鳥写真マンガ

管理人 LOU (ルー) 野鳥の写真を撮っています。撮りためた写真で短いストーリーを創るのが楽しみでもあります。

野鳥マンガ

子供ヘルパー

雨なので、久々に野鳥マンガを。(興味のない方はスルーしてくださいm(__)m)



「ボクは、巣立ち1ヶ月半の子供エナガ。こう見えて立派なヘルパーなんだよ。すごいでしょ?」
DSC03721





「今日も妹弟たちに、ごはんを届ける仕事をしてるんだ。」
「ほら、もう蛾を捕まえたよ。」
IMG_6526



「上手でしょ?エッヘン!」
IMG_6525



「ゴックン。」
「あ。飲み込んじゃった。しまった。。。」
IMG_6527




「どうしよう。またママに叱られちゃう。」
IMG_6530



おしまい。(^^;)



2年前の6月に、実際にいた子供ヘルパーのことを思い出して作りました。
雛に与える餌の量が少なすぎたり、、親の足手まといになって、叱られたりしながら、巣立ちまでがんばって働きました。妹弟にも慕われていて、それはもう健気で可愛かったです。(^^)


前に「ダーウィンが来た」という番組で、ジャッカルの特集だったか...。前年生まれた子のなかで一番頼りない男の子が親の見習いとして「お兄ちゃんヘルパー」になるというのをしていた。
ヘルパーになる三つの掟として、「1.両親には絶対服従。ヘマをすると、弱点である鼻を噛まれる。」「2.赤ちゃんと自分の食べ物は必ず自力で見つけること。」「3.赤ちゃんは命がけで守ること。」とのこと。

エナガの子供ヘルパーも親に足を噛まれていた。
今頃あの子は立派な親になっているかな。そう思いたいです。

メジロッ子

今日もジュウイチ狙いで早めにお城へ行った。
でもいなかった。

サンコウチョウのオスが市民の森に、メスが梅林(桜広場)にいたが、どちらも撮れなかった。
蒸し暑く、身体に堪える暑さだった。鳥仲間の方が体調不良になり帰宅された。
(途中、飛騨の森に寄られると言われていたので、気になって行ってみたら、寄らずに帰られたそうで安心した。)

その時、T将から「メジロの巣立ちがあり、雛がいる。」と教えていただく。どうも、ありがとうございました。感謝です。

今日は、午前中メジロっ子だけ撮って、11時頃から母のところへ行った。
DSC09101



DSC09069



DSC09734


DSC08922

「ごは〜〜ん。早くちょうだい!」

DSC09002



DSC00465


DSC01572



DSC01582




「おい、そこのチビ。おまえ、新米か。ちっこいな。」
「チビじゃない!こんなに大きいよ。」
DSC01784


「どんなもんだい!」
DSC01825


「ごはん まだかな。」
DSC01870


「こんな場所ではごはんあげられないな。」
「え?どこへ行けばいいの?」
DSC09209


「こっちだよ。」
「この幹を上まで行きなさい。それから小枝に乗るのよ。がんばれ!!」
DSC09902


それからメジロッ子は がんばった。
DSC00016


DSC00002


疲れてきたら、途中で親鳥がごはんをくれた。
DSC00233



二度目のごはん。
DSC00318


DSC09999

そして登りきり、小枝に乗ることができたのだった。

DSC01394



雛2羽のうちのもう1羽は、同じ様に、幹を登りかけたが途中でリタイア。




大きくズームで撮ったので、それも載せます。
DSC09286


DSC09291


DSC09323


DSC09351


DSC09417


DSC09438


DSC09455


DSC09464


DSC09826



DSC09494


DSC09470


DSC09522


親鳥はずっと優しく、時には厳しく 雛を見守っていて、とても微笑ましかった。
途中で、散歩の犬に出会って、親鳥が犬の周りを大声で威嚇して飛び回り、子供に対する親の無償の愛を見せてもらい感動したのだった。

暑かったので、早めに母のところへ行き、メジロの餌渡しの画像を見せたり、話したりした。
母は、「まあ、可愛い!小鳥も人間も同じような気持ちで子供を育てるんやね。」と言っていた。

3時半頃帰宅。

桜エナガダンゴ

今日はいつもよりも早く7時過ぎにお城へ。
エナガダンゴを探したかった。
緑のリズムではエナガの声がしないので、飛騨の森へ。
ここもいなかった。
桜広場、神社裏をまわった。昨日のノジコ、今日出てると聞いたミゾゴイ、ノビタキ(夏羽)などとは縁がなかった。(Y本さんが、キムネビタキかもしれない鳥を撮られていた。2年前、私が配水池で撮ったのとそっくりだった。)


神社裏でアカハラ、キビタキを確認、クロツの声も聞いた。下でもう一度エナガを探そうと降りたら、Eちゃんが呼んでくれて、エナガの子を撮ることができた。(感謝です。ありがとうございました。)
そのシーンも沢山撮ったのだけど、最後にバーベキュー広場で撮ったエナガが良かったので、それを貼ります。枝被りだけど、桜と撮れたのはうれしい。

エナガのペア(親鳥)が桜のそばで、上がったり降りたりしながら餌を探していたら、奥の緑の木から一斉に桜の木に移ってきたエナガッ子たち。最初はバラバラだった。
DSC00078


だんだん集まってきて...。
DSC00819



DSC01009



DSC01035


8羽まで集まった。もう1羽も近くにいた。
DSC01064



DSC01102


右端の子、桜の茎が気に入ったようで。。
「いい匂いがするんだよ。美味しそうな匂い。」
「へえ。貸してよ。」
DSC01909


「だめ。ボクのだもん。」
ずっと咥えて遊ぶ子。
DSC01912



茎で遊んでる間に本物のごはんが来たのに、気づかず。。。
DSC02013


「あれ、ごはんは?」
DSC02051



「おなかすいたよ〜。」
DSC02081


「ママ、ごはん!!早く。」
DSC02296


「あ~~ん。」
DSC02297



「もっとちょうだい。」
「まあ。困った子。」
DSC02299

という感じかな。(^^)


DSC02307



DSC02325



DSC02405



DSC02572


スヤスヤ。
DSC02839



DSC03326




DSC03508




今日は母のところだったので、時間が足りなくて、桜の木以外のエナガたちは、また次回。(^^;)

初撮りと野鳥マンガ

今年最初のお城へ 初撮りしに寄った。
鳥仲間の人が数人。(皆さん、ありがとうございました。)

三が日は、ハイタカ、オオタカが出ていたとか。

今日水場に最初に降りてきたのは、イカルだった。その後、シメも来た。DSC08715


DSC08783

突然、鳥写真マンガを。m(_ _)m


シロハラとヒヨドリが喧嘩。

「おい。おまえたち、水場で喧嘩なんかやめろ。」
DSC08802


シロハラは逃げていった。
ヒヨドリ「すまん。アイツ態度でかくて腹に据えかねていたんだ。」
DSC08815



「ほんとに最近、シロハラの奴、顔がでかいよな。」(態度と顔を言い間違えるイカル)
DSC08829



「え???シロハラより俺の方が顔がでかい筈なのに...。」
DSC08957

おしまい。(^^;)



シメの飛びも。
DSC09029



メジロもいた。
DSC09067



太陽の広場に移動。
見つけたのは、コゲラのオス。
DSC09493



DSC09500


シロハラ。
DSC09894




モズもいた。
DSC09999



DSC00085



DSC00387


今日は、1時半に母のところへ着いた。
今日は、いつもよりも記憶がしっかりしていて、昨日私が来たことも覚えていてくれた。
フォトブックを見ながら、昔話をした。
4時半頃帰宅。

プリティなキビタン

「小鳥はとっても歌が好き〜〜🎵かーさん呼ぶのも歌で呼ぶ〜〜🎵」という歌もある通り、歌好きな小鳥たち。
 
ある春の日、キビタキのキビタンは、ご機嫌な様子で歌を歌っていた。
「ヒースリー! プリティ?  プリティ?  プリティ?  プリティ? プリティ? セクリテール!」
c1





そこへシジュウカラがやってきた。
「キミ、上手いね。ボクにも教えてよ。」
c2





「いいよ。」キビタンは褒められて嬉しい様子。
c3





「いいかい?まず、ヒースリーと高らかに歌う。言ってごらん。」
c4




「ヒーハー!」
c5




「違う!」
c6




「ヒーハーじゃない!ヒースリーだ。で、その後にプリティ?、プリティ?と ゆっくり尋ねるように5〜6回。プリティは、なるべく多い方がいいよ。最後がセクリテール。わかったか?」
c7








「 ツツピー?、ツツピー?、ツツピー?、ツツピー?、ツツピー?、ジュクジュク。」
c8





「おい!やる気あんのか?プリティだって言っただろ。ツツピーじゃない!!」
c9






「ええっと、ヒーハー! ツピツピー? ツピツピー? ツピツピー? ツピツピー? ツピツピー? ジュクジュク。」
c10




「ぬぬ。。。」キビタンの我慢は限界に…。
c11






「ドス!」
キビタンは怒りにまかせて思い切りキック した。
c12






「何すんだよ。痛いじゃないか!」
c13




飛び去っていくキビタンには、もうシジュウカラの声は届かなかった。
c14





「何がプリティだ? ナルシスト野郎め。」
シジュウカラは、腹いせに、またヤマガラのおやつを盗み食いするのだった。
c15





おしまい。(^^;)

ガラが悪くですみませぬ。

ギャラリー
  • モズ、エナガ、ジョウビタキ
  • モズ、エナガ、ジョウビタキ
  • モズ、エナガ、ジョウビタキ
  • モズ、エナガ、ジョウビタキ
  • モズ、エナガ、ジョウビタキ
  • モズ、エナガ、ジョウビタキ
  • モズ、エナガ、ジョウビタキ
  • モズ、エナガ、ジョウビタキ
  • モズ、エナガ、ジョウビタキ