2012年07月25日

公平さ


私はどうも、
「公平」さを求めすぎるらしい。


公平さを求めるがために、少しでも不公平だと
どうも納得がいかない。

ずっと前に、同じようにノルマを与えられたのに
期限ぎりぎりまでにやらなかった人が、
結局人の手助けを受けていることに
納得がいかなかった、と書いたことがある。
手伝ってあげたいとは思う。
でも、それとは別に
サボったら得してしまうという不公平さが
どうも納得がいかなかった。


夫婦共働きだとしよう。

私の「公平さ」の考え的には、
同じように同じ時間に出て、同じ時間に帰ってくるなら
家事も子育ても、二人で同じようにやるべきだと思う。
でも、同じ時間なんてことはないから、
早く帰ってきた方が、
ちょこっと多めにやるとかして調整するのが当然だと思ってしまうんですよね。
そういう時間や、給与で、全ての調節をはかって、
公平に分担、共有するのが正しいと考えてしまうので、
そうじゃないと、なんでかなぁと思ってしまう。


でも、家事は家のことだから、
結婚したら女がやったほうがいい的な考えも持ち合わせてたりする。
旦那のためにやってあげたいとも思う。
最初の例の手伝ってあげたいと思う気持ちと同じ。


だから、多分、怒るに怒れないんじゃないかな。
不公平さは感じるけれど、
相手の疲れている状況も理解できるし、やってあげたいとも思うし。
多分、自分が疲れていることなんかは後回しにしちゃうな。

で。
またあとで不公平さを感じてそう・・・。
ま、公平じゃないことを相手が理解してくれたら、
あっという間に妥協できそうだけど。



ちなみに、ここまで書くと、
家事なんかは手伝ってもらうもんだみたいに聞こえるかもしれないが、
私の考えだと、
働いていない人は全部やって当然だという考えも持っていたりする。
また、それはそれで、女性からも文句が出そうだが、
当然、そう考えてしまう私としては、休暇で家にいるときは、
働いていない自分がやるのが当然だと思っていた。


と、ここまで書いて思いました。
私の中の、生活していく上でのバロメーターは
「仕事」みたいです。
仕事をしてるか、してないか。


ま、どうであれ。

要は、小さなころは
公平に接することができていいね、と褒められたこともあるが、
公平さを求めすぎると、
公平じゃないことを許さない厳しい面も持っている
という、めんどくい感じなんだなと最近思うのです。



sumomo310 at 15:36│Comments(0)TrackBack(0) 日々思うこと 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔