南極大陸

2011年12月19日

南極大陸<最終回>【長いっ】

 ども。長っ!長っ!とにかく長いっ!と思ったすももです。

 さて、犬を発見するまでが長くて長くて・・・。1時間半の延長にする意味がどこにあったのか、と思ってしましました。

 全体的に。中盤からは完全に間延びした感じがありました。南極にいたころはまだしも、第二次観測隊が来る辺りからは、最終回が見えているだけに、長くて長くて仕方ありませんでした。
 でもやっぱりこの低視聴率は世の中のキムタク離れかなぁ。。最後の南極に行ってからは木村拓哉のみだったように、完全にキムタク中心のドラマ作りだったみたいだし、もっと他の役者さんだったら違った結果になったかもな、なんて思ったりもします。
 けど、木村さんだけじゃなく、やっぱりストーリーもあまり良くなかった気がします。木村さんだから、恋愛要素も入れたんだろうけれど、正直全くいらない要素だったし、これがまたこのドラマを軽く見せてしまった原因だと思うし。。それに視聴者が結果を知っているドラマなので、犬がどうなるとかでひっぱるのは長すぎたし、それなら、木村さんの演技で泣かせるより、もっと犬の物語にして、視聴者を泣かせた方が良かったのかなと思います。倉持と同じように視聴者にも犬に感情移入させたら、最後のシーンも感動的になったのに、なんて思います。
 最後の現代との描写も一体何を言いたいのか伝わってこなかったかな。セリフで言いたいことを訴えたとしても、ドラマ全体がそういう作りになってなきゃ、さっぱり伝わらない。多分それは映像や演技から「時代」を感じなかったからかもな。「仁〜JIN」の時はちゃんとみんなが江戸してたから、現代との描写はなんか心にずしっとくるものがあったのにな。

 ということで、ちょっと期待していたのに残念な結果でした。安易なキムタク採用がこうなるのかな。木村さんを使うなら、「HERO」とか「MRBRAIN」みたいな、周りの役者に支えられながらのエンターテイメント要素がある軽い感じのドラマのほうがいいかもね。熱い木村さんはちょっとみんな見あきてると思います。私は「MRBRAIN」だったら見ます。ってかメンバー的にもなかかな難しいか?



sumomo310 at 10:02|PermalinkComments(0)TrackBack(14)

2011年12月13日

南極大陸<9>

 ども。やっぱり木村さんじゃなかったらもうちょっと視聴率もあっただろうに、と思うすももです。ま、最終回に向けて盛り返してはきてるけどね。

 やっぱり長い・・間延びしすぎ。正直ここまでくると倉持の恋愛なんてどうでもいい。それも妻の妹ってどうなのさ。いい女だとは思うけれど、描かなきゃいけないことかなぁ・・・その辺りは微妙。
 とりあえず最終回までやっとこぎつけました。犬を見放すことになってからは長い感じがしていたので、最終回もさくっ、さくっと犬たちを見つけてほしいです。では。



sumomo310 at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月06日

南極大陸<8>【間延び】

 ども。どうしたら視聴率が取れるドラマになったのかわからないすももです。

 

 やっぱり長いんだよね〜。間に犬たちの様子を入れることで間を伸ばしてるんだろうけれど、それより、他のエピソードを入れるとか、先に進めるとかしてしまったほうがいいと思うんだよね〜。視聴者のほとんどがこの先のエピソードを知ってるので間を取りすぎるのは得策じゃない。犬たちが南極で頑張っていても、最終的にタロとジロになるのは分かってるし、どうなる?どうなる?的なこともないんだよね。

 初回から南極で過ごすあたりまでは、知らないこともあったし、ドラマっぽいところもあって見やすかったんだけど、犬を置いてくることが決まってからは長いよなぁ。う〜ん、どうやって作ったら良かったんだろうか。スペシャルドラマくらいにしてコンパクトにしたら良かったのか?

 

 とりあえず今は間を伸ばしている感じがして仕方ありません。早いところ、タロジロを発見する流れにしてしまったほうがいいと思います。では。



sumomo310 at 08:47|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2011年11月29日

南極大陸<7>

 ども。長かったと思ったすももです

 さて、犬を置いていく、という流れが分かっているのに、1時間は引っ張りすぎた感じがします。信じよう、とか諦めない、とか言っても結論は変わらないし、まだか、まだかという気分になってしまってちょっとイライラしちゃいました。ここで1時間使うようなら、帰ってからの物語とかに重点をおいても良かったかも。決定するまでの一晩をしっかり描きすぎ。視聴者は流れを知ってるわけだから、このあたりの作り方を変えたら、もっと見やすかったのに。
 まぁでも、やっぱり犬が取り残されている映像はかわいそうで泣けてきます。残された犬たちがどう過ごしたかは想像でしかないわけで、ドラマならではとなりますが、何頭かはつながれたまま餓死してしまうと思うと、やっぱりやりきれない思いがあります。
 結末は分かってるんだから、早くタロジロを見つけてあげてほしいと思います。では。


sumomo310 at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2011年11月21日

南極大陸<6>【命を預けあってきた】

 ども。置いていかれるとわかっていると、余計に犬のシーンが泣けてくるすももです

  さて、最初の山場という感じでしょうか。史実はどうか知りませんが、犬と頑張ってきた、だけでなく、犬に命を救われた、ということを先週から今週頭にかけて描いてきたので、最後が盛り上がったと思います。それに犬係だった人だけじゃなく氷室が犬を守ろうとすることで、犬が仲間だということが強調されたしね。でも、吹雪の中、待ってる犬たちを見ると犬を置いてくという事実を知っていても、何とかならないか、って思っちゃうね。

 ということで、視聴率は低迷ですが、私は見てます。ドラマは最後まで見なきゃわからないしね。どこかの記事に書いてあったけど、「家政婦のミタ」と「南極大陸」の視聴率に違いが出てのは、ミタは松嶋菜々子じゃなく、家政婦を描いてて、南極大陸は南極隊員ではなくキムタクを描いてるから、 と書いてあって納得。確かに今までキムタク中心で、キムタクの演説ありきみたいな感じで進んでたよね。だからキムタクの熱さはいらないんだよ、と思っている視聴者は離れて行ったんでしょうね。でも今回はそれほどでもなく、堺さんがバランスよく出てきてて良かった。こういう感じならいいんだけれど、これからどうなるんだろうか。。これ以上の視聴率低迷は逆にかわいそうなので、なんとかなってほしいものです。
 では、来週は犬たちとの別れか?つらい週になりそうです。




sumomo310 at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2011年11月14日

南極大陸<4>【勝手】

 ども。視聴率は伸び悩んでいるのはちょっとかわいそうだなぁと思っているすももです。せっかく命かけて雪山で作ったのに、見てもらえないなんてつらいよねぇ。。

 さて、出来る、頑張れ、諦めるな、みたいなことは、成功すれば感動するだろうけれど、それで命の危機にあうのはたまったもんじゃないなぁ。倉持さん、かなり自分勝手な人なんじゃない?まぁ、ドラマなので、生きて帰ってくるんでしょう?え?誰か死ぬの?
 ま、とりあえず離された犬たちがどういう活躍をするのかは見てみたいと思います。



sumomo310 at 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2011年11月08日

南極大陸<4>【使命】

 ども。何かあった時に助けに行く堺さんの表情がかっこいいと思ったすももです。


 あぁあぁ・・・いろんなことが起こるなぁ。食料は流されるは、犬は死ぬは、あげく建物燃やしちゃったよ。やっぱり素人たちの集団なんだなぁと実感。やる気だけある男たちが南極に残ってしまったわけで、だけど、何かをしなければならないわけじゃないので、自分たちの使命を自分たちで見つける。その結果の大爆発だよ。。あぁ、散々。
 ま、とりあえず1年もいなきゃいけないわけだし、生きるだけが目的ではだめだろうから、何かをするんだろうけれど、これからどうなるんでしょう。とりあえず昔の事件がなんだったのか次回明かされるかな?



sumomo310 at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2011年11月01日

南極大陸<3>【犬ぞり】

 ども。録画再生しながら時間を気にせず見ていたので、まだ続くか、というくらい、長い感じがしたすももです。いや、いい意味でね。要は中身が濃かった感じがします。

 さて、作り手がまじめに作ろうとしてるのはよく分かりますね。犬をあれだけ使って撮影するのも大変だったでしょう。どういう調教したらああいう演技をしてくれるのかねぇ、犬が。すごいわ〜
 ま、でも、クマが暴れまくったことで負傷してしまった犬さんがいっぱい。クマを外すという考えはなかったのか?何か事情があるんでしょう。で、とりあえずリキが頑張ったことで犬ぞりが走るようになりました。

 さて、越冬が始まりますね。氷室も何か思うところがありそうですし、面白くなるかな?タロジロが発見されるところもやるんだよね?ってことは、2,3週後には越冬終了か?とりあえず私的には十分見応えはあるので見てみようと思います。では。



sumomo310 at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月25日

南極大陸<2>【結束力】

 ども。たくさん撮りすぎておさまらなくなってきてるんだろうなぁなんて思っているすももです。延長ばっかりだもんね。
 
 さて、今回は船の中の苦悩でした。越冬という言葉ばかり先行して、結束力がまるでないメンバーが結束するまでの流れでした。でも、行くまでにあんなに苦労するんだねぇ。派手な演出だったし、みなさんの体をはった演技は良かったと思います。見応えあったかな。
 ま、キムタクが熱く語るとちょっとうっとおしい感じもしますが、最後には越冬メンバーが決まって盛り上がったんじゃないでしょうか。でも、素人考えなのですが、こんな急に越冬が決まって食糧とか大丈夫なの?これから苦難が待ちかまえてそうです。

sumomo310 at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月17日

南極大陸<1>

 ども。木村拓也さんじゃなくてもよかったんじゃないかなぁと思ったすももです。私は全然かまわないんですが、色々なところを読むと、アンチの方もいらっしゃることですし。こういうドラマだからこそ、役者、といわれている人を使ったら、もっと素直に見てくれる視聴者も多かっただろうに、なんて思います。

 さて、まぁまぁよかったのではないでしょうか。すごく面白かったかと言われれば、普通って感じでしたが彼らがこれからどうなるのか、それはとても気になります。南極という未知の世界へ行く困難さや、人と人とのつながりなど、これから深い物語になりそうな気もします。
 初回は気合を入れて2時間でしたが、ちょこっと長い感じもしたかな。まぁでも、南極に出発して終わりだったので、これを2話でやられるよりはよかったかも。間延びしそうだし。

 木村さんはま、まぁ相変わらずの木村さんでしたが、これはこういう人の設定なんでしょう。あと周りの役者さんがいいですね。堺さんや香川さんなんか、これから色々魅せてくれそう。恭平さんもあまり民法のこういうドラマでは最近ご無沙汰でしたが、すっかり年を取られて、どういう演技をするのか気になるところです。

 ということで次回へ。やっと白い画面になるのかな?またも延長らしいですが、気合入りまくりの物語、空回りしないようにしてほしいです。では。



sumomo310 at 15:38|PermalinkComments(0)TrackBack(5)