January 2010

たりらーん。
腰痛、勃発。

ん?という一瞬から、急に腰痛に発展するのよねぇ、思い出したわ。
とほほ。

けっこうつらいので、
暖めればいいのか、冷やせばいいのか?
どっちがいいのかよくわからず、
とりあえずネットで対処法を調べる。
さいしょは、炎症止めるために冷やすほうがいいみたいだ。
冷やして、
あとは、ちとずつ、よくなるように、
願おうぉぉ(汗)

こういうときも、あるさ。

友人夫妻の赤ちゃんの、
まだ世に出て2ヶ月しか経っていない足に、
あらためて驚いた。

R0017569

人間の足の裏って、
最初は、こんなにぷにぷに盛り上がっているのか。
このまま立つと、どう考えても足の指は地面につかないでしょう、という形なのね。
立つための平面の予感をまったく感じさせない、お肉の膨れ具合。
どっちが足の裏かわからないくらい。
小さなおだんごに指が5本付いています。

ほぉー。
これで、いずれ、立つのか。

やっぱり、大人になるって、すごいことなんだな。
人は変化する。
適応する。
いろいろなものに押されたり引っ張られたりしながら、
無意識のうちに、変わっていくのだ。
中も外も。
立てる、ように。
それが、大人になる、ってことなんだ。

そして、
大人になってからも、
人生いろいろあるなかで、押されたり引っ張られたりしながら、
無意識のうちに、変形しているのだ。
中も外も。
善くも悪くも。
それが、生きている、ってことなんだろう。

でも、たまには、
ヒトの出だしの、
あのちびっこい、まるっこい足の裏を思い出したいものである。

外には、東京の町に昇る満月。
R0017559_2

とっぽりたっぷりのオレンジ色が、
少しずつ空を上昇するのを見つめ、
古くからの友人と語らいつつ、
そんなこんなを、思うのであった。

胃腸の調子がここ数日微妙だった。
こういうときには、やっぱり・・・

R0017556
ごはん、よね。

あまり派手に味付けしない、白いごはん。
その底力はなかなかのものだ。
きょうは、シンプルに、韓国のりと合わせて、
ぱくぱく、一杯、行ってみた。

いいね。
しっかり、どっしりしたごはんは、グラウンディング効果がある。
身体の安定感、精神の安心感が増す。
地に足をつけさせる。
パタパタ浮いていた羽が、週末に向けて着地、というか。

おかげさまで、夜は、ちょっと心身ともに落ち着きました。

わ〜お、iPad!!!
かっこいい! ほしい!!

そして、
プレゼンをしている
スティーブ・ジョブスが元気そうで、よかった。

本日はリフレッシュ・デイ!
心身リフレッシュしようと決める。
溜まっていた洗濯をしたり、ヨガをしたり、
さらに、
さときちをシャンプーしたり、
自分も美容院で髪を整えてもらう。

しかし、
ひさしぶりにショート・ヘアにすると
いかに早く髪の毛が伸びているかということに驚く。
1ヶ月どころか、2週間くらいで、髪型のシルエットが変わる。
ぼくらはみんな生きている〜、生きているから髪が伸びるんだ〜♪
ってか。
これは、長く揃った髪型のときよりも頻繁に整える習慣にしないと、
だらしない感じになってしまうね。
以前もショートにしていたのに、
そんな感覚、忘れていた。
以前、って言っても、前回の寅年のころだけど(笑)
ふるっ、ふるっ(汗)
12年振りともなると、忘れるものやねぇ。ははは。

まったりと、夜。
あれ、どなたざんす?
R0017531

もしもし?
R0017530
「へい?」

シャンプーしたさときちは、あったかいところを探す。
R0017532
「ちがうよ〜。ねえやんが美容院に行ったって言うから、
 わたちもパーマのオカマごっこしてるんだよ」

なんでやねんっ。
あれだけ嫌がっていた昼間のシャンプーのことは
さっぱり忘れているお気楽模様のさときち。

いやはや、しかし。
なんでも、
忘れるからこそ、
リフレッシュできるんだね。
R0017534

深呼吸をしただけで、
そして、
わっはっは!と笑っただけで、
そのあと、
あぁ、生きているって素敵だ、日常って楽しい、って
思えるときがある。

そんなときは、
ありがたい、と手を合わせ、
それから、思いっきり手を天高く挙げ、
伸びをするのである。

ひさしぶりに、
大好きなひかるさんのヨガクラスを受けた。
実は、
先生がリードするアサナ(ポーズ)のクラスに参加したのは、
けっこう久しぶりだ。
というのも、
ヨガ・アサナを勉強や練習をするようになってけっこう長いので、
最近は、自己練習が主になっていた。
先生のリードに従って練習するのではなく、
自分のペースでやるほうが、
自立しているし、応用が利くと感じていたのもある。

しかし、
ひさしぶりにクラスで先生にリードされながら練習をして、
発見をした。
忙しく仕事をした日の夜、
リードされることが、いかに心地よいかということを!

つまり、
仕事とかもろもろで忙しいときって、
どのポーズをしようと考えたり、
自分ですべてを管理して、カウントして、ペースを作って・・・
とするのが面倒くさいとか、苦労だと思うときがある。
とっても、ハードルが高いのね。
そんなときは
人(先生)が作ってくれるペースに身を委ねると、
すごくリラックスできるかということに、あらためて気づいたのだ。
どのポーズを、どのくらいの長さ、どの順番で、
どこに気をつけて練習していくかなど、
自分で計画しなくていいんだから、
頭を空っぽに出来る!
思考をシャットダウンして、
ただただ、なにも考えずに、指示されたポーズに入っていく。
ひかるさんの落ちつく声に身を任せて、淡々と、
オート運転で身体を動かし、呼吸をする。
いいねぇ。
結果的に、身体も動かして血が巡り、エネルギーが巡る。
さらに、
忙しくぐちゃぐちゃしていた頭の中の思考も鎮まって、落ちついてくる。
自分のなかの時計がゆっくりになっていくのがわかる。
嗚呼、平穏なり。

いやはや、なんだか、
自立、自立と、ぜんぶ自分で請け負おうとしたり
独りで立とうとばかり思ったりしなくたっていいんじゃないかなぁ、
なんてことまで考える。
そうしていると"自分に疲れる"ことだってあるでしょ。
たまに自分からの休暇が欲しいとき
素敵な先生にリードされるヨガクラスは
ぴったりなのである。

ひかる先生のカウントの声が
不完全な人間への応援歌に聞こえた。

友達で集まって、軽くランチ。

お料理できる友達って、憧れる。
彼女がイタリアで習ってきたという、
クロスティーニ。

IMG_0783
全粒粉パンに、エビとイカのペーストを載せて。
さいごにオリーブオイルを垂らすと、めっちゃいい風味。
いいね、手作りは。

我が身を想うと、少し、ため息が出てまうが。

そして、ティラミス。
IMG_0789
ハート形で、色も形もきれいでかわいいな。
みんなで取り分けて食べるはずが、
こどもたちは待てない。
がっつり行くのだ。

IMG_0791
スプーンを剣代わりに、躊躇もなく、それに向かう!

こどものとき、夢だったなぁ・・・
まるごとケーキに、スプーンひとつで挑むこと。
がっつり、掘ってくこと。

IMG_0792

ちょいとこの者たちの姿勢からも
学んだりして。
大人も負けられんで。
躊躇してたらいかんぜよ。
制限してたらあかんのよ。

がぶっと、行ってこそ。
IMG_0793

土曜日は、いっぱい寝られてほっとする。
日中も、半分以上寝ていた、結局。
夜も、ゆっくり神経を休めるためには、
間接照明だ。

R0017511

もともと、間接照明が好き。
実家がずっと間接照明だった影響もあるかもしれないが、
天井から、のべつくまなく明るく照らすライトは
雰囲気もないし、
神経が刺激されるし、
自室のライティングとしては今でも好きではない。

壁にうつる彩り明かりが、
万華鏡をのぞいたように、夢を想わせてくれる。
ぽっ、ぽっ、と部屋のあちらこちらのろうそくのように灯る光が、
気分をなだめてくれる。

R0017509

ほっとして、過ごしたい、
大切な時間を・・・。

R0017504
・・・。

R0017496
自分にとってだいじなものを

R0017499
守る

R0017502
シアワセ。

シンプルだけど

深いな。
R0017506

↑このページのトップヘ