フリーター、家を買う

2010年12月24日

フリーター、家を買う。<最終回>

 ども。就職する前に、仕事のありかたや必要性が分かった誠治は恵まれた人だなぁと思ったすももです。

 やっぱろ大悦土木への就職かぁ・・。私的には自分で勝ち取ったところに就職してもらいたかったですが、自分を必要としてくれるところに就職するって事で終了でした。そして家も父親の力を借りて買って、みんな笑顔で終わりました。でも、やっぱり家を買うお金は父親が全部だしてもいいくらいだと思うんだけど、そういう話にはならないんだねぇ。。
 ってことで高視聴率をたたき出して終了しました。このドラマを見て、つくづくと二宮くんはいい意味で普通の子で、草なぎくんみたいな。ジャニーズで普通の人を演じれる人なんだなぁと思いました。そのせいか、どうしてもラブシーン的なものが似合わない(笑)今回の千葉ちゃんとのシーンもあれくらいさらっとした展開のほうが似合ってたので良かったなと思います。
 ということで終わりました。なかなか面白いドラマだったと思います。では。

FULLOFLOVEドラマアカデミー賞受付開始しました!

sumomo310 at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2010年12月17日

フリーター、家を買う。<9>

 ども。二宮くんの演技は自然だなぁと思っているすももです。

 あぁ〜、お金渡しちゃうんだぁ。渡さないほうがいいと思うんだけどなぁ〜。そして、そうなる原因を作った隣の西本さんは、意外にあっさりと解決ってことでいいの?そうなると100万はやっぱり息子が取り返してくれないと〜。納得いかないわ〜。

 ってことで最終回。誠治がどこに就職するのか、引越しはするのか?など色々気になるところです。大悦土木じゃなく、自分の力で切り開いたところに就職して欲しいものです。では。

FULLOFLOVEドラマアカデミー賞受付開始しました!

sumomo310 at 14:59|PermalinkComments(1)TrackBack(2)

2010年12月08日

フリーター、家を買う<8>

 ども。就職先に内定がもらえないのは、自分に否があるからだ、ってことに気づくことは重要だなぁと思ったすももです。

 このドラマが始まって初めて、お父さんの言っていることに賛同したよ。そりゃね、誠治くんよ、そんな就職活動では通らないって。面倒だからって履歴書使いまわすようなことでは、全くダメでしょ〜。前の会社の悪口言うなっていうのも、すごくうなづきました。やっぱりね、職長の言うとおり、どんなに居場所がないと思っても、頑張って会社に言っているお父さんの言うことは違うね。さすが。
 という感じで、家族がいい具合になってきているのに、お母さんの弱みに付け込む人が〜〜。やっぱり隣のおばちゃんの差し金か。早く引っ越すべきだよ〜〜。お母さんはまた病気がひどくなりそうです。誠治、どうする!次回が気になります。では。

sumomo310 at 14:06|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2010年12月02日

フリーター、家を買う<7>

 ども。ほどよい視聴率をたもってるなぁと思っているすももです。

 このドラマの行く先はどこなんだろうか。単に誠治が職を探して家を買って終わりって感じではなさそう。ってか、最後は家を買うってことろじゃないのかも。今回が誠治自身や家族の話ではなかったので、そう思えてきました。
 でもやっぱりお母さんの病気やお隣のおばさんのことなどが気になります。なので、次回はそのへんの話に戻って欲しいな。では。

sumomo310 at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2010年11月24日

フリーター、家を買う<6>

 ども。何かがあったとき頼りになる、こういう優しい息子、いいなぁと思っているすももです。

 お父さん、悪いやつじゃなかったねぇ・・。お父さんはお父さんで寂しかったんだね。ま、だからといって、見知らぬ人に頼られたからって資金援助もしてあげるなんて分からないけど(^^;)まぁ、これで誠治も少しはお父さんに近づくことかできるかな?お父さんの言い方が変われば、色々うまく行くとおもうんだけどねぇ。
 まだ家を買うってわけにはいきませんが、家族はちょっとずつうまく行きそうです。なかなか面白いドラマです。

sumomo310 at 13:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月17日

フリーター、家を買う<5>

 ども。要所要所で、二宮君、演技うまいなぁと思っているすももです。

 あぁ、お父さん。やることなすこと、全部裏目に出るのよねぇ。ま、誠治たちは、お母さんの嬉しかった気持ちや、お父さんはああいう物の言い方しか出来ない人だってことは分かったからいいのか。少しだけ家族が前進かな?と思いきや、お父さんと若い女の人が一緒にいることがバレちゃいました。気になっていたので、早いところ誰なのか教えて欲しいものです〜。

 それにしても、西本さん、どうにかならんかねぇ。お姉ちゃんの攻撃はなかなかでざまあみろって感じだったけれど、あれくらいじゃヘコたれない気がする。ってか、彼女は彼女ですごいストレスを抱えているっぽい。たまたま西本さんは外へ発散、お母さんは内に秘めるタイプだったので、こういうイジメになってしまっただけかな?このあたりも最後までには描かれるのかな?

 ということで次回へ。楽しみです。

sumomo310 at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2010年11月09日

フリーター、家を買う<4>

 ども。お母さんのハンドクリームを息子が塗ってあげるシーンは、なんだかいいなぁと思ったすももです。

 なんだか泣けちゃったなぁ・・。誠治はホントいいやつなんだよね。だからお母さんの面倒を頑張ってみようとしてしまって、それが徐々に負担になる。今まで適当にしか人生を考えてこなかったから、こうやって色々なことが降りかかって、どうしようもなくなってしまったんですよね。でも、吐き出せて良かったよ。今のところ、お父さんは全く当てにならないので、誠治は他に吐き出せる場所が出来てよかったのではないでしょうか。 二宮くんは本当に演技がうまいですね。本当にいそうな普通の男の子で、調子に乗ったり、イライラとしたり、我慢できずに泣いてしまったりと、とってもいい演技です。ドラマとしてもなかなかストーリー展開が良くて、見入ってしまっています。

 人生は続いていく。彼がどう成長していくのか、これからじっくり見たいと思います。

sumomo310 at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(8)

2010年11月03日

フリーター、家を買う<3>

 ども。面白い、と言って良いのか分かりませんが、なかなか興味が持てるドラマです。

 あのお父さんが出てくると、本当にむかつきますよね〜。なんなんだろ、あの頭ごなしな感じ。ほんと、こんなのが父親だと思うと、情けないよ。そして、自分は全く悪くなくて、病気になったのは本人のせい、他の家族のせいだと思っている。早くお父さんが自分の考えの過ちに気づいてくれるといいけれど。。
 ってことで近所のおばさんのイジメに気づき、とうとう家を買うということで終了。でもさ、とりあえず壮大な目標より、まずは引っ越したほうが良くね?(笑)
 ということで次回へ。誠治くんは仕事に前向きになってきたので、そのあたりでのストレスはなく見れそうです。では。

sumomo310 at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2010年10月27日

フリーター、家を買う<2>

 ども。結構見がいがあるな、と思ったすももです。

 今回は働くってことを学んできたって感じね。給料が欲しい、最低いくら、なんてこと、ただのど素人に本当に言われたくない。それに見合った仕事してるのか、ってのは本当に賛成。でもだからこそ、今回、訳も分からず、ただただ目の前にあることにまじめに取り組んだ仕事の結果、25万と評価されたのは誠治にとってはとってもうれしかったでしょう。親父にどれだけ怒られてもダメなんだよね、こういう子は。自分で社会にもまれて、自分がどういう人間なのか、分からないとダメなんだよね。誠治というキャラクターは好きになれませんが、こうやって変わって行くのは見ていていいかも。

 それにしても好きになれないキャラクター1位はお父さんだね。あれだけえらいこと言って、浮気なの?どうなの?自分には全く責任がないと思っているところが嫌だよね、お父さん。いつ気づくのかしら?

 ということで次週、近所の人のイジメに気づくっぽいです。母さんが良くなる時が来るのか、次週も見てみます。

sumomo310 at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2010年10月20日

フリーター、家を買う<1>

 ども。夜遅くに再生したので、途中までで止めようと思っていたのに、浅野さんの鬱病演技で最後まで見てしまったすももです。

 さて・・・ほんと、こういう若者多い。合わないから仕事やバイトを次のことも考えないですぐやめる。自分を生かせる仕事、能力を認めてくれる仕事を、と要望だけは高い。その割には、自分の思うように行かない仕事は

最初はバイトも就職活動もしているからまだいいと思っていたけれど、やっぱり引きこもりのような生活になっちゃいましたね。身近にもこういう人がいたので、お母さんのストレスはすごく分かります。あげく、このお母さんは息子だけでなく、あの自分の事しか考えてない父親や、近所の人のストレスも抱えている。相談する相手もいなくて、そりゃね、鬱病にもなるさ。
 でも、こういう病気になって、やっと家族はお母さんの存在に気づくんですね。それが家を買うことにどうつながるのか分かりませんが、これから見ていこうかなという気にはなりました。
 
 二宮君はほんと普通の若者に見えましたね。プライドばかり高くて、自分に能力がないのを認めない。協調性がないだけなのに、それが会社や上司のせいにしている、いかにも最近の若者って感じでした。ちょっと二宮君にイラっとしてしまうってことは演技がよく出来ているってことなんでしょう。
 とりあえず、次回からしばらくいらいらとの戦いのような気もしますが、見てみようと思います。では。
流星の絆 DVD-BOX
流星の絆 DVD-BOX
クチコミを見る
 

sumomo310 at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(9)