TOKYOエアポート

2012年12月29日

TOKYOエアポート<最終回>

 ども。最終的に、「TOKYOコントロール」のほうが数倍面白かったなと思ったすももです。

 さて、TOKYOコントロールを見ていた人にとってはうれしい人が登場したり、人間関係が分かったりしたわけだけど、知らない人には誰?って感じだったのでは?TOKYOコントロールが地上波じゃなかった以上、あんまり引っ張るのは良くなかったかなと思います。今回突然登場したマキさんだって、氷室と結城の関係だって、中島と敷島の関係だって、見てた人にとってはこんな風に変わったのか楽しめたけれど、見てない人にとってはさっぱりだもんね。

 まぁそれは置いといて、もうちょっと面白くなるかと思った最終回も、なんだそりゃ的な感じでした。飛行機はみんなで飛ばしているって流れは分かるけれど、その中心者が新人だってのは微妙だった。新人がまとめ役をしたり、放送したり、ほんとにそれあり?的な感じでした。事件性も薄かったのもあるね。コントロールと比べてばかりで悪いけれど、コントロールはハイジャックに飛行禁止措置と、危機迫るものがあったりして緊迫感もあったけれど、節電しましょうってのは規模が小さかったなかな。ま、そんなに問題ばかり起こせないけど(笑)

 ということで、深田さんのきれいな英語なんかはびっくりしたけれど、全体的にちょっと期待はずれな感じでした。では。

sumomo310 at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月13日

TOKYOエアポート<9> 

 ども。せっかくにいい緊張感なのに、なんで小倉さんだ・・と残念に思ったすももです。そこそこ演技できればいいけど、そうじゃないしねぇ。こういうの嫌だなぁ・・・。

 さて、やっぱりこういうスピード感や緊迫感重要だよね。みんなの力が合わさって解決していく感じは見たいところ。「TOKYOコントロール」の最終回はハイジャックの話でしたが、今回はアメリカでのサイバーテロの影響で世界中が大変なことに・・。あげく天候不良に人数不足。空にいる航空機を降ろすだけでもかなり大変なのに、そこにきてテロの影響かは分からないけれど停電まで起こって・・・。これは面白くなりそう。なのに、1週飛ぶんだね。残念。最終回、どうなるでしょうか。では。



sumomo310 at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月03日

TOKYOエアポート<8>

 ども。次回予告が気になたすももです。

 やっぱり最終回と言えば、飛行禁止措置なのか?TOKYOコントロールの時も最終回はハイジャックが起きて飛行禁止措置だったけれど、コントロールと羽田ではまた役割が違うんだろうなぁ。それは楽しみ。
 で、今回の話は、飛行機はみんなで飛ばしているんだ、という話でした。パイロットや管制官だけじゃなく、整備士や消防士やグランドのスタッフもそれぞれの役割で飛行機の安全を保ってるんだね。そう思うと安全な乗り物だね、飛行機は。

 とりあえず、ここ数回は面白くなってきたので、最終回まで引っ張ってほしいです。では。



sumomo310 at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月20日

TOKYOエアポート<6>

 ども。実際操縦してなくても、多くの命を預かってるんだよなぁと思ったすももです。

 何が正しかったかなんて、分からない。少しでも危険があるなら、回避する対策をとるしかない。
 今回はそんなお話。管制官として正しい職務をこなしたものの、世間から非難されるようになってしまいました。いくら強気なキャラクターでも、自分の判断で誰かの命を奪ってしまうかもしれないというのは相当落ち込むもの。管制官が離職率が高いのも分かるわぁ。。
 ということで、管制官ならではの事件だったので見やすかった。次回もその影響を受けるようだし、面白そうかも。これからも、こういう管制ならではの事件とか、飛行機ならではの話を持ってきてくれるといいな。では。



sumomo310 at 14:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月09日

TOKYOエアポート<4>

 ども。何かもうちょっと面白いといいのに、と毎回思うすももです。
 
 酒井の回。おやじギャグ好きの変人かと思いきや、やっぱり仕事はできるんだよね。だって管制官になったんだもん。待っていた機体だと分かって、すぐに口にしてしまう香織とは違って、着々と誘導したのは良かったね。彼女にとって「仕事」ってものが何か分かったみたいだし。
 という感じで、またキャラクターを掘り下げてくるのかな?今度は誰だ?では。

sumomo310 at 15:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月29日

TOKYOエアポート<3>

 ども。なかなかキャラクターたちに愛着がわいてこないなぁと思っているすももです。

 主役が新人だけど出来るキャラってのは管制官ドラマだからか、なんて思ったりもする。良くあるドジキャラでは務まらないしね。かといって、デキるをアピールしてるわけじゃなくて、できないと分かっている上で、先輩達にはない何かを持っているというのは、分かりやすくていいか。

 で、今回は飛行機は一人で飛ばしているんじゃない、という話。篠田は最初からあらゆる分野の人たちの話を聞こうという姿勢だったけれど、その分野のことしか眼中にない人もいるんだねぇ。みんなで命を預かってるんだよね〜。

 ということで、篠田の過去も描かれつつ、事件じゃなく、管制官の仕事という内容でえがかれました。これからどうなる?では。



sumomo310 at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2012年10月25日

TOKYOエアポート<2>

 ども。比べてしまうものがあるドラマはかわいそうだなと思っているすももです。

 やっぱりちょっと派手さに欠けますね。空港内だからかなぁ。動きが少ないし、人も少ないし。あげく、今日は序盤からしっかり事件が起きてしまったので、あまりOFF感もなかったし「TOKYOコントロール」の方が面白かったなぁ。バランス良くて。
 今回の個人的な行動もちょっと微妙だったな。見える場所を通るように誘導するってのはありだと思うけれど、しっかり時間を使って止まるってのは、ありえない気がするよ。
 とりあえず見てみますが、TOKYOコントロールとの比較はまだまだ続きそうです。では。



sumomo310 at 15:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月15日

TOKYOエアポート<1>

 ども。管制官が離職率も自殺率も高いのは分かるよなぁとしみじみ思うすももです。

 管制官のドラマと言えば『TOKYOコントロール』。あれは面白かった。TOKYOコントロールだけあって、範囲は広いし、ほぼ密室劇で、飛行機はあんまり映さず、レーダー画面だけで盛り上げた感じは見事だった。それに、管制官の仕事の厳しさ、ヒューマンエラー、自衛隊とのやりとり、気象問題、事故、事件に至るまで、色々描いてて、飽きることはなかった。かつ、キャラクターもうまく配置されていて、オンオフがきちんと分かれていて、見やすかった。

 で、今回。羽田のタワーだけってことで、正直、初回はちょこっと盛り上がりに欠けた。特にTOKYOコントロールを知っているからだと思うのですが、もうちょっと初回らしい盛り上がりがあっても良かったのに、とは思います。タワーだけでは話がもたないので、あちこち話を振るのは分かるけれど、管制官のオンオフでキャラを深めていってほしい感じもします。
 TOKYOコントロールから同じ人が同じ役で3人出ているのですが、まだまだこれからって感じ。結城さんだって、あの位置の人なのに、コントロールでは草野球好きで新人をチームに巻きこんじゃうような人だったのですが、今回はそういうオフは全然なし。矢部さんも、彼が焼そばのUFOを食べると上空にUFOが現れるという伝説があるような人だったのに、今回はただの管制官。こうなると、ただバタバタしてるだけのドラマになってしまうので、今後バランスよく入れてきてほしいなぁ。

 それにやっぱりちょっと不親切だった気がするな。計器が何を指しているのか最後まで分からなかったし。まぁ、コントロールの方でもそれはあまりなかったけれど、見れたってことは、見ているうちに分かるよね、って感じか。慣れて分かってくる気もしますが、特に今回0表示をした計器だけは何なのか、説明があっても良かったと思います。

 ということで、TOKYOコントロールとは全く役割が違うってことはよく分かりました。空港の中だけでどれくらい話を膨らませれるか分かりませんが、次回も楽しみに見てみようと思います。では。

 TOKYOコントロール 東京航空交通管制部 DVD-BOX
TOKYOコントロール 東京航空交通管制部 DVD-BOX
クチコミを見る



sumomo310 at 12:48|PermalinkComments(0)TrackBack(5)