東京オリンピック・パラリンピック招致スピーチで日本中を感動させた、
佐藤真海選手とサンデー毎日対談。
やっぱりとてもかわいくて明るい方だったが、
それだけではない、強い芯と信念を感じた。
そして、なにがあっても、なにか意味があると信じ、
前を向き、自分にできることに挑戦してみようという姿勢。人生の開拓心。
本当に素敵な女性だわ。尊敬します。

そうそう、
スポーツ選手が、競技当日に緊張しないで力を出せるように、
ひとまず事前に緊張や失敗を出し切っておく「ピーキング」をしたことによって、
スピーチ当日は、あんなにプレッシャーの場なのに、緊張せずに本番に臨めたそうだ。
アスリートのセルフコントロール術、改めて凄い。

そして、オリンピックとパラリンピックの間の差や壁がなくなることを願うと
繰り返しおっしゃっていたが、
わたしも改めてそう感じた。
なんか、間に閉会式をしてしまうのが、少し残念な気持ちがするのはわたしだけだろうか。
呼び名も分けずに、ひとつの大きな大会にまとめるのは、難しいのだろうか。
そういう日が来ることを、わたしも心から願いたい。

IMG_8605