2017年03月24日

ようやく読了

Image (2)


宇仁田ゆみ先生最新作『よっけ家族』4巻、ようやく読み終わりました。
発売日に近所の本屋さんへ買いに行ったのですが、売り切れで取り寄せ注文していたのです。

「よっけ家族」は、旦那の転勤で東京から奥さんの地元でもある三重県に転勤してきた家族のお話で、奥さんの実家に同居して4世代12人の大家族の日常を描くほんわかあったかい物語です。

三重県人、特に南勢地方にお住まいの方にはとても親近感のある内容で、今回の4巻を読んだ感想としては、

「これはもはや地元文化を後世に残す記録書物である!」というものでした(笑)。

全国の読者に果たしてきちんと伝わっているのであろうかと心配になるくらいセリフが伊勢弁です。
4巻にもなると伊勢弁を解説する注釈もめったに出てきません(笑)。

現代では失われつつあるお婆ちゃんの知恵的な地域文化もてんこ盛りです。

三重の人にはぜひ読んでほしい一冊です!

sumire_c at 22:10|PermalinkComments(0)

2017年03月17日

よっけ家族4巻発売!

816EflLumiL


今日は地元出身の人気作家”宇仁田ゆみ”先生の『よっけ家族』第4巻の発売日です。

三重あるある満載のこのマンガ、あなたも頷きっぱなし間違いないです。

近所の本屋さんにはまだ入荷されていなかったので、僕も明日取り寄せ注文してきます!

sumire_c at 21:32|PermalinkComments(0)