国道沿いにある道の駅の喫茶コーナーでウエイトレスをしました。
車で通える近所で夏休みの単発バイトとしてちょうどよかったのです。

販売コーナーの一角にある喫茶コーナーなので、席数も8席と少なく、メニューも少なめで、
仕事は比較的難しくないものでした。

喫茶コーナーには担当社員さんが一人いて、彼女が調理や珈琲を淹れたり、などの作業を担当し、私は接客や皿洗い、調理補助などが主な仕事でした。

道の駅なので朝のうちはお客が少なく、暇な時間帯です。

昼前ごろからお客の数が増え、夕方前ぐらいまでが最も忙しかったです。

喫茶なので軽い食べ物やデザートが中心で、コーンにのせるアイスクリームなどが人気でした。

夏休みを利用したバスツアーなどの観光バスが到着すると、最も忙しい状態になります。

一気にお客が押し寄せるので、急いで処理しなければならないのです。
バスの発車時間があるためお客も焦っていて、そういう時はとんでもなく慌ただしくなります。

アイスコーヒーやジュースの売れ行きもよくなるため、
製氷機の氷が追いつかなくなることが、まれにですが、ありました。