ティアラ展(3)

  • author: summerbluelight
  • 2007年02月28日

0301270d.jpg写真は1830年頃にパリで作られた餐宴のティアラです。
初めて観た時は、アメシストの大きさ、輝きに圧倒されました☆透き通るような紫に見とれました。
ワインカラーをしたアメシストとダイヤモンドのブドウの葉のデザインが酒宴を楽しみと暗喩となっているそうです。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲