アンジー走れば爽快

本日は青梅高水山トレイルランの試走に行ってきました。

コースは30kの部のコースを太陽の子風の子広場からスタート。
image


朝(6:20スタート)の青梅ハイキングコースはまだ肌寒く、ウインドブレーカーを着たまま走り出します。

風も結構強かったが、久々のトレイルは気持ちいい!御岳山も良く見えました。
image


所々伐採が進んでいて、違った景観が見れました。
image


榎峠1:05で到着

4段の急登をこなし、常福院1:35到着
image

トイレを済ませ、早速下りトレイルへ。

復路榎峠2:10到着。
3時間切りは難しいな。
image


とここで熊情報が。
image

image

矢倉台ってほぼ青梅市街地の方なわけで。
こんなところまで熊が来ちゃってるんですね。

個人的に高水山トレイルの最大の難所は、復路榎峠から雷電山への急登だと思う。

榎峠からはランナーとのすれ違いも多くなってきた。そのなかで、同じく試走に来ていたsadaさんと遭遇(^^)

5分くらい立ち話し、再度スタート。
高水山、お互い頑張りましょう!

今回は朝食無し、水、クエン酸3g、BCAA6gで走りました。行動中も水だけ。
最後まで走りきれるかと思いきや、ハイキングコースの矢倉台に戻った辺りで流石にエネルギー切れしてしまいました。あとちょっとなのでとりあえず無補給でゴールまで進む。

太陽の子風の子広場に3:24でなんとか到着。(sadaさんとの休憩時間含む)
高水山サブスリーへの道は遠い…。

広場ではトレラン講習会やってました。
ちょっと見てたけど、アルペンスキーの回転競技のような、下半身を回転させるような動き作りの練習をしていました。
image


それにしても今日は高水山の試走なのか、トレイルランナーが多かった。ソロよりは、10~15
人くらいのグループに3組すれ違った。
全体で60人くらいはすれ違ったのでは。

暖かくなって、絶好のトレラン日和でしたね。(^^)

image

image


しかし走ってるときは何でもないのに、走り終わってから物凄く目がかゆくなった(><)花粉症辛い…。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

さてさて、間が空いてしまいましたが小江戸ウルトラのレポの続きへ。


■浄恩寺エイド(51.8km地点)…14:03到着

ここではホイップクリームの乗ったパン、美味しくいただきました。

そして左足の甲、靴ヒモの締め付けで痛くなってきて蹴り出しが辛くなってきました。靴ヒモの位置をずらすことで痛みが無くならないか調節しながらのラン。うーん、我慢の時間だな~。

浄恩寺エイドではメテオデさんに会わなかったので、流石に先に進んだか…と考えてるとコンビニで休憩中のメテオデさんから声をかけられました。飲んでいたコーヒーがうまそうで、思わずコンビニに吸い込まれる。買ったのはコーラでしたが…。

再びメテオデさんに抜かれ、国道254を淡々と進む。周りのメンツは、ほぼ固定されてきました。抜きつ抜かれつ。

次のエイドまでは約20キロ。アップダウンのある、というかほぼアップな区間で、しんどかった。ペースはついにキロ7を越えてきました。
コンビニが点在するので、気分的には楽です。気分転換にフラスクにオレンジジュースを補充してみたり。

「上唐子北」という信号を右折しなくてはエイドにたどり着けないので、信号の度に地図と現在地を照らし合わせて、「まだ曲がらない…ここじゃない…」と、なかなか行程を潰せずにもどかしい区間でもありました。

■唐子エイド(72km)…16:54到着
image

先行するメテオデさんとほぼ同時にエイドへ。
ここではうどん、プリンとコーヒーゼリーをいただくことに。エイドを通過するたびに、食事が豪華になっていくような気がしました(笑)

さて、残りは20kmを切りました。足は痛いけど、進むしかない。
この小江戸大江戸は、スタート時刻が8:00とウルトラマラソンにしては遅めで、しかもまだ日の短い3月なので暗くなってきました。明るいうちにゴールするつもりだったけど甘かったか(^^;)

振り返ると夕日が沈んでいきます…。
image


そして最後は国道254号を川越までひたすら南下します。国道なので街灯いっぱいで明るいだろうと考えていたら、周りは田んぼ・畑などで街灯が全くなく、真っ暗な中を進まなければならなくなりました。

こりゃいかんと、ザックからライトを取り出し、腰に装着して走り出す。

途中、セブンイレブンで最後の水補給。レッドブルも飲んでおきます。同時にコンビニに入った小江戸大江戸ランナーの方は、缶ビールをプシュッとやってました(笑)

しかしレッドブルを飲んだのは失敗でした。コンビニを出た瞬間、急激に寒気が襲ってきました。
油断して冷たいドリンクを飲むんじゃなかった。ホットコーヒーか、スープ等がベターだったと思います。次回への教訓。

■ゴール(蓮馨寺)…19:48到着 スタートから11:48
image


小江戸川越に戻ってきました。ゴールの前にジャケットを脱いで、写真写り良く整えたつもりが、ゴールにオールスポーツおらず、写真撮影なし(笑)
ランナーさんに撮ってもらいました
image


エイドのカップラーメンを頂いて一息ついていると、先にゴールしたと思っていたメテオデさん登場。マックで休憩していたときに追い越した模様で(^^)

その後は協賛のホテル、湯遊ランドで風呂に入り、ホテルの前を通る大江戸ランナーを少し応援しながら、電車に乗り帰宅しました。

小江戸91kmを走り終えて、階段は手すりを使って上り下りしたり、平地でも多少びっこ引く歩きでしたが、ほとんど日常生活に影響はありませんでした。2年前のチャレ富士100km完走後は、2週間まともに歩けなかったのに比べると、丈夫になってきたようです(^^;)

そして小江戸の後に大江戸を走るイメージがわかないと速報記事で書きましたが、小江戸でレースが終了してるからかもしれませんね。大江戸も走るつもりだったら、それはまた考えも違ってきているかもしれないわけで、小江戸大江戸200kmへの興味も少しずつわいてきました。

ところがどっこい、来年度(2018年)のUTMF/STYの申し込み開始が、10月16日とあります。
僕は持ちポイント的に、STYへの申し込みになる見込みです。
小江戸大江戸エントリーは、例年通り10月下旬となることでしょう。ということは、UTMF/STYの抽選結果を待っている間に、小江戸大江戸の申し込みは終わってしまうのではと懸念しています…。

両方エントリーする猛者も当然いそうですけどね(笑)やってみるか?本気か?

まあ半年あるからゆっくり考えるか!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

いやぁ~ウルトラ、楽しかったなぁ~…走ってるときは辛かったのに、早くも記憶が美化されてます。これぞウルトラマラソン。
image



レースレポというか備忘録で。

<装備>
サンバイザー
ファイントラック半袖
アンダーアーマー長袖
ハセツネ完走Tシャツ
ハーフタイツ
patagoniaランニングパンツ
CEPカーフタイツ
ファイテン靴下
靴:ナイキズームスピードライバル

サロモン5lザック
Fエイドキット
モンベルEXライトウインドジャケット
レインウェア(上)
マイカップ(エイドに紙コップありません)

<補給>
どら焼1個
まんじゅう1個
クリームパン小2個
メダリストジェル1個
BCAA粉6g×4個
ソフトフラスク500ml(水)

今回、補給は基本的にエイド頼み、持っても固形の食べ物にして、ジェルは予備で一個だけ。

レース当日、スタート地点の蓮馨寺に向かう。
image

6:40に到着。まだ受付はガラガラ。

受付を済ませて、更衣室で膝にテーピング、コース地図、エイド通過時刻記入表を用意する。

更衣室を出ると、既に準備を済ませたランナーでいっぱいに。
image


メテオデさん、R2さん、応援に来ていたす~さんの旦那さんと合流。
しばらく談笑してるといつのまにかスタート時刻に。

■蓮馨寺8:00スタート

リストバンドをセンサーにタッチさせる計測方式のため、10分ほどロス…と言っても先は長いので、慌てずのんびり待つ。
image


スタート直後は川越市内の小江戸な部分を走る。
image

今回のペースは、どこまでも走れそうなペースを心がけました。あまりペースを落としすぎると逆に疲れそうなので。
image


約13キロ地点の、平成の森公園でトイレを済ませ、ボチボチ暖まってきたのでウインドシェルを脱ぐ。

荒川河川敷に到達。
image

ここらでクリームパンをひとつ頬張りながら走る。
image

image

川幅が日本一の場所。確かに2.5キロも離れていると、対岸の位置がよく見えない…。

■吉見エイド(21.2km地点)…10:24到着
image

エイドに着くと、既にR2さんが到着していました。この数キロはキロ6分ペースだったので、ちょっと速いな~と思いました。
まだ180km近く走らなくてはならないのに(汗)
メテオデさんもやってきました。てっきり、先へ進んでいると思った。

ポテチの塩気がたまらなくうまかった。
次のハセツネはポテチもっていこうかな。

天気最高!
image


少し暑くなってきて、ダルさを感じてきました。まだ30km手前だし、フル一本分までは余裕を持って通過したいと思っていたのですが、前々週の青梅マラソンの疲労が残っていたのかな~?BCAAの粉を飲んで、疲労の軽減を図る。

周りに、友人同士で走ってる方々の会話に聞き耳を立てると、「川の道」やら「スパルタスロン」やら、名だたる超ウルトラレースの単語が聞こえてきました。ザックに「萩往還」のバッジを付けてるランナーもいたり…。
なんかとんでもない人達と走ってるんだなぁと身震いする思い…。
僕はというと、見栄張ってハセツネ完走Tシャツ着てみたけど、まだまだ並のランナーですな。


■手島エイド(32.7km地点)…11:38到着

エイド滞在は約10分。
ちょっと休みすぎかなと思ったけど、足のダルさは変わらず。
河川敷を走っていると、メテオデさんに追い付かれる。メテオデさんを見送ると、前方に雪を被った山がうっすらと見えるのに気づいた。方角は群馬、栃木の山か。
めったに見ない景色なので気分転換になりました。やっぱりトレイルランナーを癒すのは山だ(笑)

河川敷を外れ、農家の横を通る。
畜舎の香ばしい匂いを嗅ぎなから、淡々と進む。
image

この区間、次のエイドまでの距離があるので、補給食(どら焼、まんじゅう)を用意していたのですが、先程の手島エイドで充分補給できてたり、途中私設エイドがあったり(ありがとうございました)、ゆっくり走るのでそれほど腹は減らず、持参の補給食に手をつけることはありませんでした。

深谷市に入って、やっとマクドナルドがありました。(約48km地点)
大会へのマクドナルドの協賛で、コーヒー無料券が参加者に配られます。が、残念ながらコーヒー券を持ってくるのを忘れてきてしまったので、ここでは寄らず。
image


荒川を再度渡って、次なる浄恩寺エイドへ。

続きます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

このページのトップヘ