上半期のお茶のお稽古の2回目の山場、

「稽古茶事」無事終了!


懐石料理やお茶のお点前など、

茶事を4時間ほどかけて一連でやってみるお稽古だ。


お客様役から料理や裏方まで

クラスのみんなですべて役割分担をするのだが、

私のお役目は「半東」。

東(亭主、つまりお茶事を開催する人)の補佐役で、

やるべき仕事はたくさん。

お客様が気持ちよく茶室に入れるよう、

露地の水撒きや蹲の水換え、

待合の煙草盆を用意したり、

火入れの灰を綺麗な形に整えたり。

その他も、お料理を運んだり、

亭主が鳴らす銅鑼を持ったり、

茶室の簾を巻き上げたり…

様々タイミングをよーく見計らって、

きびきびと働かねばならぬ。


4時間終わったらクタクタだった。

着物な上、割烹着を着て働いていたため、

ワールドカップで試合に出たかというくらいに

着物が汗だくヨレヨレに(笑)。

半端ないって!

夏の茶の湯はスポーツだ。


初めてで緊張し、大変さもあったが、

とっても面白く、楽しく

幸せいっぱいの時間だった。

やっぱりお茶好きだなぁぁ。

あと、裏方、楽しいなぁぁぁ。

チームワークも楽しいなぁぁ。


(写真は、薄茶のときに出す干菓子。

団扇とホタル。

かわいすぎる!)

IMG_5709