2013年03月14日

ハーフ・デイズ [DVD]ハーフ・デイズ
今年22本目の映画もTSUTAYAのタダ券で。
実はこの間借りたのに観れなかった映画。

ジョセフ・ゴードン=レヴィットが出てるから借りました。

この映画はカッチリと決められたシナリオがあるわけじゃなく、
かなり自然体で撮影されていったそう。

テーマは「不可解」とのことですが、始まりがかなり不可解。笑
どこかで何か種明かしとか始まりに繋がるものが解明されるのかな?
と思いながら見続けました。
ストーリー的にはどこかで観たことあるもので、
どちらを選ぶかでそこからの人生が変わるというお話。
私は好きな映画『スライディングドア』で初めて体験した展開だと思う。
こちらはGreenとYellowという色分けがされて、
同時進行で別々の人生が展開されます。
色分けされているからごちゃごちゃにならなくて済むし、
それぞれの身に付けるアイテムや周りのカラーを見てると素敵。
ちょっと面白い。
Yellowの時に2人の後ろに写ってる町の景色の一部が黄色だったりして。
どちらを選ぶかというのが偶然ではなくコインで決めるというのが不可解の始まり。
コインでの結果は偶然だけれど、なんでそんなことが出来るの?出来たの?
片方は犯罪に巻き込まれてスリリングな一日。
片方は家族の問題にどっぷり浸かる一日。
同じ日を過ごしているから別の場所から同じ場所を見ていたり。
そして、一日経ってそれぞれが進む道は?

そんな映画でした。
観ている途中はハラハラドキドキワクワク。
観終わってみると、まぁまぁです。笑

summer_fragrance at 13:01コメント(0)トラックバック(0)映画・DVD 
幸せパズル [DVD]幸せパズル
今年21本目の映画。
タダ券でTSUTAYAで借りました。

予告を観たことがあって、
イメージしていたものがあったのだけれど、
ちょっと期待を裏切られちゃったというか。。
もっと、なんか、純粋なものを期待していたので。

いや、もちろん彼女の気持ちも彼の気持ちも純粋だと思うし、
そういうのを描いているのだと思うのだけれど、そうじゃなくて。。
ということでちょっとがっかり。
なんというか、平凡で家族のためにだけに費やす日々に嫌気が差してた奥様が、
夢中になるものを見つけて、生きがいを感じて、そこで知り合った人といい仲になって、
表向きにはいつものお母さんなんだけど、フフフ〜みたいな感じ?
ただ、エンドロールへの入り方がおしゃれでした。
終わり方は、えっ終わり?という感じだったけれど。
「自分」を見つけて「自由」を感じた女性の強さみたいなものを感じました。

summer_fragrance at 12:58コメント(0)トラックバック(0)映画・DVD 

2013年02月27日

パール・ハーバー 特別版 [DVD]パール・ハーバー
今年20本目の映画もhuluで。そして、ベン・アフレック。
戦争・友情・恋愛映画。
不謹慎なのは重々承知ですが、戦争映画が好き。
死と隣り合わせで生きるというときの、
人々の、それぞれの生き様に、何かグッと惹き付けられる。
戦闘シーンはほぼ顔を覆って観たり(指の隙間からね)、
ワァッと声を上げちゃったりするので(お家ではね)、
堂々と出来るお家で観るのは安心。
でも、大画面での迫力と臨場感は外せない。

誰もが知っている真珠湾攻撃。
でも、そのときの様子はよく知らないんじゃないかな。
映画とかで観ていれば別だけれど。

戦争のために準備をしているけれど、本当に闘うことがあるなんて思えない若者。
暖かいハワイで、まるでリゾートに遊びに来ているかのように過ごす毎日。

水面下でこっそりとじっくりと距離を縮めて迫っている日本軍。
突然の襲撃。完全破壊。

始め、戦闘機で目的地に向かう日本軍の兵士が、
そのたくさんの飛行機に目を奪われている野球少年たちに「逃げろ!」って言ったのが印象的。

あぁ、人を殺すんじゃなくて、目的地の破壊なんだなと思って、
もちろん良いことじゃないけど、その中でも救いを感じた。

…のだけれど、容赦なかった。

もっと他のこのときの映画を観たいと思った。
日本の視点でも色々あるだろうし、他の国の目も色々あるだろうし。

昨年、ハワイに行った。
人々はとても温かくて優しくて快適だった。
こういうことがあったのに…と思うと何と言っていいかわからない。
事実をちゃんと知った上で、ずっとずっと平和にお互いを愛せるようになりたい。

穏やかな終わり方だったけど、心がぞわぞわして眠りが心配だなぁ。

『ARGO』と『偶然の恋人』とこれとを観て思ったのは、
ベン・アフレックは超幸運の持ち主。笑

あと、この映画での日本人が、日本軍が、なんだかオカシイのですが、
こんなだったのでせうか。

summer_fragrance at 02:21コメント(0)トラックバック(0)映画・DVD 

2013年02月26日

偶然の恋人 2枚組スペシャルエディション [DVD]偶然の恋人
今年19本目の映画もhuluで。
アカデミー賞作品賞を『アルゴ』が取りましたが、
だからベン・アフレックを選んだわけではなく、
タイトルにちなんだわけでもありませんが、偶然です。

約12年前の映画なのですが、
ベン・アフレックが若いなぁ〜。

そして、これもまた、いい役してます。
惚れちゃいます。

グウィネス・パルトロウが可愛いです。素敵。
あと、息子2人がめちゃくちゃ可愛いです。

原題が「BOUNCE」というのは、どういう意味なのだろう?
分かる人がいたら教えてください。

きっかけというか、そこからネタバレになってしまうので言いませんが、
ベン・アフレックがふと出会った人との間でまさかなことになって、
そして出会ったグウィネス・パルトロウと恋に落ちるわけです。
(全然分からないですね。でも、その辺りの展開は分かりやすい感じです。)

「くっついたり離れたりを繰り返しているこのカップルが、別れた状態のときに撮影されたという本作。(Amazonより)」だそうです!
知らなかった!!もう一回観ようかな。笑

純粋にラブストーリーが観たいと思ったときにおすすめ。

summer_fragrance at 02:08コメント(0)トラックバック(0)映画・DVD 

2013年02月16日

アンブレイカブル [DVD]アンブレイカブル
今年18本目の映画。huluで。
地元の芸術系男子推薦だったので、観ました。
これは!!面白かった!!
ブルース・ウィリス、カッコイイ!!!
他でも多分カッコイイって観たことあるかもしれないけど、
これはかなりいい。
超かっこいいお父さんです。最高です。

ワイン飲みながら観て、観終わった後なのでテンション高いです。
ネタバレしそうなので、ご注意を。
もう、ここまで読んだらおしまいにして、観た方がいいです。

もっともっと、なんか人体に変ないわく付きなのかと思った。
もっと不純な(?)何かがあるんだと思った。
違った。すごく純粋にヒーローだった。

変に解明されない所もいいのかもしれない。
ヒーローはヒーローなんだ。

最近は色んな背景を描きすぎてるのかもしれない。
理由はなくてもいいじゃないか。

でも、無理しないでねって、ハラハラした。
疲れちゃうよって止めたりした。テレビに向かって。笑(ワイン飲んでるから)

こんなヒーローが甘えてくれるような奥さんに心底惚れました。
私もそんな女性になりたいです。

※追記※
最後、ちょっとドキッとしました。
イライジャ...

あと、奥さんみたいな女性になりたいって言ったけど、
あんなヒーローに守られたい!っていう女子的な考えよりも、
あんなヒーローになりたい!っていう考えを持ってしまうから、
よくないのかなーと思ったりしました。

summer_fragrance at 20:19コメント(0)トラックバック(0)映画・DVD 

2013年02月13日

あなたが寝てる間に… [DVD]あなたが寝てる間に…
今年17本目の映画も、huluで。
サンドラ・ブロック懐かしい。
始めのうちは彼女の彫りの深さから、
マイコー!って感じで見えちゃうけど。笑
だんだんだんだん可愛く見えてくる。
そのうち、とっても可愛く見えてくる。っていうか、可愛い。
幼い頃に母親を亡くし、父親も…

孤独感じる日々。
駅で働く彼女は、その駅を利用するイケメン(私のタイプじゃない)に恋をして、
彼との将来を夢見たりして過ごしてる。
その彼が線路の上に突き落とされて助けたことから始まるドタバタラブコメ。
展開は分かりやすいような気がするけれど、それでいい。
彼(どの「彼」かは観てください)との時間がとってもいい。
彼女が彼の家族を愛してるという表情が、空気が、とってもいい。
賑やかでちょっとうるさいくらいだけれど愛情深い家族がとってもいい。
クリスマスシーズンのお話なので、クリスマスにのんびり観るのもいいな。
Jr.のキャラもなかなかいい。

summer_fragrance at 00:04コメント(0)トラックバック(0)映画・DVD 

2013年02月12日

ツレがうつになりまして。 スタンダード・エディション [DVD]ツレがうつになりまして。
今年16本目の映画。huluで。

うつ。ウツ。鬱。
誰にでもということではないけど、いつなるか分からない病気。
自分じゃなくても周りの人がいつなるか分からない。
ツレほどあからさまに几帳面で真面目…だと分かりやすいけど、
周りにはそう見えないけど鬱の人もいるんだろうなと思う。

晴子(妻/宮あおい)が素晴らしい。
もともとの性格もあるだろうけれど、あんな大らかな妻になりたい。
旦那を支えて自分もつぶれない強さを持ちたい。

「その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」

結婚式のこの誓いを誓える人と一緒になりたいなと思いました。

鬱がテーマだけれど、全体的にほのぼのムードで、
すんなりと心に入ってくる感じがしました。

そして、いい夫婦だなって温かい気持ちになりました。
つきあっているカップル、夫婦で観るといいんじゃないかなー。

summer_fragrance at 01:25コメント(0)トラックバック(0)映画・DVD 

2013年02月07日

Midnight in Paris [DVD]Midnight in Paris
今年15本目の映画。
映画館で観たかった映画。
映画館で観れなかったから、
レンタル開始したらすぐ借りたかった映画。
でもいつもレンタル中だった映画。

やっと観れました!!

そして、興奮。
やっぱり映画館で観たかった。
もし叶うなら、次は、ガラガラのレイトショーでワインを飲みながら観たい。
それで映画館を出たら雨上がりの湿った街を散歩したい。
出来れば夏。

完全に世界に入っちゃうと思う。
古いプジョーの車を待っちゃうと思う。

昔の芸術、文学が好きな人はものすごくワクワクすると思う。
小さい頃からダリが好きな私は、ダリキターーー!!!って叫ぶ位だったし、
ダリの飲んでたワインが何か知りたくて画面越しに覗き込もうとしたしw
まさかあらゆる有名人がこんなに友好的なわけが無いし、
こんなに一同に集まるわけが無いのだけれど、でもそれもまた夢のような話。

パリに行きたい。
夏のパリの夜に散歩がしたい。

もうひとつ別の、現実的面では、
重要な部分の価値観が一緒じゃないとダメだねという話。
これから結婚するというのに、主人公とフィアンセは価値観が違い過ぎる。
彼が彼女のことを好きで好きでこれまで続いていたのだろうけれど、
見ていて苦しい。不快。
でも、こういうことも世の中にはあるのかなぁ、あるんだろうなぁ、
こういう夫婦いるんだろうなぁ、、とも思った。

でも通じ合える出会いがあって良かった。
それはそれで奇跡。

途中でフランスワインをテイスティングしていたりしたけど、
どんなワインを飲んでいたのか知りたかった。

きっと細部にわたって色んな仕掛け(隠しアイテム的なもの?)がある気がする。
DVDが欲しい。
シーンごとに止めてじっくりと観たい。

summer_fragrance at 01:05コメント(0)トラックバック(0)映画・DVD 
ふたりのパラダイス [DVD]ふたりのパラダイス
今年14本目の映画。
ジェニファー・アニストンが好きなんです。
あの困ったように笑う笑顔が好きなんです。
可愛い。

しかし、この映画はとんでもない映画でした。
表のジャケットしか観ないで借りた私が悪いのですが、
裏を観ていれば何か心構えが出来たのかもしれませんが。

DVD始まってすぐの画面(言語選択画面)におでぶな全裸の男性が…
ラブコメディでパラダイスってどんなかなーなんて思ってたから、
それはそれは突然の衝撃。
でも映画の中で全裸は何度も出てきますので、慣れると思います。笑

都会で新生活♪を始めたばかりの二人が挫折、
彼の兄の家でお世話になることになったけど兄が最悪、
途中で出会ったヒッピーコミュニティに入れてもらってそこはパラダイス…?

兄が本当に最悪。これは観るに堪え難い。
ヒッピーコミュニティのリーダーが最悪。

全体的にハチャメチャ。
酷いとかじゃなくて、とんでもないものを観た!といった感想。
最後はなんかHappyにまとまったけど。笑

そろそろジェニファー・アニストン卒業かな〜。

summer_fragrance at 01:03コメント(0)トラックバック(0)映画・DVD 
indexted公式サイト
今年13本目の映画は、いま話題の「ted」。
友達がいない少年の強い願いが星に届いて、
くまのぬいぐるみに命が宿るお話。

予告で皆知ってると思うけど、
そのまま2人とも大人になるという所が新しい。
tedのどうしようも無さと言ったら…失笑してしまう感じ。
tedは自分を貫いてるからいいのだけれど(いいのか?w)、
ジョン(主人公)はtedの存在に安心しきって、
tedの生活に引きずられまくって残念な男に…。
ただ、愛とか優しさとか楽しさを持っている夢のある大人?!
ということで憎めないのは確か。
ちょっと愛しく思ったりもする。

しかし…
葉っぱと映画から始まる朝というのはいかがなものか。
アメリカではそれが普通なの?

ザ・アメリカンコメディって、
笑える笑えないに関わらずとにかくシモネタばかりで、
小学生か!!っていうようなことも多くて、
ほんとのほんとにバカだなーという印象が強く、
自分勝手ひとりよがり相手を巻き込んでガンガンいく!というのに、
うんざりすることが多いのだけれど、
これは一応「成長ストーリー」だから良かったとしようか。笑
あ、シモネタばかりだけども。
途中のあるシーンではキュンとしたしね。

とにかくジョンの彼女が素晴らしい。
可愛い、美しい、器が大きい。
彼女がいなかったらこの映画は成り立たない。

軽く楽しんで観るにはいいと思います。
笑うためには誰かと一緒がいいかと。

あと、かなり映画ネタで笑いをとってくるので、
有名な映画を知っていた方が笑えると思います。
有名人も出てきます。
ノラ・ジョーンズのくだりはビックリした。笑

ということで、既に今年は13本観たわけですが、まだ3つしか書いてないという体たらく。
ただやっぱり観たものはなるべく早く書いたほうがいいなと思って先に書きました。
鉄は熱いうちに打て!! ?

summer_fragrance at 01:02コメント(0)トラックバック(0)映画・DVD 
コクリコ坂から [DVD]コクリコ坂から
今年12本目の映画。目黒シネマの2本立てにて。
気を取り直して、次の一本。
先ほどの親子はいなくなったのでホッとしました。
後ろにバリッバリお菓子を食べる娘がおりましたが。

この映画も思っていたよりも…だったかな。
もう、映画を楽しめるコンディションじゃなかったのかも。

この時代の姿を描いたものは好きです。
商店街とか街並みとか看板とか、アイテムひとつひとつが。
酷くタバコの煙にまみれたように映し出される都会の風景も。
人々(若者)の熱さも。

太平洋戦争が終わって18年ということは、うちの両親は14歳。
この時代を知っているんだ!!羨ましい!!
どちらも和歌山と北海道という遠い土地にいたのだけれど。
その時代をそっと覗いてみたいなとよく思います。

summer_fragrance at 00:49コメント(0)トラックバック(0)映画・DVD 
おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)おおかみこどもの雨と雪
今年11本目の映画。目黒シネマの2本立てにて。
前評価が良すぎたからか、
周りの客が酷すぎたからか、
あまり感情移入出来ず、残念。
目黒シネマは大好きな映画館なのですが、
この日は酷かった。
日曜日にアニメだったからかな。。

オオカミと人間のハーフとして生まれた子供は、
オオカミとして生きるか、人間として生きるのか。
親はどうやって育てれば良いのか、どう向き合うか。
ただ変わらないのは子供に対する愛情。
すごく感動した、泣いたという人は、
自分が「親」という立場の人だった気がします。
私にはまだそれが足りないからなのかな。

でも…

途中から入って来て、私の前を通って隣に座った父息子。
幼い息子が「こわいー」って何度も言ったり、
立ち上がったりお父さんによじ上って抱きついたりしてるのに、
そのまま放置している父親。
息子が「トイレ」って言ってるのにひとりで行かせて、
トイレの場所が分からなくて、
何度も戻って来て「分からない」って言ってるのに、
「向こう!」って指差してひとりで行かす父親。

これが原因なんじゃないかしら。最悪でした。
子供がうるさいとかじゃないんです。
怖がって観たくないって言ってるじゃないかと。出てあげなよ。
トイレに行きたい、場所が分からないって心細そうじゃない、行きなよ。
そればかり頭に思ってしまって。

映画と違うこと、しかも愚痴を書いてしまいましたが、、
親の身勝手で周りに迷惑をかけてる人が最近多いなと思ったのでつい。
失礼しました。

summer_fragrance at 00:40コメント(0)トラックバック(0)映画・DVD 
風が強く吹いている [DVD]風が強く吹いている
今年10本目の映画。
毎年楽しみにしている箱根駅伝をお正月に見て、
1月19日(土)には実際に5区を走りに行って、
気分は箱根駅伝一色!!!!!
5区を走ったその夜にこの映画で締めくくりました。
超青春。最高。
出来過ぎくんな所もありますが、そこは気にしない。
ひとつの目標に向かって、だんだん心がひとつになって、
皆でそれぞれを認め合って一生懸命やり抜く。
そういうの、大好きです。
カケルの走る姿が、本当の選手なのじゃないかと思いました。
彼らは皆、相当走り込んだそうです。
小出くんの温かさ大きさはストンと落ちるなぁ。
早く来年の箱根駅伝が観たくて仕方ありません。

summer_fragrance at 00:28コメント(0)トラックバック(0)映画・DVD 
それでも、愛してる [DVD]それでも、愛してる
今年9本目の映画。
原題は『THE BEAVER』。
これまた邦題とは全く違う。

鬱病になってしまった玩具会社の男性が、
ビーバーの人形を手にしたことで復活し、
ビーバーが彼のパートナーとなり常に生活を共にする。
ビーバーが彼の人生を取り戻して、再び幸せに…幸せに…?

ジョディ・フォスターが久しぶりに観たかったのと、
なんとなくビーバーだからコメディ調なのかなと思ったのとで、
気楽な気分で観始めました。

が、なかなか深刻な映画でした。
ビーバーだ!わーい!!っていう感じで観ない方が良いかと。

自分自身、頼るものがないと不安な時期があったので(ビーバーではないです)、
彼の苦悩と決断には心がグッとなりました。

ハッピーエンドではありますが、辛いシーンがあるので覚悟を。
家族のあり方も考えさせられる映画でした。

summer_fragrance at 00:18コメント(0)トラックバック(0)映画・DVD 
クレアモントホテル [DVD]クレアモントホテル
今年8本目の映画。
お上品なおばあちゃんがとあるホテルに長期滞在する。
期待していた待遇・設備とはかけ離れた、
古くて狭くて料理やワインがまずいホテル。
多くの人が、ちょっと変わった年配の長期滞在者たちで、
それはちょっとした共同生活所。
(…どこかで観たことのあるような設定だな。)
ホテルにかかってくる電話は全部自分以外の誰か宛て。
彼女は孫に会うと皆に言ってしまって、皆も孫からの電話を待ちわびる。
でも電話はこない。困った。
ちょっと外出したときに、ちょっとしたきっかけで知り合った若い男性。

彼、素敵です。
とっても素敵です。
でも画像検索してみたら、
この映画のが一番素敵だったので感情移入もあると思いますが。

あ、話を戻します。
その彼を孫だと紹介してしまうというお話。
(…どこかで観たことのあるような設定かな。)

おばあちゃんがとっても可愛い。素敵。
小説家だというその彼がとっても素敵。優しい。

心穏やかに観て、あたたかい気持ちに包まれる映画でした。

summer_fragrance at 00:03コメント(2)トラックバック(0)映画・DVD 
Infomation
本は、1人の作家につき10冊以上読んだら、その人のカテゴリを作成していきたいと思います!!
その他の本は↓こちらで。
本/読書/書店

おことわり
衛生上良くないと思われるブログからのコメントやトラックバックは削除させていただきます。ご了承ください。
勝手に使わせて頂いている画像多数です。「ダメ」でしたらすぐに外しますので、コメントに書き込みお願いします。
でも、商用目的じゃないから許して。。

記事検索
過去のブログ(月別)
  • ライブドアブログ