鍵のかかった部屋

2012年06月26日

鍵のかかった部屋<最終回>

 ども。最後まで大野君の手は綺麗だったなぁと思ったすももです。

 榎本がやっぱり泥棒だったという設定は面白かったな。事件を解決するとヒーローっぽいけど、最後はちゃっかりもらうものはもらっていなくなる。あのにやっとした感じも含め、悪くない終わりでしたね。
 ま、ただ、事件はまた手の込んだことを、って感じでしたよ。アルミの服を着たとか・・。まぁ、ピッチングマシーンの時みたいに、短時間で思いついたわけじゃないからいいけど、入り組んだ事件だったわ。それも、相変わらずの状況証拠だらけだったけど。

 まぁ、それはいいとして。。個人的にはそれほどの出来ではないドラマでした。もうちょっと面白くなるかと思ったのですが、事件があまりにも突拍子なさすぎて、なんだそりゃ、って感じになるものが多かったです。キャラとしては、芹沢と青砥が盛り上げてくれてたと思います。
 スペシャルやるかしら?やるだろうねぇ。いつやるか。では。
なんですが、やるだろうねぇ。どうなるかしら?



sumomo310 at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2012年06月21日

鍵のかかった部屋<10>

 ども。猿と対峙している芹沢が面白かったすももです。

 あら、こういう終わりですか。警備会社の人ってやっぱり最初に疑われるよね。そりゃそうだ。勝手に入れちゃうわけだし、どこが盲点かも分かってるだろうし。榎本にあんな過去があったとは驚きでした。で、最後の玉木さんは何?最後の犯人?警備会社の人間と窓ふきの人間。どちらも会社の近くにいるけれど、決して会社の人間ではない二人がどうなるのか、最終回を見てみようと思います。



sumomo310 at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月15日

鍵のかかった部屋<9>

 ども。ちょっと流し見なすももです。

 明らかに怪しい人が、そのまま犯人という分かりやすい展開でした。水鉄砲で死ぬってのもかなしいねぇ。
 やっぱりこのドラマは芹沢や青砥がいかに面白く動くか、だね。今回は、あっち方面の方たちの前でのビビリなんてのは、なかなか面白かった。ま、事件的には相変わらずの微妙さだったけれど。これからどうなる?



sumomo310 at 14:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月06日

鍵のかかった部屋<8>

 ども。「謎解きはディナーのあとで」が映画化されると聞いて、もしやこのドラマもか?とちょっと思ったすももです。・・・作ったら微妙ですよ。それほどクオリティの高いドラマじゃないし。私的には謎解きのほうも、かなり微妙です。。

 やっぱり芹沢があちこち動き回ってくれた方が面白いね。芹沢が見栄はっちゃったり、押し切られちゃったりしたほうが、ドラマがよく動く。榎本があんまりアクティブなキャラじゃないからかな。
 最後に榎本の勘違いもちょこっとキャラを深めれたと思うし、まぁ良かったかな。相変わらず事件はちゃっちぃけど。では。



sumomo310 at 13:33|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2012年05月29日

鍵のかかった部屋<7>

 ども。こういうお化け関係の話こそ、芹沢のあわてっぷりがほしかった気がするすももです。

 今回はちょっと悲しいお話でしたね。自分の息子がいなくなってうれしいと思ってしまった父親の悲しいお話でした。そして、密室を作ろうと思って作ったわけじゃない、だから密室は破れないという今までと違う展開でした。
 でもさ、息子をトイレの中へ・・ってどういう神経よ。床下に埋めました、とかならなんとなく免疫あるけれど、トイレってどいういうこと?想像しただけでも恐ろしい。。あのトイレ、絶対に使えないわ〜。
 ということで、この前のクモの話といい、たまに、気持ち悪いネタがやってくるな。今後はないことを祈る。では。



sumomo310 at 15:31|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2012年05月24日

鍵のかかった部屋<6>

 ども。坂本君はやっぱり舞台の人だなと思ったすももです。

 おいおい、80分かけでゆっくり移動したって・・。いや現実的にはありえね〜〜。観客からみえないとしても、出演者かスタッフか、誰が気づくでしょ。あんな劇場を借りれる劇団が、袖から見てるスタッフがいないとは思えないわ〜。
 ま、それはいいとして、坂本君が出てきた時点でいかにも怪しいって感じだったので、特に意外性はなかったかな。ま、相変わらずの芹沢さんは面白かったけれど。
 とまぁ、事件は微妙ですが、キャラクターははっきりしてきて見やすくなってきました。謎もまだ残ってますし、これからどうなるのか。では。



sumomo310 at 13:08|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2012年05月17日

鍵のかかった部屋<5>

 ども。大野君の手は好きだなぁと思ったすももです。

 うわ〜なんて地道なトリック。あそこまでマシンを運んでくるのも幕をセットするのも地道にボールで扉を閉めるのも、あげく、あの小さな穴からシートを改修するのも実際やったらものすごく時間がかかるとおもうけどなぁ。計画もしてないのに、1時間では絶対に終わらない。
 ま、でも、そういうところをカバーするほど変わってきた芹沢のキャラ。最初はなんだか中途半端な位置だと思っていたのですが、榎本が好きになってきちゃって、ちょっとやきもちとか妬いちゃう感じのキャラは結構見てて面白い。榎本が全く動かないキャラだけに、こういうバタバタ感は周りにあっていいと思います。

 ということで、初めのころより見やすくなってきたので、最後まで見れそうです。



sumomo310 at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2012年05月08日

鍵のかかった部屋<4>

 ども。大野君の手は私好みだなと思ったすももです。

 蜘蛛の皮を・・・ってキモっ。そんな気持ち悪い方法しかなかったのか?想像するだけで、ぞぞぞっ。ただでさえ、蜘蛛が嫌いなのに、虫も出てくるは、なんだか気持ち悪い回でした。
 榎本の決めゼリフを青砥が言ってしまうところなど、変化球も入れてきたのでこれからも見れそう。青砥のピンチに必死に走ってきた芹沢も面白かったし、色々変化があって面白くなってきたのかも。とりあえず様子見。では。



sumomo310 at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2012年05月04日

鍵のかかった部屋<3>

 ども。榎本の恋愛話みたいに、実は榎本は、みたいな面白ろエピソードをもうちょっと入れてこれば、榎本のキャラクターも深まるだろうなと思ったすももです。

 面白くないわけじゃないけれど、やっぱり淡々としているな。榎本のキャラのせいだな。
 ま、それはいいとして、将棋のあのいかさまの仕方ってものすごいリスクがあるんじゃ?将棋ってあまり知らないけれど、でも、いくら時間がある競技とはいえ、やばくなった時点で、いかさまをお願いして、部屋を出て答えを教えてもらうってのはできるもの?・・できるのか。
 とりあえず今後も見てみます〜

sumomo310 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月24日

鍵のかかった部屋<2>

 ども。高嶋兄が悪い顔をすると弟そっくりだなぁと思ったすももです。やっぱり兄弟なんだねぇ。最近、高嶋家は露出が激しいね。

 さて、これまた淡々と解決した感じ。もうちょっと佐藤浩市さんを効果的に使ってほしいものですが、今のところ、誰かとびぬけるわけでもなく、淡々と進んています。ま、この淡々の原因は榎本のキャラクターなのですが、この淡々さを目立たせるくらい周りが騒ぐわけでもなくおとなしいので、全体的に淡々しちゃうんだろうな。ATARUなんかは、主役がぼそぼそしかしゃべらない分、周りはこれでもかってくらい、大げさ演技してるもんね。
 とりあえず、遺産ほしさに殺してしまった教育者兼親の話でした。面白くないわけじゃないので、もうひとつ、榎本か芹沢がはじけてくれると面白いなと思います。ま、今回の時計盗難事件をみる限りは、芹沢を弾けさせた方が面白そうですが。では。



sumomo310 at 14:38|PermalinkComments(0)TrackBack(9)