謎の村雨城とは1986年に任天堂から発売されたアクションアドベンチャーゲーム。まあゼルダの伝説のような感じです。
江戸時代が舞台なだけに和風な世界観が特徴ですね。BGMも和風っぽいです。

…といっても私自身このゲームをプレイしたことはなく、今回アレンジした道中面BGMもスマブラXで知ったわけですが。
で、今回思いつきでこの曲を激し〜くアレンジしてみました。今まで私が作ったアレンジ曲は静かめなのが多かったんですね。
で、たまには激しい曲も作ってみたかったと。しかし激しい系のアレンジは初めて、作ってみたら原曲が大いに破壊されていた。



曲調が和風なので、一応メインに三味線を持ってきています。エレキギター(に限らず洋楽器)と和楽器の組み合わせは
一度でいいからやってみたかった要素です。和洋折衷の不思議な響きをお楽しみいただければ、と思います。
実際意外とかみ合っているのではないかと思います。

さて曲本体のほうですが、今までのアレンジ曲以上に好き放題やっています。ドラムなんかもうガンガン鳴らしまくりですね。
リズムがこんな感じで良いのか少し疑問ですが、まあそれっぽくなってると思いたい。本当に激しいです。特に中盤はものすごいです。
メロディがどんどんあさっての方向にアレンジされています。ドラムも最高潮な感じです。まさに原曲破壊。
しかしこのアレンジで一番好きな部分はここだったりする。

で、こんなに激しいと難易度も激しくなるわけで。もう全体から無理ゲー臭漂いまくりです。
表中の数字は☆の数(10がもっとも難しい)です。

テンポ:175bpm(最初は150bpm)

パート名

ビギ
ナー

アマ

プロ

マス
ター

シャミセン

4

6

8

9

スラップベース

3

6

8

9

OD・ギター1

4

6

8

8

OD・ギター2

3

5

7

8

OD・ギター3

4

6

8

9

シャクハチ

4

5

7

9

ロックドラム

5

8

9

10


動画の中ではシャミセンの楽譜を流しているんですが、正直あれで☆9はありえない。どうみても☆10に相当すると思います。
しかしこの中でもっともヤバイのはロックドラム。特にマスターは人間じゃ演奏不可能かと。そして困ったことにアマとプロは
自動演奏でも100点を出せません。アマはGOOD、プロに至ってはBAD出しまくりです。なんという楽譜を作ってしまったんだ…