家政婦のミタ

2011年12月22日

家政婦のミタ<最終回>【笑顔】

  ども。視聴率の報道を見て、びっくりしてしまったすももです。40%なんて視聴率、ドラマで取れるんだね。。いやぁ・・すごすぎる。

 さて、ミタさんはやっぱり何か思惑があったうえでお母さんになり冷たい態度をとりました。でも、そのままいなくなるのかと思いきや意外にしっかりお別れをして去って行きました。想像の範囲内の終わりでしたが、変に違った最終回にするより良かったんじゃないでしょうか。

 最終回はミタさんの笑顔を見せることを中心に置いた感じがしました。で、笑ったら、あ、この人松嶋菜々子だった、って思いました。全然表情が変わってちょっとドキっとしたほどです。こういうのを見ると、「笑顔」ってほんと大事で印象を変えてしまうんだなぁと思います。
 でも、それから全て変わるわけじゃないのも良かったですね。そんなに簡単には変えられないし、それではこのドラマの良さもなくなってしまう。でも、根底は変化したのはよく分かりました。
 あと、うららちゃんをたくさん叩いたのも良かったよな。人間ね、特にうららちゃんみたいに笑顔を振りまいていた人間はね、一発殴られたくらいじゃ掴みかからないよ。掴みかかってくるまで叩き続けるというドラマではあまりみたことないシーン、なかなか良かったと思います。

 全体的に。
 面白い、面白いと宣伝した結果の高視聴率。正直40%とか取ってしまうと、そんなにも面白くはないような・・って気がするので微妙ですが、それなりにインパクトのある面白いドラマだったのではないでしょうか。
 流れとしては、家族の話から、徐々にミタさんの話に変化していったわけですが、個人的に5話〜7話くらいになかだるみをしそうになっていたと思います。子供が荒れ、父親は逃げるという家族のゴタゴタばかり5話くらい続いていたので、ちょっとまたかという感じがしてきたところだったんですよね。でも、8話で過去をしっかりしゃべったことで盛り返し、最終回まで走りぬけました。ロボットだったミタさんが変化していく様子はしっかり描けていたと思います。
 毎回「まばたき」でミタさんの変化を出していた演出も良かったかな。

 ということで最終回でした。高視聴率でしたが、インパクトと感動ととしては、私は「女王の教室」のほうがあったように思います。ま、そりゃそっか。ミタの怖さは傷ついた結果のひきこもりだったけれど、マヤの怖さは傷ついた結果行き着いた、生徒を守るためにとった行動だったからな。ちょっと要素が違うか。

 ということで、、人と関わり、人を愛して、笑顔で生きていくのが人間。一人の女性がその人間らしさを取り戻すまでの過程を描いたドラマだったと思います。では。



sumomo310 at 14:36|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2011年12月16日

家政婦のミタ<10>【愛していい】

 ども。最近の世の中は、こういう破滅や怖さなどから学ぶ世の中になんだなぁと思ったすももです。

 家族の問題を解決し、ミタ自身のことを描き始めました。ミタが人間らしくなるなか、自分が自分の意思で動くと周りを不幸にするという思いは消えてませんでしたね。きいが火傷したのだって偶然なんだけど、自分のせいだ、と思ってしまってました。
 でも、そんなミタの口からでた、あの家族を愛してしまうという言葉。そんな気持ちになっただけでもすごいこと。最後にはお母さんになることを承知したわけで・・・
 
 でも、愛してるからこそ、何か他の行動を起こしてくれそう。そしてそのミタの真意に家族が自分で気づいてこそ、本当の一歩を進める気がします。「女王の教室」の時と同じ手法ですね。
 最終回、どうなるか期待です。



sumomo310 at 13:25|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2011年12月08日

家政婦のミタ<9>【感情】

 ども。松嶋さん、がんばってるなぁと思うすももです。

 まるで最終回かと思う流れでしたが、まだまだ先が続くのね。続編も作らないって宣言してらっしゃったので、あと2話?でさらにミタさんを深められるのか。ここで終わっても良かったのに、さらに先を作るあたり、勝負してるな、って感じがします。

 自分で決めると周りが不幸になる。だから命令で動く家政婦になった。命令されて破滅したかったけれど、子供たちに説得されミタさんの涙。ま、だからといって、すぐに笑うわけじゃなかったけれど、やっぱり少し表情が柔らかくなった気がします。松嶋さん、演じ分けている感じですね。
 でも、息子たちの幻覚。あの表情、初めて見たのかしら?心を許したからこそみえ始めた幻覚。苦しみにふたをしていたころのほうが良かったのか、、ミタさんの苦悩はまだまだ続きそうです。

 それにしても、うららちゃん、これから何か役立つ時が来るんだよね?ミタさんが何かしそうな気もするけれど。でも、娘が二人とも同じ男に嫁いだらいやだなぁ。。ま。ないだろうけど・・。

 これからどうなるのか、さらに楽しみです。



sumomo310 at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(7)

2011年12月01日

家政婦のミタ<8>【過去】

 ども。「女王の教室」のようにエピソード0でも作りそうだな、と思ったすももです。

 さて・・・突然語りだしたミタさん、それはそれは悲しいお話でした。彼女は幼少のころから恨まれて生きていた女性でした。そして、きれいがゆえに苦しい思いをしてきた人でした。最初のころに恵一の「きれいな人ですし」みたいなセリフがあったのですが、その時はちょっと違和感を感じてました。家政婦を描いたり、家族の変化を描くうえで、ミタさんきれいであることに意味があるのか、と。松嶋菜々子さんじゃなきゃいけない理由があったのか、と。でもここに来て、きれいであったから家政婦になった、という流れが見えてきて、ちょっと納得。

 といっても、彼女が悪いことは全然ない。笑顔で過ごせば勝手に男が好きになってきて、それをねたむ女がいる。そして悲劇が起これば、またそれを責める女がいて、二度と笑うなと言われる。どこにも逃げようのない人生。

 どうなるんだろうねぇ・・。ミタさんと心通わせようとしていた家族たちを突き放すように語って、出ていってしまったミタさん。来週も楽しみですね。



sumomo310 at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2011年11月25日

家政婦のミタ<7>【家族の問題からミタさんの過去へ】

 ども。松嶋さんの笑顔を見ると、ミタとは別人だと思うすももです。

 さて、そろそろ家族の問題を引きずるのも大変だなぁと思ってたら、ちょうど終わりを迎え、次回はミタの話になりそうです。これ以上家族の問題を長引かせても同じことも繰り返しになるし、ちょうどいいタイミングだったのではないかな。

 で、やっぱり浮気をして母親を死に至らしめてしまった父親ではあるけれど、やっぱり父親で、家族の元へ戻りました。なんかダメダメであるという本当の姿を家族にさらして、それでも受け入れてくれることで、この家族の新しい姿が生まれたんじゃないかな。最後まで、出来るかどうかわからないけれど、と言っているのも、今までの流れからしたら良かったと思うし、その自信のなさが、家族を結束させたという流れは、面白い展開だったと思います。
 家族がバラバラになって、それぞれに成長したので結束にいたったという流れも無理なくて良かった。特に結は女として軽蔑して父親なんか汚い、くらいの潔癖さだったけれど、自分自身が自分の恋愛で傷ついたことで、良くも悪くも大人になったという流れは自然だったと思います。そして、純粋に待ち続けるキイの存在もおおきかったね。
 最後に、感謝するのはミタさんではなく、死んだお母さんだったのも良かったし、恵一が不倫相手に結婚はしたいという素直な気持ちをぶつけつつ、無理だと分かっている感じは良かった。あれは自分は家族を取ったという意思表示だったんだよね。

 ということで、家族問題は引っ張らずに、次回はミタさんの過去へ。語ってくれるらしぞ〜。これは楽しみ。そのうち、女王の教室の時みたいに、エピソード0とか作りそうな気がするけれど。では。



sumomo310 at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(5)

2011年11月19日

家政婦のミタ<6>【ミタさんはロボット?】

 ども。「おはようございます」とZIPで言っていたミタさんを見て、怖いよっ!と思ったすももです。

 さて、ミタさんの過去を少しだけ描きつつ、家族の話が進んでいきます。結局、結ってお父さんやお母さんにそっくりなんだね。好きな人にまっすぐすぎて、駄目になると破滅する。自殺しようとするとか、まるでお母さんじゃん。自分の場所を探してうろうろする。お父さんと同じじゃんねぇ。父母から考えて結の性格を決めてるなぁうまく出来てるわぁ。
 だけど、ちょっと中だるみがしてきた感じもする。ミタさんが刃物を振り回すことで視聴者は離れずにすんだかもしれないけれど、内容的には、父親に出て行かれた子供たちが荒れるという、前回も見たような内容だし。もうちょっと違った感じに描いてもらってもいいかも。
 さて、これからどうなる。



sumomo310 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月10日

家政婦のミタ<5>【家族を守りたい】

 ども。1時間たってほとんどミタさんがしゃべってないことに気がついたすももです。でも、存在感あるなぁ。。。

 さて、そろそろ松嶋さんの笑顔を忘れてきちゃいました。ミタさんと松嶋さんは別人になってきましたね。視聴率もどんどんあがって、これからが楽しみ。
 でも、今回はちょこっと物足りなかったかな。家族のゴタゴタだらけだったし、長男うるさかったし。ミタさんもそれほど活躍しなかったしね。
 お父さんは相変わらずのだめ男でした。子供のことだけならまだしも、男として別れた女に付きまとうとは。ま、本当に好きだったんだろうけど、まずはそこから立ち直らないと、お父さん業は成り立たないね。でも、今回ちょっとおもしろかったのは、結も同じようなことをしてたこと。先輩を怒らせたらすがるように追いかけた。これは親子なんだねぇ。一番お父さんを嫌ってる結だけれど、やっぱりお父さんの子。この二人がどうなるかは見たいところですね。



sumomo310 at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2011年11月04日

家政婦のミタ<4>【父親の描き方】

 ども。4話にして、家庭が崩壊して、これから数話はこれ以上恐ろしいことが起こるのかと思ったすももです。

 今回は解決とまではいきませんでしたね。とりあえず別々で住むという結論は出ましたが、まだまだ破滅の方向へ進みそう。
 でも、お父さんの描き方が今までにはなかなかなかった感じだなと思います。浮気はしたけれど子供が大切だ、と描くのは楽だけれど、愛してるとはどうしても言えないという風に描くのは、今後の展開を描くうえではとても難しい。逆にこの父親が本当に全く子供を愛していない男だと描けばまた簡単なんだろうけれど、そうでもなく、愛してると言えないことに苦しんで苦しんで、でも「父親」という大人としての責任感はあって、どうしていいかわからないけれど、許してもらいたいと思っている。この父親のキャラクターがこれからの展開のハードルをあげている感じがします。見ている方もどうなるのか、さっぱり予想がつかない。

 面白いですね。視聴率がいいのも分かる気がします。ま、今回のストーリーはちょっとすっきりしなかった感じがあるので、来週の視聴者離れがないか不安ですが、ドラマは続けてみないとね。とりあえず来週が楽しみです。



sumomo310 at 10:18|PermalinkComments(0)TrackBack(7)

2011年10月28日

家政婦のミタ<3>【本当は結婚したくなかった】

 ども。松嶋さんの笑顔を忘れつつあるすももです。

 おぉ〜、破滅してきたねぇ。最後のお父さんの告白はなかなか壮絶なものがあったよ。でもあれが本当の本心だし、子供ができて脅されて仕方なく結婚して、でも、子供の前ではいい父親でいないといけないとずっと思ってて、だから苦しくて仕方なかった。子供には聞かせられないことだけど、これが男の本心ってやつだねぇ。
 ま、父親が浮気してると知って嫌がらない娘はいない。あの反応は悪くないと思うし、それで理由が母親が死んだとなれば、家庭が崩壊するのは仕方のないこと。ま、さすがに同じことしてきたという結の言葉はびっくりしたけどね。


 さぁてこれからどうなる。ミタさんはどんな状況であれ顔色一つ変えない。笑ってはいけない、何も感じてはいけないと思っているミタさん。遊園地にずっといたのも何か過去にあったんだろうな。
 ドラマの組み立てた今のところはうまいね。先週二男の話だったから家族を順番に描いていくなんてありきたりな展開かと思ってましたが、もはや第3話にして、自殺の真相をみんなが知る展開に。無駄にひっぱらず、崩壊した家族がどうなるかに時間をかけるつもりなのかな?これからいろんなことがどう変化していくのかとても楽しみなドラマです。



sumomo310 at 12:47|PermalinkComments(0)TrackBack(5)

2011年10月20日

家政婦のミタ<2>【大変よくできました】

 ども。面白いな、と思っているすももです。

 いやぁ・・ミタさんパワフルだねぇ。何でも知ってる感じや何でもできちゃう感じとかは、きいちゃんにとってはヒーローみたいなもんなんだよね。だからすっかり懐いてた。で、今回も言われたことを忠実に実行することで家族を動かしました。みんながミタさん中心になってきてるところがなんだか面白い。

 でも、もう母親が死んだ真相が描かれるっぽい。意外に早かったな。お父さん、がっつり浮気して奥さん死なせちゃってたんだねぇ。死んだのになお、言い寄ってるお父さんもどうかと思うし。。どうなる?これから。笑えないというミタさんの過去は気になるところですが、とりあえず、こちらの問題を解決することが先かな。来週も楽しみです。



sumomo310 at 11:42|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2011年10月13日

家政婦のミタ<1>

 ども。女王の教室に似てるなぁと思ったら、脚本家が一緒だったのね、と思ったすももです。

 でも、思っていたより面白かった。女王の時もそうだけど、周りが騒ぐ分、ミタは静かになる。でもしゃべってなくても、存在感は発揮しないといけないので、そう演じなきゃいけないし、そう感じさせる演出をしなきゃいけない。そういう面では、家族の食卓なめの台所に無表情で立っているミタとか、うららちゃんがサワイレイル時に、顔半分だけ見せて入口に立っているミタとか、なかなか面白い撮り方だな、と思います。
 それにしても、長谷川博己さん、若いわぁ〜。35歳だよね?実際。高校生の娘がいる役ってすごいねぇ。でも長谷川さんを見ると、=浮気みたいな感じに見えるのですが、役柄的にも実際そうなのかしら?長谷川博己さん、これから注目の役者さんです。

 で、これから一つ一つ問題を解決していく流れかな?家族だけじゃなく、母の亡くなった理由や、ミタという人が生まれたきっかけなど、色々気になるところが多い。とりあえずこれからも期待。



sumomo310 at 12:54|PermalinkComments(0)TrackBack(5)