妹日誌〜3月29日は俊枝の誕生日です。

毎年3月29日には、妹、俊枝(としえ)の
事をここで呟きます。

10代から病気で、仕事も友達と交流する事も
恋愛も、何か好きな事をする事も、遊ぶ事も、
何一つしないで、人生が過ぎて行った妹。

ここ2、3年前からようやくヘルパーさんに
来てもらって散歩に行ったり、私と四国の
叔母の所まで旅行するようになった。

母は病気の妹を外に出したくなかった。
そして決して病気だと認めなかった、、、

何十年も母が殆ど1人で妹の世話をしてきたから
母が元気な時は母の気持ちを通すしか無かった。
皮肉な事だけれど、その母が弱り始めた時
私は色々な公的手続きに動き、妹のヘルパー
さんを探し散歩に連れて行ってもらうようにした。
妹が太陽の光の下を歩けるように、
武庫之荘のような何も無い住宅地でも、
歩けば毎日違う風の流れや、家々の庭に
見える花々や木々の緑から四季を感じ
られるように、街の活気や行き来する
人達の生活も感じられるように、、、

入浴の世話や家事にもヘルパーさんが入り
今実家には父のヘルパーさんと、妹の
ヘルパーさんが3ヶ所の事業所から来ている。
そして週に1度看護師さんが妹の具合を
診に来る。

実家はそんな状態なので、介護関係の人の
出入りが多く、妹の時は私がいるように
しているので、最近私のマンションは、
そこでレッスンする時と、朝早い仕事の
時だけの住まいになっている。

亡くなった母と真逆で、私は自分の家族の
現状をこうやってオープンに出そうとしている。
それは一番は、妹〜俊枝の存在を世間に
知らしめる為で、存在が無い事ほど
悲しい事は無いと思うからだ。

そして私は色々な場所で仕事をしているけれど
家族に何かが起こったら私はそこに向かわ
なくてはならないので、私の現状を知って
もらっていた方がいいと思う事。(と言って
仕事場で一々現状説明はしていないけれど)

親友達や長いレッスン生の人の中には、
私の周りで何かが起こった時、助けてくれたり
応援してくれる人がいるのでこのブログに
書いていると(時々読んでくれているので)
私の現状を理解してもらえる事。
(母が亡くなった時、妹が入院した時、
色々な人達に助けて頂きました。
本当にどうも有難うごさいました!)

これを書いている最中、妹は横で座っています。

俊ちゃん、今夜はお父さんと3人で家で
お誕生日会をしましょうね!
美味しいケーキも買って来るね!

俊ちゃん、お誕生日おめでとう!!
これからどんどん外に出て、沢山の景色を
眺め、色々な体験をしましょうね!!

ボーカルデイズ2017〜ヤマハミュージックアベニューなんば、、、そして私の声のこと

日曜日はヤマハミュージックアベニュー
なんばの発表会、[VOCAL DAYS]でした。

ヤマハなんばセンターとヤマハ御堂筋
センターが合同になり、ヤマハミュージック
アベニューなんばのビルに移ってから
初めてその全てのボーカル講師の
生徒さんが出演したので、13時半から
18時頃までの長い発表会となりました。

発表会では珍しいコンテスト形式に
なっているこの発表会、グランプリ、
準グランプリ他、6つの賞が有りますが
私のクラスのKさんは「フレッシュ賞」を
受賞。初めて参加の発表会をとても
愉しんでいらっしゃいました。Nさん、
Oさん、Kさん、そして梅田の月1
ボイトレクラスのUさん、皆さん、
お疲れ様でしたー!(NさんとOさん2人
の歌は私が後ろでキーボードを弾いて
いたので写真が撮れませんでした。
そしてOさんはいつも早く帰られるので
一緒に写真を撮れなくて残念。次は
早目に集合写真を撮りましょう!笑)

私自身はこの3月の発表会ではいつも
先輩講師さんと3人でコーラス曲に
チャレンジ。先輩講師さん2人は息が
長く続くせいか、私はバラード曲の
白玉音符の声を合わせる事、響きが
下がらないようにする事に必死!
穏やかな歌を歌っていながら私の
横隔膜運動の激しいこと、常に
呼吸コントロールやロングトーンと
格闘状態です(汗)。でもコーラス曲と
取り組む事は本当に勉強になります。
(先輩方々に感謝!アレンジして下さる
S先生、いつも有難うございます!!)

2年前の母の入院から、私の生活は
母、父、妹の世話をする毎日となり、
指導の仕事は別にして「自分の声」や
「自分の歌」の為の時間を取ることが
極端に減りました。何日も声を出さない
日々が続く事も少なく有りませんでした。

それまで数は少ないながらも自分の
オリジナルパフォーマンスやライブを
行ってきたのですが、家族の事に必死
になり、母の病院に毎日行ったり実家
で父や妹の世話、そして実家の家事や
雑務などを先行してしまうと「声を出す
トレーニング」から益々遠くなり、、、
レッスンでは皆に「発声をコツコツ必ず
してね、歌を歌うだけではレベルアップ
出来ないから」と言いながら、自分自身は
それを実行できていませんでした。

その為に声はどんどん出なくなり、
恵まれた声を持っているわけでもなく、
地声と裏声のコントロールにいつも
必死な私はたまに歌う歌に悪戦苦闘。
レッスン生の人達に背中を見せられ
ない状態でした(涙)。

昨年は妹が乳がん手術の為に入院。
元々の病気も有り、私も妹の病室で
寝泊まりする生活を1ヵ月近く送り、
その後落ち着いた昨年秋頃から、
私の気持ちはようやく自分自身の
声を見つめるところに行きました。

まだまだその道半ばなのですが、
今回この地味で難しいコーラスの響きを
練習することで声や歌に真摯に取り組む
大切さを改めて感じさせられました。
そして少し前にTVでバイオリンと
ギターの或る素晴らしい演奏を聴いた
時に、私の中で蓋をしていた「伝えたい」
という思いがムクムクと起こり、、、

それはこのような文章ではなくリアル
な人の視線を感じながら行うそれで、
その為には「声」「身体」「気持ち」の
コンスタントなトレーニングが必須、
(勿論、或る種の才能を持った人は
そのトレーニングが必要ない人も
いますが私は全くその種の人間では
ないので)今の私の父と妹の生活を
抱えながらの日々の中で、どのような
時間バランスでそこに向かうかが、
課題ですが、それはきっと私次第
なのだと思います。

、、、、、

レッスン生の人達の発表会なのに、
自分の話ばかりになってしまいました。
(笑)

昨日も初めての方が1時間のレッスンを
びっしり受けられました。声を出す事は
本当に興味深い世界です。1時間の中で
どんどん変わっていく響きを目の当たりに
する事にはどても達成感を感じます。
自分の事の方が難しいですが、自分自身を
実験台にサボる事無く(根は怠け者
なので。苦笑)、私もレッスン生の人達に
負けないように頑張りたいと思います。

皆さん、お疲れ様でした!
またレッスン、一緒に頑張りましょう♪
(私も頑張ります)

たかが歌、、、されど歌。
やっぱり歌の力は大きい、、、ですね。

2017-03-26-15-22-37 2017-03-26-16-25-02
2017-03-28-01-06-43
2017-03-26-18-41-08



ボーカルデイズ2017〜ヤマハミュージックアベニューなんば ボーカル発表会

明日は四ツ橋に有るヤマハミュージック
アベニューなんば、ボーカル科の発表会です。

基本的には音源を使用して歌いますが、
ギター弾語りなど生演奏の方もいます。
(私もトツトツと1曲キーボードで伴奏します)

私のクラスからは、月2回ボイストレーニング
クラスから男女ペアででコーラスをつけて、
その内の女性の方はソロも。そして他の
スタジオから移られて来られた男性の方が
初出演され、あとは梅田の月1回のボイス
トレー二ングのUさんも出演。

講師もチームを組んで演奏するので、私は
毎年、先輩講師さんと3人でコーラス曲を
歌っていますが、この練習がとっても勉強
になります!難しいコーラスワークは響き
を合わせ、お互いに感じ合い、、、
本当に難しい!!でもコーラスはやっぱり
大好きです。

開場13時、開演13時半。18時頃終演予定です。
この発表会はコンテスト形式になっていて、
最後にはグランプリも発表。いろんな賞も有ります。入場は無料です。

お時間の有る方はお気軽に遊びにお越し下さい。

第2土曜日19時、月1回のボイストレーニングレッスン生大募集!〜梅田ヤマハミュージックセンター

梅田のヤマハミュージックセンター、
月1回のボイストレーニングレッスン生
を追加募集致します

現在、第2土曜日と第4土曜日の19時から
月1回60分のボイストレーニングクラスを
行っていますが、第2土曜日クラスの方が
第4土曜日に移られたり、都合でやめられ
たりして人数が減りましたので、
追加募集致します♪

土曜日月1回ボイストレーニングクラス

★第2土曜日19時〜20時
★60分のグループレッスン
★ヤマハミュージックセンタ=(梅田)
★入会金無し。お月謝3800円(税別)
★講師〜池崎すみよ
★内容〜声を出しやすくする簡単な
ストレッチ・腹式呼吸の呼吸トレーニング・
発声・発音・音程・リズム・簡単なハーモニー

入会金が不要の継続クラスです。
休まれた時、次の第4土曜日クラスでの
振替が可能です。
年に2回ほどのライブに参加できます。
(5月14日に月1回クラスから2名の方が
ミノヤホールでのライブに出演します)

第4土曜日19時からの
月1回ボイストレーニングクラスも
まだ1〜2名入会可能ですが、
第2土曜日19時クラスの方が
少なくなったので、募集致します

初心者の方、11月の発表会の為に
少しずつ発声をされたい方、自分の
ライブの為のトレーニングの方、
個人レッスンをされているけれど、
グループレッスンも受けたい方、、、
などなど、どんな目的の方も大歓迎
です!また、他のスクールに行かれ
ている方もお気軽に受講下さい。

私のクラスのレッスン生の方は、
どのクラスも皆さんフレンドリー、
楽しくレッスンして音楽仲間を
増やされていますので、どなたも
お気軽にご入会下さい

見学は随時行っています。
ご質問は、池崎までお気軽にどうぞ

ヤマハ大人の音楽教室では、他に月3回
の通常クラスに空き時間が有ります。
(木曜日18時〜18時半、20時〜20時半、
30分月3回の個人レッスンです)
ご希望の方はこちらもお気軽にどうぞ!
(1回限り無料体験レッスンできます

皆様のご参加をお待ちしています

皆で思い切り声を出しましょう


image

高校生風景〜卒業

R君、Iちゃん、M君、卒業おめでとう!!

R君は最初は話しかけてもあまり反応が
無く、レッスンでは口数が少なくて、、、
でも3年間どんな時もずっと
私のボイストレーニングに来てくれました。

レッスンを始めたばかりの頃、貴方に
ずばっと怒る私が「彼には新鮮だったん
だと思います」担当M先生の言葉は
今でも頭に残っています。(笑)

日を重ね、レッスンの中での私の言葉や
色んなリハーサル、発表の本番を経験して
貴方は何かを1つずつ感じていきましたね。

あまり言葉が出てこない分、貴方の行動の
1つ1つが逆に思いを伝える術でした。

それはきっと「成長する」「大人になる」
ということなのでしょうね。
ボイストレーニングを受けることを通して
見えたR君の心の成長は、私にとって
「歌」を超えた喜びでもありました。

最後のレッスンではそんな日々の小さな
ストーリーがずっと頭の中に流れていました。

Iちゃんは病気を持っていても、明るくて、
歌が大好きで、殆ど休まずボイトレクラスに
参加していましたね。

家族みんながIちゃんのことを応援していて
お母さんはいつも発表の時、一番前に
座ってじっとIちゃんを見つめていましたよ。
そんなお母さんの横顔を私はそっと
写メしたことが有りました。

「歌が大好き!」、、、その気持ちをずっと
持ち続けて、ずっと歌い続けてね、Iちゃん♪

M君、去年の秋からだから数ヶ月の縁
だったけれど、参加してくれて有難う。

転校してきた事情を聞いた時は、
過酷な体験に胸が痛くなりましたが、
「歌うことが大好きなこと」は
いつも本当に伝わりました。
声が出なくなった最後の発表の時は、
スタッフとして動いてくれて有難う。

1年間頑張ってお金を貯めて、
行きたい専門学校を目指して下さい。
大きな体なのによく体調を崩すから、
身体だけは気をつけてね。

最後のレッスンの最後のお別れは淡々と
していたけれど、実は私はレッスンの
最中、油断したら泣きそうでした。

寂しくなるね、、、、、

でも卒業していくボイトレメンバーの皆に
毎年そう思えることは、とても幸せなこと。

仕事で行っている子供のスクールで、
「皆にとってのベストフレンドを言葉で
聞かせてくれる?」と問いかけた時、
1人の小学生の男の子が、
「僕にとってのベストフレンドは、別れる
時に出会えて良かったと思える友達です」
と答えてくれました。

とても素敵な言葉だなぁと思って、
私の引出しにしまっていましたが、
「出会えて良かった、、、」
皆に対して、心からそう思えました。

3人の一生懸命で素直で純粋な歌声は
何よりも聞く人達にストレートに
伝わりました。

その気持ちをこれからも持ち続けて
欲しいと思います。大人になるにつれ、
とても難しいことかもしれないけれど。

さようならは言わないですよ。
だってほら、伝えたでしょ?
「卒業しても仲良くしよう会」が有るから!
それで去年のメンバーさん達は
学院祭に来てくれたので。(にっこり)

一期一会。人との出会いは何よりも
大切だと私は思っています。歌を通じての
この縁、これからも紡いでいきましょう♪

とにもかくにも、卒業おめでとう!!

皆、それぞれの次の目標に向かって
頑張って下さいね!!
身体だけはくれぐれも気をつけて。
いつも応援しています!!

レッスン生便り〜東京、ミュージカルコースで奮闘中のSちゃんより

2年前に東京の桐朋学園芸術短期
大学ミュージカルコースに入学した
横山沙英ちゃんから、
舞台のお知らせが届きました♪

彼女はお芝居が大好きな女の子で
高校時代は演劇部で活躍!私の
レッスンは3年近く受けていましたが、
発表会のミュージカル企画では歌で
出演するだけではなく、いつもMCを
担当、1週間しか覚える期間が無い
時でも「台詞覚えるのは早いんです」
と、本当に1週間で覚えて、
しっかり本番を迎えていました。

素直で感性豊かな彼女は、発表会で
色々な歌を聴いては素敵な感想を
伝えてくれました。プラスの発見をしたり
感動する心を沢山持っている彼女は、
表現者としてとても魅力的なものを
持っています。大学受験の歌もとても
頑張っていていい結果が出たようです。

大学に入っても夏休みごとに「レッスン
を受けたい」と連絡をくれましたが、
一昨年は母が心肺停止でいつ亡くなるか
わからない時でレッスンできず、
(あの時は御免なさいね!)、
でも昨年はしっかりレッスンして、大学の
様子も色々と聞かせてもらいました♪

「演劇が大好きで大好きでたまらない!」
どんな時もその思いが溢れて出ている
沙映画ちゃん!

そんな頑張っている沙英ちゃんからの
舞台のお知らせなので、東京ですが、
ブログやFBをご覧下さっている方々の
中には関東圏の方もいらっしゃるので、
お知らせさせて頂きます。

レミゼやミスサイゴンなどの
東宝ミュージカルに出演されている方も
出演されるそうです。

興味の有る方は是非、ご覧下さい!

★平成28年度調布市せんがわ劇場
地域連携事業
桐朋学園芸術短期大学
演劇専攻創設50周年記念 
ミュージカルコース10周年
「Entertainment Show Song & Dance」

演出:信太美奈
公演日程:2017年3月23日〜27日

創設50周年・ミュージカルコース設立
10周年を迎える桐朋学園芸術短期大学。
多方面で活躍する卒業生と桐朋で俳優
育成に携わった講師陣をゲストに迎えて
お届けする歌とダンスの
エンターテイメントショー♪

ミュージカルの名曲と華麗なダンスを
心ゆくまでお楽しみ下さい!

【出演者】
平野藍丸(39期卒)
金田絵美理(39期卒)
平井千尋(40期卒)
松村沙瑛子(41期卒)
山崎穂波(43期卒)
喜多野章太郎(46期卒)
小島彰浩(46期卒)
大川健斗(47期卒)
加藤木風舞(47期卒)
佐伯春彦(47期卒)
松本征樹(48期)
追林留梨子(48期)
勝山優(49期)

【(50期)2017年3月卒業予定】 
池田紫陽/上杉颯/氏家洸 /遠藤真結子 /
大石直人/小坂部耀佑/加藤きらり/
上之薗花奈/坂井好 高津木乃美/
田中麻鈴/茶谷力輝/中路わかな/
成田怜美/西岡隆太/平野智大/
藤川航 /松山莉奈/望月肇 /野仲萌里/
横山沙英/渡邉宇蘭/渡邉貴裕/他

[GUEST]
信太美奈 酒井麻也子 バーバラ村田
吉川恭子片山千穂

[MUSIC]
須藤信一郎(ピアノ) 数井塁(ドラム)

[STAFF]
演出 信太美奈
振付 酒井麻也子/宮河愛一郎/片山千穂
舞台監督 笠原真志
照明 エルブス・ベルント [BESS (株)]
音響 佐久間功
稽古ピアノ 森本夏生
制作 藤田ゆみ

主催:桐朋学園芸術短期大学
共催:調布市(調布市せんがわ劇場
地域の芸術文化ネットワーク創造事業)

【公演日時】
3月23日(木)14:00開演
3月23日(木)19:00開演
3月24日(金)14:00開演
3月24日(金)19:00開演
3月25日(土)14:00開演
3月25日(土)19:00開演
3月26日(日)14:00開演
3月26日(日)19:00開演
3月27日(月)14:00開演

整理券配布は開演60分前
開場は開演の30分前
(整理券は当日先着順で配布します)

【会場】
せんがわ劇場
(京王線仙川駅より徒歩4分)

【チケット料金】
前売り・当日¥3,500
(日時指定・全席自由)

【ご予約方法】
お申込みは予約専用フォーム
またはFAXにて承ります。
予約閉切:3月18日午後12:00

[予約専用フォーム]:
https://www.quartet-online.net/ticket/toho50songanddance

ご予約完了メールをお送りしますので
ご希望の方はdrama-p@toho.ac.jp
からのメールを受信できるよう
ご設定下さい。

[FAX]:03-3300-4253
1、お名前
2、日時
3、枚数
4、電話番号
をご記入の上お申し込みください。
(FAXでお申込みの場合は、予約完了の
お知らせはしておりません。ご希望の
日時が満席の場合のみご連絡致します)

【お問合せ】
桐朋学園芸術短期大学演劇研究室
03-3300-3917(平日10:00〜16:00)

桐朋学園芸術短期大学
HP http://www.toho.ac.jp/college/

【劇場アクセス】
【電車】
京王線仙川駅より徒歩4分

京王線新宿駅または京王新線新宿駅
より仙川駅まで約20分
区間急行、快速、各駅停車が停まります
(特急、準特急、急行は停車しません。)

【バス】
「仙川」バス停(甲州街道北側)より徒歩8分:
吉祥寺駅より小田急バス吉03系統
三鷹駅より小田急バス鷹54系統
「仙川駅」バス停より徒歩5分:
井の頭線三鷹台駅より小田急バス仙01系統
調布市コミュニティバス

「仙川駅入り口」バス停(桐朋学園横)
より徒歩5分:
成城学園前駅北口より小田急バス
成04、成05系統

【車・自転車・バイク】
一般用駐車場はございません。
車で来場の際には近隣の駐車場を
ご利用ください。



3月11日

祈り。

IKEZAKI MUSIC CARNIVAL vol.13 子供ユニット始動!そして色々思うこと♪

自宅レッスン生、6歳Sちゃん7歳Kちゃん
の2人でユニットを組んで今年11月19日の
発表会に出演という子供ユニット企画を
2人のお母様にお話、実行の運びとなり、
ここでひとりごと。

すると、Kちゃんがオーディションに受かり
昨年出演したミュージカルに出演していた
1つ年上のMちゃんのお母様がこのブログを
読み、ユニットに参加希望されている旨を
Kちゃんのお母様からお聞きしてMちゃんも
参加する運びとなりました。然も偶然な
ことにMちゃんは武庫之荘在住。不思議な
縁ができました!

GW明けてから月1回位のペースでレッスン
することになりましたが、実は今日はその
3組の顔合わせランチ会とのことで、
準備は着々と進んでいきそうです。

3人共歌をしっかり歌えるので、どんな
ユニットになるか楽しみです!ハーモニー
がつけられるかは、チャレンジしてみて
からのお楽しみ♪ 3人用の譜面を書いて
振付けしてしっかり仕上げて(既に衣装の
提案も出ています。これも見せる大きな
要素ですね!)

さぁ、3組の顔合わせはどんな感じになる
でしょうか?仲良く、そして相乗して
レベルアップしてもらえると嬉しいですね!

大人向け、レミゼラブル、ワンデイモア
企画もやりたい!という方が少しずつ
現れているので、人数が集まれば、子供
企画と並行して5月か6月から始めたいと
思います。

昨年から今年にかけて、レッスンと自分の
確実なトレーニングをコツコツ続けて、
三線コンテストで優勝した村上創さんや、
タワーレコードからCDを出して3月は
2枚目のアルバム発売に伴う全国7ヶ所
ライブを行う坂口有望ちゃんなど、
(最近TVの真夜中の音楽番組で2回彼女の
紹介に遭遇♪ 本人も見ていない放送を
なぜかいつも偶然目にしている私です。笑)
趣味プロ活動を問わず結果を出している
人が何人も出てきて嬉しい限りです!

また新たに小学生の2人組さんや、地元の
大人の方々がれッスンを始められているので
11月の発表会は昨年同様、新しい顔が
増えそうな予感。嬉しい限りです。

ボイストレーニングは自己練習が大事で、
母の入院から始まった家族の介護や世話に
終われ自分の声を出していなかった私は、
頑張っているレッスン生の人達のパワーを
頂き、それを自分自身で実践しなくてはと
何とか時間を捻出中。

発表会ラストの私が作ったオリジナル
コーラス曲も発表の方法も少し変える事を
考えています。これまでの「できるだけ
全員で」というものから「ぜひやりたい!
いいパフォーマンスとしてやりたい!」
と思う方々で組み、ソロなども入れる事も
思案中です。(もう無理に誘うのはやめます
。笑)

複数での演奏は出演者同士のコミュニケーション
がとても大事!お互いを感じ合えれば、
とてもいいパフォーマンスに繋がります!

これからのIKEZAKI VOCAL & MUSIC
STUDIOは、趣味だからとかプロ目指して
いるから、という事に関係無く全体的に
レベルアップさせていきたいという思いが
私には有り、またそういうスタジオになれば
そういう思いの方が集まると思うので、
これからそこを目指していきたいと思います。

さて、今日の子供ユニット初顔合わせは
どんな感じになるのでしょうか?
音楽を通じてのせっかくのご縁、仲良く
なって素敵な歌仲間になれればいいですね!

「歌は私の心の友だち〜♪」





父日誌〜退院

ご心配して頂きました皆様、
入院していた父が今日の午後、
退院できることになりました。

ただ退院しても人によってはすぐに
また同じ症状になり、その度に再入院
になる方もいらっしゃるそうで、完全に
胆石を取るには手術しか方法は無い
そうですが、父に手術する体力が有るか
どうかがわからないので、、、というのが
主治医の先生のお話でした。

とにもかくにも退院です。
その後のことは、また起こった時に
考えることにして、、、

仕事も忙しく、今年になって妹にヘルパー
さんや看護士さんを来て頂く日数が
増えたので、そのやり取りなどでも
バタバタしています。
ある仕事場では急なイベントの案が
出ました。(成立てば素晴らしいのですが)

それに、、、確定申告です!普段なら
とっくに行っている申告がいまだに
出来ていません。あーーー!(涙)

さてさて今日も午前、午後、夕方、夜と、
4ヶ所で雑務に仕事に動きます。

でも忙しいのはいい事です。
今日も頑張ります。

ということで、久しぶりにこれを!(笑)


働くすみよは 今日もゆく







子供風景〜彼ら、彼女らと私

仕事に行っている子供達のスクールの年に
1回の発表会が終わった。

この発表会の歌の練習は3〜4回しか無い。
その中で休んだりすると回数はもっと減る。
3歳から中学生までの子供達、リズムの
有る曲の場合、私は歌振りもつけるので、
それを人前で発表出来るように持って
いくのはなかなか大変だ。(でも皆とても
頑張っていた)

そして今回は幾つかのクラスで、ソロを
歌うクラスオーディションを行った。
そのオーディションを意識して、それぞれ
頑張り、ソロが歌える歌えないの悲喜
こもごものドラマが有り、これまでクラス
オーディションはしたことが無かったので
私にとって各クラスのドラマはそれぞれ、
忘れられないものになった。

毎回出席していたのに、全然参加して
いなかった人がオーディションの時に
現れ、自分の歌いたいところに決まり
涙した人。それを「そういう世界だから」
と慰める人。いつも頑張っていたのに
オーディションの時に限り声の調子が
悪かった人、寡黙ながら私の言葉を
信じてくれて黙々と練習し、心打つ歌を
発せられるようになった人。その場で
求められる事に何度も応じられなくて、
涙目になっていて、、、でも次に結果を
出した人。そんな人達の懸命さを久しぶり
に来た時垣間見て、これまでと違う何かを
少し感じた人、自分の壁を本当は自分で
わかっているけれど、その為にはある種の
「自信」が必要な人(それには私を含め、
周りの大人達の力がいると思う)、、、

このクラスは感受性の強い子供達ばかり。
曲を歌い終わると、「ヤバッ、泣きそう」
とメッセージの強いその歌詞やメロディー
にストレートに反応する声が聞こえたり、
それぞれが言葉を感じてキーボードの前に
座っている私の方に向かって歌った時に
伝わるものが本当に素晴らしくて、
思わず涙が出てしまったほどだ。
「先生泣いてるっ!先生の泣いているとこ
初めて見た!」(恥ずかしいけれど、この時
の歌と皆の一生懸命さは素晴らしかった!)

嬉しそうにそう言っていた彼は、とても
いい声と感性を持っているけれど、
少しの事でソロになった時にもう1歩の
思い切りが出せなくて、私はそこを乗り
越えて欲しいとずっと願い続けている。

本番後、その中の一人の男の子が
「上手くいかなかった」と私に伝えた。
確かにリズムが音楽と少しずれてしまった
ところが有ったり、ソロも普段の力が
出せなかったところも有るだろう。
でもその結果をどう感じて次にどうするか
が大事なのだ。

別のクラスでは1人の男の子にかなりの
ソロを渡した。舞台経験は豊富だけれど
呼吸や発声の基本が出来ていなくて喉を
絞りながら歌っていた彼と(そのままでは
喉を痛めてしまう可能性が有り、それは
私の責任になると思うのでレッスンでは
とにかくそこに拘った)私の間にも幾つかの
過程が有ったと思う。初めて発表会でソロ
で歌ってどう感じたか今度聞きたいな。
そして自分の素晴らしい歌声の可能性に
もっと賭けて欲しいな、、、

このクラスで自分の声が嫌でプロスクール
なのに、昔は歌う事を拒んで泣いていた
女の子は目を見張るほど変わった。歌う事
が好きになった。積極的になった。初めて
出た発表会、私は彼女がダンスも演技も
伸び伸びと演じている姿を眩しく眺めた。

「歌う」それを客席から見て「素晴らしい」
と思わせる技術と表現の両面を上手く
出す事は簡単な事ではない。練習不足、
上手くいったりいなかったりするままで
本番の板の上に乗る、感情が入り過ぎて
リズムが先走ってしまう、、、色んな原因
が有り、利発な子供達は何が原因かを
自分で感じている筈だから、悔しさをバネ
に次のレッスンに向かっていって欲しいと
思う。

趣味の方達の発表会ではここまで
言われないけれど、このスクールは皆、
オーディションに受かりたい、仕事を
したい、、、と来ている人ばかりだから
(現実に随分沢山の子供達がプロ子役
タレントだ)現場の厳しさを思うと、
はっきり提示した方がいいと思っている。

ただ今回小学高学年以上の課題曲は
歌詞のメッセージを伝えられないと、
歌にならないものだったから、まるで
棒読みのような歌を歌うクラスでは、
「もう1回歌詞を皆で読み直してみよう」
本番間際までそんな作業をした。

のんびりして次のレッスンに結果を出して
来ないクラスには体当たりでぶつかった。
「普段私がどんな気持ちでレッスンをして
いるかも感じられない皆が歌の中だけで
この歌詞を伝えられるのかしら?」
爆弾とも思えるこんな言葉を私はレッスン
で出していた、、、そして皆は本番で
その言葉に答えを出してくれた。
(当日欠席者が出て2人だけで歌った
男の子達もよく頑張ったね!)

発表会にはここでひとりごとした事の
有る昨年スクールをやめた男の子が
お母さんとと一緒に見に来ていた。
私が最後に彼にメッセージを書いた
メモ書きを今でも貼っているとお母さん
に伝えられて何だか嬉しかった。
(S君、音楽は絶対続けて貴方のデリケート
な感性をどんどん広げて下さいね!)

〜言うがやすし行うが難し〜

こんな風に偉そうに皆の事を書いている
けれど、皆が気持ちを伝える歌を歌って
いる姿に感動しながら、今私自身は
自分のステージ活動をしていないので、
こんな事を書して皆に伝えながら、
自分にも言い聞かせている。私はもっと
ちゃんとしなくちゃね!家族の事を
言い訳にしていたら、何も出来ないから。

フリースクールのように何かを抱えたり
色んな事情の有る子供達がいるスクール
と、このスクールは相反する世界だ。
世の中には私の妹のように何も出来ない
人間もいれば、母が生きている時にお願い
していた介護タクシーの方の30代の
お嬢さんのように6歳からずっと病院で
過ごしている人もいる。プロスクールの
子供達は家族に応援してもらいながら
やりたい事を思い切り出来る恵まれた
環境の子供達だ。

昔大阪府のワークショップの仕事で行った
支援学校の子供達は、病気なのだけれど
心は健常者の子供達より健康だった。

今日のひとりごとは超長文になってしまい
ました。自分が発したい何かを出す場所
が今ここしか無いからかもしれません。
そしてぶつかってきた子供達の歌の
メッセージがストレートに伝わってきた
感動のせいもあるかもしれません。

こんな長文の私の気持ちの整理のブログ
を読んで下さっている皆様、どうも有難う
ございます。

今回、これまであまり色の無い糸の
クラスだった子供達との間に、少し
色がついてきたような、、、彼ら彼女らとの
間のほんの僅かな部分だけれど、一緒に
乗れる船の一部分が少し出来たような
、、、そんな感覚になったから、こんなに長く
ひとりごとし続けているのかもしれません。
(私だけの一方的なものかも?!爆)

発表会のそれぞれの人についてまだまだ
書きたい事は沢山有りますが、皆、次の
レッスンでいっぱいお話しましょう。
皆がどう感じたかもいっぱい聞きたいな。

皆、そしてご父兄の皆様、大変お疲れ様
でした!!

皆、また次に向かって行きましょうね♪







Archives
QRコード
QRコード