届かず

  • author: sumipe_sumipe
  • 2010年01月30日

里子さん、ホントに残念です。
試合が行われているだろう時間は、
どきどきして、そわそわして、
仕事に集中できませんでした^^:

Dan-bi Kim wins title defense against Kamimura by unanimous decision. Judges scores: 97-96, 97-93, 96-94.
国際女子ボクサー協会(IFBA)より

A new year for Women’s boxing began in South Korea. In the small country town of Anseong-si, Gyeonggi-do, the crisp bite of winter could still be felt as the spectators gathered to see the petite Dan Bi Kim defend her IFBA Mini Flyweight division against the much taller Japanese fighter Satoko Kamimura.

The usual first round feeling out began with Dan Bi showing that she was planning to do a lot of head movement to counter Satoko’s long, lanky reach. Using the occasional body shot to wear down her opponent, Dan Bi was awarded the first two rounds by the judges.

In the third, Satoko found her range and was able to get in some jabs and straight lefts, but not enough to deter Dan Bi as the champ walks through the occasional snappy jab.

Satako won the fifth round when it seemed Dan Bi took a little break to save herself for the second half of the fight.

Dan Bi unanimously won the sixth round. She was determined to close the distance with head movement, then jumped her way in with hooks to the head and body.

Dan Bi’s aggressiveness gave her the edge on the scorecards for most of the later rounds. As fatigue set in, there was a lot of crowding and hugging.
Satoko fought an honorable match, but couldn’t rally enough excitement to steal many rounds from the title holder.

Overall, this was a good fight for Dan Bi, who is still gaining experience and improving her skills. It was a great tune-up for her mandatory title defense later on in the year.

Final scores: (97-96), (97-93), (96-94)

・・・・・・・・・


PJニュース
女子ボクシング世界タイトル奪取ならず・・・も、現役続行宣言!


宮崎県在住の女子プロボクサー上村里子さんが、29日韓国で行われたIFBA(国際女子ボクサー協会)ミニフライ級(47.627kg以下)タイトルマッチで同級王座キム・ダンビ(DAN BI KIM)選手に挑戦したが、判定0−3で敗れ王座奪取はならなかった。

上村さんは2006年5月に国際女子ボクサー協会(IFBA)世界ミニフライ級タイトル戦、2008年6月韓国でWBC女子ストロー級暫定王座戦に挑み、今回は3度目の世界タイトル挑戦だった。

上村さんは試合後「試合は判定でしたので3ー0の負けでした。韓国で勝つにはやはり倒さないと勝てないのはわかっていたのですが、私にはそれが果たせませんでした。また頑張ります!応援ありがとうございました。」と、コメントを発表し、現役続行する意思を表明した。

上村さんはまた「みなさんの支えでこの日を迎えました。これからも応援お願いします。」とコメントした。上村さんはバッティングによるこぶと、肘を痛めているそうで、帰国後治療が必要とのことだが、再びリングにもどってくることが期待される。


■関連情報
上村里子を応援するホームページ
上村里子公式ブログ
国際女子ボクサー協会(IFBA)

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲