就職活動終了

  • author: summerbluelight
  • 2007年06月30日

約半年にわたってやってきた就職活動を終えることにしました。

25日に最終面接を受けた企業からは26日に内定通知をいただき、22日に最終面接を受けた企業から不採用の通知をいただきました。

選考が残っている企業と照らし合わせた結果、26日に内定通知をいただいた会社の内定を受諾することにしました。

昨日筆記試験合格&1次面接のお知らせの電話をいただいた企業はその場で選考を辞退しました。

月曜には7月に1次面接がある企業にも選考辞退の電話をして、完全に終了します。

なかなか決まらなくて落ち込む日々が続きましたが、得たものが多かったので頑張った甲斐がありました。

この半年間で精神的に強くなったと思います。

今後は残り少ない学生生活を満喫しつつ、卒論制作に力を尽くします!!

応援して下さった皆様本当にありがとうございました!!

博物館&美術館巡りアフターレポート

  • author: summerbluelight
  • 2007年06月29日

a99cc8a2.jpg
21972690.jpg
今回で博物館&美術館巡りアフターレポート最終回です。

ラストは6/22の三井記念美術館『拓本の世界』です。
この展覧会は東京国立博物館、三井記念美術館、書道美術館3館所蔵善本碑帖展で、三井記念美術館は“中国五千年 漢字の姿”をコンセプトとしていました。
拓本とは、石や木、金属などに刻まれた文字や文様の凹凸部分に紙を押しあて、上から墨をつけて写しとったものです。コインの上に紙を乗せ、その上から鉛筆でこすって数字や紋様を浮かび上がらせるのと同じです。(『拓本の世界』のチラシの説明文をほぼ抜粋しました。)
石碑ゆ拓にとったものや名筆を石や木に刻んで拓にとったものを「碑帖」といい、中国には素晴らしい碑帖がたくさんあります。
展示作品の中には文字が非常に綺麗なものもありました。
上の写真はチラシの表、下の写真はチラシの裏です。
石碑が壊されて拓本のみ残っているものもあり、拓本の存在は重要だと思いました。

3館すべて7/1まで開催されています。

博物館&美術館巡りアフターレポート

  • author: summerbluelight
  • 2007年06月28日

2309cddb.jpg
35f294ee.jpg
今回は6/9の古代オリエント博物館(池袋サンシャインシティ文化会館7階)『ほほえみの考古学展』です。
これは、アルカイク・スマイルこそ文化の出発点であり、多神教的な世界こそ現代に必要なのではないか?という考えから、関連作品を展示するという内容でした。
アルカイク・スマイルとは、ギリシアのアルカイク期(紀元前600〜480年頃)の彫刻に特徴的な表情で、その印象的な微笑みはヘレニズムを通して仏教美術に取り入れられ、東南アジアや中国、日本にも取り入れられました。

日本では埴輪などで取り入れられていました。

微笑みは古代から大切にされてきたんだなと思いました。

この展覧会の後にサンシャイン60にものぼり、屋外展望台から素晴らしい眺めを楽しみました(^o^)(下の写真参照)屋内ではテレビ望遠鏡(200円)を使って、ズーム最大にしたら、東京ディズニーシーが見え、タワテラやプロメテウス火山にハイテンションになりました(笑)

東京の景色を楽しむことができたのでよかったです♪

博物館&美術館巡りアフターレポート

  • author: summerbluelight
  • 2007年06月27日

e1de3b17.jpg
7de7a96f.jpg
今回は6/9の東京国立博物館『レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像』です。
これは第一会場(本館)に「受胎告知」、第二会場(平成館)に幾何学や重心などの学問に関する展示と分けられていました。
上の写真は「受胎告知」です。「受胎告知」を観るために40分待ちました。もうディズニーでアトラクションを待つのと同じようなものでした(^_^;)
でも待った甲斐はありました。指や布のしわなど、こと細かく描かれていました。この作品のための習作を見ると、彼の鋭い観察力が伝わってきます。
下の写真は図録の幾何学的原理に基づく人体の紹介ページです。ウィトルウィウス的人体図を見て「ダ・ヴィンチ・コード」を思い出しました(笑)頭は身長の8分の1など、面白いことの発見の連続で楽しかったです。

ただ、残念な光景も見ました。館内で携帯電話で電話をしたり、展示物に勝手に触ったりと迷惑行為がありました。館内では携帯電話使用は禁止、展示物に触れるのは許可された物以外は禁止なので、守りましょう!!

博物館&美術館巡りアフターレポート

  • author: summerbluelight
  • 2007年06月26日

df4ca2f9.jpg
dcd78478.jpg
blogを放置している間に博物館&美術館を4ヶ所回りました。
そこで、今回から4回に渡って博物館&美術館巡りアフターレポートを更新します。


まず最初は6/9 国立科学博物館(上野)の『花 FLOWER-太古の花から青いバラまで-』です。
これは花の誕生とその進化から新種の花まで、様々な花の世界を楽しむ展覧会でした。
おしべやめしべなど、小学校時代に戻った気分でした。
上の写真はメコノプシスです。メコノプシスはヒマラヤ山脈を中心に標高3000〜5000mを越える高山帯に生息している花で、空の青のように綺麗な青で見とれました。(この展覧会は一部写真OKでした。)
下の写真は世界で唯一の青色色素をもつカーネーションです。(こちらは写真撮影不可だったのでポストカードです。)花言葉は「永遠の幸福」。素敵な言葉ですね。現代はここまで科学が進歩したのかと思うと驚きですね。

素敵な花をたくさん見ることができて良かったです。今は自然破壊が進んでいますが、花がいつまでも咲き続くことができるように、自然を守っていきたいと思いました。

ご報告☆

  • author: summerbluelight
  • 2007年06月26日

お久しぶりです。長い間blogを放置してしまって申し訳ありません(>_<)

本日1社内定をいただきました。就活がなかなか上手くいかなくて落ち込む日々が続いていましたが、なんとか内定をいただけたので、今ホッとしています。

ただ、まだ選考が終わっていない会社があるので、就活自体はまだ続きます。でも今日内定をいただけたことで、自信がつきました!これからもこの調子で頑張ります!!

応援ありがとうございます。

Happy Birthday Donald!!

  • author: summerbluelight
  • 2007年06月09日

a9c9845a.jpg
601569cc.jpg
本日はドナルドの誕生日です☆

ドナルド、お誕生おめでとう♪

周りを賑やかにするドナルドが大好きです☆

今日はデイジーから素敵なプレゼントを貰い、喜んでいるのでしょうね(^o^)

これからもハチャメチャな活躍を期待しています☆

できればドナルドとデイジー主役のイベントをやってほしいな〜。

ランドは「ドナルドのスーパースプラッシュ」(2002年夏開催)のようなハチャメチャ水系で、シーは「ミニーのナットクラッカー」(2005年ハーバーサイド・クリスマス)のようなロマンチックなショーがいいですね(^o^)

Happy Birthday!! TERU

  • author: summerbluelight
  • 2007年06月08日

b3c7bc69.jpgまず最初にお久しぶりです。更新が途絶えてしまって申し訳ありません。
まだ就活は続きますが、今後ともよろしくお願いします。


では本題に入ります☆


本日6月8日は私が大好きなバンドGLAYのボーカルTERUさんの誕生日です♪

お誕生おめでとうございます!!今年で36歳だなんて…月日がたつのは早いです。

少しハスキーなんだけど、響きある歌声で魅了させるTERUさん!あなたの歌声にいつも元気付けられ、癒されます(^o^)

普段はとっっても天然で、数々のTERU語録を生み出しているTERUさんが可愛いです☆

「今日は最後のファイナルだ!」とか「静かな静寂」とか「緊張したら手のひらに米、米、米…」とか…(笑)

これからも天真爛漫で、素敵な歌声を披露して下さい♪あと、お体を大切にして下さい☆

5/27(日)のランドのお土産

  • author: summerbluelight
  • 2007年06月02日

472367ee.jpg写真はカリブの海賊コスをしたミッキー、ミニー、プルートです。
ミッキーは海賊です!去年のハロウィンを思い出します(笑)カッコイイですね(^o^)
ミニーは貴婦人です。赤いドレスがとってもよく似合っています。優雅に歩く姿を見てみたいです。
プルートは鍵を持っています。牢に入れられている悪人が骨で誘惑しても、引っかかることはないでしょうね☆

5/27(日)のランドのお土産

  • author: summerbluelight
  • 2007年06月01日

4e8c9938.jpg写真は5/27(日)のランドで買ってきたフリフリのぬいぐるみです☆
ミッキーとミニーは衣装に少し煌めきができました!
スティッチは鳥に変装しています(笑)
エンジェルはキュートで気に入りました☆
チップとデールはペンキがあちこち付いています☆いたずらしまくったのでしょうね(笑)
スパーキーは触角をにょきにょきしていて可愛いです。

ページトップに戻る▲