まずはこちらをご覧下さい。



ニコニコ動画ではお馴染み、人類滅亡シリーズの元動画ですね。イチローの本気の返球で人類が滅亡するという
シミュレーション動画。BGMにドリフの「盆回り」を流すことで人々の心に希望の火を灯すことができたってアレです。
で、何を血迷ったか、バンブラDXで人類滅亡ネタをやってしまったのでした。それがこちら。



どういうことかというと、まあ人類滅亡動画のBGMを私が打ち込んだ「盆回り」に差し替えただけの代物なんですが。
作る曲が決まらず悩んでいたとき、「たまにはネタに走っちゃえー」というノリで誕生した動画でございます。
この動画のタイトルを”【バンブラDX】8時だヨ!全員集合より「盆回り」”にするかどうかかなり迷いました。

「ネタに走った」とはありますが、曲のほうはちゃんと作り込んでいる…つもりです。
しかしこの曲、意外と楽器数が多いんですね。私自身ドリフ世代じゃないのでこの番組は特番で数回観たぐらいなんですが、
そこで観た感じこの番組のBGMってどうやらビッグバンド編成で演奏されてるみたいなんです(違ってたらすみません)。
基本的にビッグバンドはアルトサックス、テナーサックス、バリトンサックス、トランペット、トロンボーン、ピアノ、ドラム、
ギター、ベースという編成で演奏されます(曲により+αもある)。この時点で楽器数多いんですが、よく聴くとこの曲、マリンバっぽい
音も聴こえるんですよね…。こうなるとどの楽器を入れてどの楽器を削るかで悩むわけで。特にトランペットとトロンボーンは
和音を入れる関係でパート数を食ってしまうわけです。結局色々考えた結果、下記の編成になりました。トランペットは
和音入力で1パートに収めました。ヨッシーアイランドエンディング並に楽器選びに悩まされた。

さてこの曲で一番苦心したのは…ズバリアルトサックス。サックスのトリルを表現しようと16分音符をひたすら
打ち込んでいたのですが、ものすごい違和感があるんですよ。滑らかさに欠けていて。で、苦肉の策として
音色調整機能でビブラートかけまくってトリルっぽさを出してみました。


うん、こっちの方が自然だわ。

ではお約束の難易度を…。あ、表中の数字は☆の数(10がもっとも難しい)です。

パート名

ビギ
ナー

アマ

プロ

マス
ター

トランペット

5

8

9

9

マリンバ

5

8

9

9

アルトサックス

1

2

3

4

トロンボーン1

3

5

7

8

トロンボーン2

3

5

7

8

E・ピアノ

2

3

3

3

チューバ

1

2

6

6

ガクダンセット

2

3

4

4


アルトサックスマスターモード初見プレイで90点台後半余裕でした。
いや本当にあれは楽ですよ。伸ばしてるだけだから。逆にトランペットとマリンバは連打が出来ないとどうにもなりません。
そしていざやろうとすると指とボタンを破壊して…ダメだこりゃ。