クレオパトラな女たち

2012年06月12日

クレオパトラな女たち<最終回>

 ども。前半で整形をする人、したい人などを描いて、後半は人間関係を描くつもりだったのかなぁと想像してみたすももです。ちょっと後半の時間がなさすぎたね。

 冒頭のシーンは正直いらなかったかな。そういう流れじゃなかったし、心通じ合ってる程度でいいのでは?
 ま、でも終わってみれば、みんながそれぞれ笑って生活してるって終わりってことか。市井先生には「振られた」と言わせたことで、少しだけドロドロを脱した峯太・市井先生問題も、裕の気持ちも、みんながそれぞれ大人な判断をして、幸せに終わりました、って感じか。こういう終わり方ならなおさら、峯田と市井先生の心の動きをじっくり描いてほしかったな。打ち切りってことで無理矢理進めた感じがちょっと残念でした。
 でも、面白くなかったわけじゃないので、まぁまぁ良かったと思います。では。



sumomo310 at 15:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月04日

クレオパトラな女たち<7>

 ども。今までとのリズムのギャップがありすぎてついていけなかったすももです。

 え、どういう展開?峯太と市井先生が近づくまでを一気に描いたという感じ。突然の市井先生の嫉妬とか、あまりに一気に描きすぎて、ちょっとついていけなかったわ。予定してなかった8話で描こうなんてのがそもそも難しいのよね。
 ま、最終回、山積みになっていることを一気に描けるのか、ちょっと不安ですが、見てみようと思います。では。



sumomo310 at 13:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月25日

クレオパトラな女たち<6>

 ども。なんで8話で打ち切り何だろうと不思議なすももです。

 視聴率は思わしくないけれど、某打ち切りドラマの2倍はあるし、そんな悪い内容じゃないと思うけどなぁ。しっかり見れるし。
 さて、全身サイボーグがばれて自殺未遂。でも、展開的に彼が悪い人じゃなかったっていうのも、そんな彼にもちゃんと別れをつげられたということも、あれほどケンカした裕にもちゃんと謝れたということなど、結構見ていてすっきりする話でした。そして、葵をただの整形まるけの若者という描き方ではなくて、仕事はしっかり出来る人だと描いたのは、これからの話に引きずらなくて良かったなと思います。
 ってことで、院長の乳がん発覚や市井先生の家の問題など山積みですが、最後まで見てみようと思います。



sumomo310 at 13:19|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2012年05月17日

クレオパトラな女たち<5>

 ども。形成手術によって、救われる人、駄目になる人いっぱいいるんだろうなぁと思ったすももです。

 女だ、男だ、とか色々いいながら進んでいくこの話。すごく面白いわけでもないんですが、なんとなく見てしまっています。起伏はないけれど、ネタはたくさんあるからかな。主要人物は全員が問題を抱えているので飽きることはないし、患者も多種多様で面白いし。なんだか不思議な感覚だなぁ。
 とりあえず次週は、幸せいっぱいオーラの葵にひと事件起きそうです。葵のキャラは、いちいち起伏が激しいので、恐ろしいことになりそうだわ。では。



sumomo310 at 10:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月11日

クレオパトラな女たち<4>

 ども。このドラマは、見かけよりも淡々としている感じがするすももです。

 さて、植毛の仕方にちょこっと驚きつつ見た今回。いろんなことが起こっていますが、どれもそれほど派手でもなく、かといって、記憶に残らないわけでもないという、淡々としたドラマという印象。でも、面白くないわけでもない。結構色々興味ある話も多いし、先が気になる関係性も多い。私の中ではなんだか不思議な立ち位置です。
 とりあえず気になるのは、市井先生の家のことかな。気を使うのも分かるけれど、姑と結託されるとストレスたまるわぁ・・・。どうなる?



sumomo310 at 15:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月07日

クレオパトラな女たち<3>

 ども。表情で同じ顔にみえなくなるもんだなぁと思ったすももです。やっぱり表情のいい人が一番魅力的か。

 同じ顔だから変えてくれ、という患者。双子ならではの悩みだよね。でも、顔を変えたからといって、中身が変わるわけじゃなく、本人が変わらなきゃどうしようもない。変えたいという意思は尊重してあげても、そこから先は医者ではどうしようもないんですよねぇ。だからといって、峯太のとった行動は最低でしたが。。。ってか、峯太は裕の気持ちを知ってるのか?となるとその気持ちを利用して一緒にいるのか?おんな嫌いも含め、このあたりはどうするのか。。。

 市井先生のドタバタは結構面白かったな。あれほど冷静な先生が、どうしてああなるのか。まだまだ色々描かれそうな気がしますね。来週は植毛手術。へぇ、そんなのがあるんだ。



sumomo310 at 16:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月02日

クレオパトラな女たち<2>

 ども。ボンドを付けちゃう子供の気持ちも、子供に手術を受けさせようと思う親の気持ちも理解できないけれど、でも、理解できる気もする、すももです。女だからかな。

 この病院で働く限りは、あんたの美的感覚は必要ないのだよ、と思ってしまいました。一重でもきれいだよ、とか言われてもちょっと違うんだよねぇ。やっぱり男性の意見としてとらえてしまうし、その人のいう、キレイになりたいと思ってきているのだから、それを否定しちゃ、ダメだなぁ。
 まぁ、これから峯太がどうなるのかわからないけれど、女嫌いや、ゲイの友達や、そういうことがまたいろいろ影響してくるのかな?どういう風に流れるのかによって、このドラマの面白さが変わる気がします。では。

sumomo310 at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月19日

クレオパトラな女たち<1>

 ども。整形っていうのは、良くも悪くも人の人生を変えちゃうんだろうなぁと思ったすももです。

 美容形成って言うのは、個人的には悪くはないと思っています。それで自信を持って生きれるなら。でも、親からもらった健康な体に、という話もとても分かる。身内が突然整形したら、正直ちょっと悲しい。だから、難しい話なんだよねぇ・・・。

 で、これからいろんな患者が来るのかな?峯太郎が色々学んで悩む流れかな?このクリニックにいる人たちも色々抱えてるっぽいし、その辺も徐々に描くのか。とりあえず様子見です。



sumomo310 at 11:27|PermalinkComments(0)TrackBack(1)