どうも、お久しぶりです。森夏彦です。

いや、昨日、7月15日が25歳の誕生日だったんですよ。

あれじゃないですか、どの国でもそうだと思うんですけど




誕生日の人=最強 




の方程式あるじゃないですか。


某夢の国ーランドに行くと、誕生日の人に対してすれ違ったありとあらゆるキャストさんが

「おめでとうございます!」

って言ってくれるらしいし。マジでホスピタリティー高杉晋作。





大体さ、誕生日の日って友達から祝ってもらって、サプライズで「ワーー!」ってなったり、それはそれは微笑ましくて、それはそれはハピネスな光景が見られるますよね!!












いや、なんか俺、昨日の誕生日なんも予定なかったんですよ。









空けておいたんですけどね。

いやいや、まぁ、皆が気を使って誘ってきてくれないことはわかるんですよ?いくら能天気とは言えさすがに気付いています。

「あいつ、どうせ遊び誘われてんだろうな!」とか思ってくれたんでしょうな!えぇ!!





あるじゃないですか


「モデルさんくらいになると、もはやナンパされない」みたいな論理。


あれよ!(なぁ、そうだよな?そうだと言ってくr)







前日のスタジオ終わり


「明日予定無いんだよね」


って言ったら、諸石が哀れな捨て猫を見るような目をして


「可哀相だな。」


と一言だけ言ったのですが、あれも俺に気を遣っていたんだろうな。ん?どういう意味だ?







ということで、1人で誕生日を楽しむことにしました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



まずは午後一で吉祥寺に向かう。半袖短パン麦わら帽手ぶらという虫取り少年スタイルだ。

ここで、原宿には行かない。

遊び慣れた近くの街を巡るのが、漢の嗜みってものだ。




決して、原宿での時間の潰し方を知らないわけではない。(あらぬ方向を見つめながら)






最近は映画が豊作なので映画館へ。



すると、最近公開した「バケモノの子」がやっている。



何を隠そう、僕は「細田守シンドローム」なので、もうそれは絶対観ようと思っていたのだ!ワーイ!!


 そして、ふと値段表を見ると誕生日月の人対象の割引「バースデープライス」的なものがある。ヤッタネ!!




カウンターでドヤ顔で免許証を差し出し、誕生日であることを告げる。(今思えば、誕生日と言う必要はなかった、、)



確認してくれた売り子さんからの


「え、この人、まさか誕生日当日に一人で観にきたの?うわぁ、、、」という意味を含んだ「お一人様でよろしいですか?」に対しても、最強なので顔色一つ変えずに「えぇ。」と応える。



その自信に満ちた態度は有無を言わさぬ説得力があったに違いないと、俺は今でも信じ続けている。


 


程よく時間が空いているので昼食を取ることにした。 




大好きなカレーかラーメンかどちらにしようか考え抜いた結果











テラスのあるお洒落なカフェレストランを目指す事にした。 










これがいわゆるコペルニクス的展開というやつか。


普段は1人でそういう場所にはなかなか行かないのだが、最強だから行けるはずという算段だ。





目指すは井の頭公園内に君臨する「ペパーミントカフェ」というタイ料理カフェ。



いつも混みまくっていて入れない強敵である。その佇まいは「アジアの壁」として恐れられた元サッカー日本代表・井原正巳を彷彿とさせる。


でも、今日は平日だから入れるはず。少し緊張するが最強だから大丈夫だ。 




 と、店が見え始めの頃に早速行列が見えた。

激混みだ!




やばい!!このままだと負けちまう!!!




しかし、心配はいらない。

とっさの判断で「戦地に赴く戦士の顔」から「ちょっと公園を散歩して、『いっつも混んでるよなぁここ』という風に見守る近所の人の顔」に切り替えた。



やはり、今日の俺はなにかが違う。なんせキレがある。






別に入ろうとは全くしてませんよ的な余裕を持って店の前を颯爽と通り過ぎ、別ルートで街に戻る。




さて、どうしようかと考えたところ、このカフェの姉妹店が近くにあったな。と思い入店。

こちらは地下にあるため楽勝でクリア。 相手にすらならない。

早速ハイネケンを頼んだとき、隣の吉祥寺マダムにチラ見されたが、最強だから余裕だ。






 うだるような暑さだったので一杯目のハイネケンはさぞかし美味いんだろうな、、、しかもエクストラコールドだし。 やっぱビールは喉越しだよな、、、あの感覚、たまんねぇんだよなぁ。しかもエクストラコールドだし















と、まさかの一口目で水をIN!!!!




















いや、俺の喉越しーーーーーーー!!!!!!!!!! 泣








これは、一回ギャグを言ったときに「え?聞こえなかったからもう一回言って。」って言われたときの、あの感覚に近いものがあるのではないか。もう最初のキレはないよ、、オッカサン、、、




哀しみの中ビールをいただき、でもやっぱり美味かったので大丈夫。今日はなんだか切り替えが早い。これも誕生日だからだろう。


 パッタイを頂き、さらにビールを2杯飲んだところで映画館へ向かう。




いやはや「バケモノの子」はとても素晴らしかった。 


1、2回から6、7回は泣きました。内容については書きませんので、これは劇場で観てもらいたいものです。 


一つ問題があるとすれば、 隣の人の日傘が倒れて僕の膝に当たったとき「テュウェイッス!!」みたいな出した事のない声を出してしまったことだけです。不可抗力怖っッッッ!!!






外に出ると燦々の太陽が僕を迎え入れてくれます。まぶしーー!!いやー良い天気で良かった!





 気分も良いし、心も浄化されたので、スタバでも行って帰ろう。

 



今、サラッと言いましたが、スタバに1人で行くのは初めてです。マジかよ!!





列に並んでいる間にボードのメニューを見る。



いつもチャイを頼むのだが、アイスも可能なのか書いていない。いやん!



不安なのですかさずiPhoneで「スタバ チャイ アイス」と検索。あるらしい。

アリなみの危機管理能力を発揮し、スムーズにオーダーすることに成功。




それにしても、今時の「すぐ検索する文化」はすごい便利だけどハプニング というものを生みにくくしている気がする。それが良いのか悪いのかわからないけれど、現代人の人格形成には関わってくるんじゃないかな。俺は大賛成だけど。




受け取るときに呼ばれていることに気付かず少しドタバタしてしまったが、なんてことはない。高校生に全力で腹パンされる程度の痛みでしかない。




テラス席に座り、おもむろにポケットから文庫本を取り出す。

この「ポケットから本を出す瞬間」に命を掛けて行動したわけだが、周りは気付いていないらしい。おかしいぞ。



僕は食べたり飲んだりするのが異常に早いので、滞在時間は10分弱で終了。うん、スマート。






いやいや、あんたねぇ!下町の立ち食いもつ焼き屋では、これが「粋」ってことになってるんですよ。

さっと食べて、さっと飲んで、さっと帰る。読書なんてもってのほか!!


なに?!それとは話が違うだろって?!










ごめん!!!!泣






ということで、居酒屋紹介いこうかなと思ったんですけど、思ったより前置き長くてアレなのであっさり断念します!


これからはより(内容も)ライトな感じで更新頻度あげてこうかなと思ってるんで、よろしくお願いします。


今回も居酒屋紹介がなく、いよいよブログ名が名前負けの粧いをしてきましたが、次こそは居酒屋を。


今年もがんばりまっす!チャオ!!