2005年12月07日

1リットルの涙 【つながっているから】

 転校したことによって、亜也との接点がなくなった以上、中途半端な気持ちでは一緒にいられない遙斗の気持ちがよく描かれていた回でした。
 遙斗のお父さん、息子を心配するあまり、ひどいことでも言うんじゃないかと思ってましたが、さすが医者、そしてさすが父親。事実を分かった上で、遙斗にどれだけの決意があるのか考えさせる、そういう言葉を言ってくれました。
 「どれだけの覚悟があって、あの子と関わっているんだ」
 「今が楽しいからそれでいい。そんな自分勝手な考えでは済まないんだ」

 遙斗は、父親の言葉に対して反発したりはせず、しっかりと受け止め、亜也と水族館へ行く約束をしました。寄宿舎まで迎えに行って亜也に会った時の、今まで見たことないくらいの笑顔がかわいかったです(^^ゞだけど、そこで、明日美に会いました。明らかに障害が出ているのがわかる彼女。笑顔で答えたものの、亜也と同じ病気だと聞き、一瞬戸惑いの表情を浮かべましたね。そして、水族館帰りの雨・・・。
 遙斗は「すみません」と何回も繰り返して、自らの考えを反省している感じでした。。。なんか、すごくいい男ですね、遙斗は。高校生にして、自分の責任と言うものをちゃんと分かっている。だから、その責任を果たせなかったことにたいして、何を口ごたえすることなく、謝るのみ・・・
 そして、あの電話。かなりきっついですねぇ〜。「聞こえにくい」という言葉さえも、亜也にはきつくて、そして、それでまた傷つけてしまったかと「大丈夫だから」という遙斗。。なんか、その後の亜也の言葉に何も言うことができない遙斗に、またつらくなりました。

 だけど、その後、妹の亜湖の言葉に立ち上がりましたよね〜。ってか、亜湖、すごく心のあったかい子ですよね。亜也ねぇのために自分が何ができるか考えて、亜也の夢をかなえてあげようと決める。最後の「できることがあるのに、ぼーっとしているなんて、そんなの私、絶対嫌だから」という言葉は、すごく良かった

 そして、走りだす遙斗。遙斗なりの「できること」は「今を一緒に生きる」こと、でしたね。高校生だし、結婚とか、そんなことは絶対に言えないし、言われても、は?って感じだから、「今の気持ちなら、100%嘘が無いって、自信持って言える」という言葉はすごく良かったと思います。そして「昔みたいにいかなくても、そういう気持ちでつながっているから、住む世界が違うとは思わない」・・・このつながっている、というのが、全てを超越した気持ちって感じで強さを感じました。
 そして、告白のあとのハニカミ笑いは素敵でした♪

 難しいですよね、どういう風に関わったらいいのか、っていうのは。特に、亜也みたいに進行性の病気だと、先は不幸な結末かもしれない。だけど、遙斗は1番いい方法を選んだのかもしれませんね。先のことなんか分からない。自分がつらくなることもあるかもしれない。でも、「何もしないでぼ〜っとはしれいられない」。

 これからまたつらいことが起こるでしょう。受け入れる気持ちがある遙斗でも、実際に見たら戸惑うこともあるでしょう。そして、動かなくなった自分の姿を見られたくない、と亜也も思うでしょう。つらい結末が待っています。でも、どれだけつらい結末となっても、最後までしっかり見届けなければ、絶対いけないドラマだと、思います。

このレビューがいいなと思った方は押してくださると嬉しいです♪  TV Drama★Ranking

お知らせ

 FULL OF LOVE、2度目の「ドラマ流行語大賞」を開催します!2005年に放送されたドラマの中で、心に残ったセリフ、何故だか耳に残ったセリフ、なんだこりゃっ!と思ったセリフ、など、まぁ、つまりは、色々な意味で記憶に残っているセリフたちを、投票してください。

 投票は こちらです 

お知らせ

 もうそろそろ、ドラマアカデミーも開催しますよ〜〜。何に投票するか、決めておいてくださいね〜

 <おすすめ商品>
『交渉人 真下正義 スタンダード・エディション』 12/17
  ☆12/10放送の「逃亡者木島丈一郎」の元となる作品です。
『電車男 スタンダード・エディション』 12/9
『フライ,ダディ,フライ』12/9
『亡国のイージス』 発売中



sumomo310 at 16:19│Comments(0)TrackBack(4)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

4. 1リットルの涙 9  [ 思い立ったが吉日 ]   2005年12月13日 14:32
『今を生きる』 今の重みを感じる話。 私の中で「今」というのはその先の「未来」に当然繋がっているものであり、だからこそ踏ん張って頑張れたり、落ち込んだりするものだ。 一人の力で何でも出来るとは思わないが、自分の努力次第で叶う可能性は大きい。 何かを手に入れ...
3. 1リットルの涙第九話「今を生きる」  [ 私でもいいですか?新館 ]   2005年12月09日 18:38
「これが電動の車いすです。じゃあ、早速練習始めようか。」 「はい。」亜也(沢尻エリカ)の表情は硬かった。それを見つめる母・潮香(薬師丸ひろ子)。 電動車いすを操作する亜也??
2. 1リットルの涙 〜第9回〜  [ いわぴいのドラマ日記 ]   2005年12月07日 21:19
 自分の伝えたい言葉が伝えられないもどかしさと言うのは一体どんな気分なんでしょうか?いま、こうしてパソコンに向かいながら自分の頭でつむぎ出した言葉を文字として皆さんに伝えられることがものすごく幸福なことに思えてきます。それは、もちろん読んでくださる皆さ...
1. 1リットルの涙 8点↓ 9話  [ レパードタイガーのドラマ理論(上級) ]   2005年12月07日 21:05
 言語障害になると話すことを恐れる。そうなると話せるのに話さなくなり、悪い方向に進んでいくんですが、遥斗が亜也のことが本当に好きだから覚悟を決めてどんなに遅く話しても、それによって電話にやり取りできなくても、遥斗は亜也のところまで行って聞く。それにより...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔