ごめんね青春<〜6>信長協奏曲 最終回

2014年11月18日

信長協奏曲<〜6>

 ども。面白いなと思ってみているすももです。


 結構面白いと思ってみています。毎週楽しみ。ぎりぎりのラインで史実に沿って進んでいて、たとえば藤吉郎や明智光秀など、こういう設定のキャラクターにしてどう進むんだろう、というわくわく感がある。

 初回は、柳楽くんの好演もあって結構見入りました。が、まだまだどういうドラマなのかはっきりしませんでしたが、2回目からコメディ要素が強くなって、楽しんでみればいいんだな、と分かりました。脇の人たちのキャラクターがはっきりしてるので、結構おバカな感じの勝家とか結構好きです。そう思うと恒興は結構普通のキャラクター。ま、みんなバタバタしてては、サブロー信長は成り立たないか。


 高校生ってことはおいといて、小栗君は結構好演してると思いますよ。ほどよく力が抜けていて、現代人らしく命をかけるとかからは弱腰で、なんでも楽観的で、でも気が優しくて。サブローはいいキャラクターです。


 マムシのおっさんが現代人という設定も面白かったし、松永という現代人も出てきたし。桶狭間の花火が上がるところはちょっと緊張したし、毎回結構見どころがあると思います。前クールに信長のシェフを見たからか、ちょっと歴史の流れも分かったりして楽しい。

 本物の信長は意外に野心家っぽいね。こうなってくるといつかサブローと入れ替わろうとするだろうね。で、本能寺の変?って流れ?とまぁ、これからどうなるか分からないけれど、キャラクター設定が違っても、史実の流れで進んでいけばいいなと思います。あ、映画化が決まっている時点で、ドラマでは本能寺の変は描かれないのか?

とりあえずじっくり見てみたいですね。では。

 

 



sumomo310 at 15:10│Comments(0)TrackBack(1) 信長協奏曲 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 信長協奏曲(コンツェルト)第6話★『いいとも!』終わりました  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2014年11月19日 09:33
信長協奏曲(コンツェルト)第6話 サブロー(小栗旬)に月代(さかやき)を強く勧める家臣たち。 サブロー「絶対いや!だって、つるつるじゃん!」 森可成(森下能幸)「つるつるは涼しゅうございますぞ。特に夏場は・・」 柴田勝家(高嶋政宏)「やはり、つるつるしか

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ごめんね青春<〜6>信長協奏曲 最終回