Woman

2013年09月18日

Woman<最終回>

 ども。最後まで女優陣の演技力に驚いていたすももです。

 最後まで、誰かの母であり、誰かの娘であり、誰かの家族である女の姿を描いたって感じでした。最終的に栞が小春を助けるんだろうってことは分かっていたけど、栞を許すとかではないし、将来子供にもどう伝わるかわからない。でも、子供の母であることは大切で、生きてつながっていくことは大切だってことで終わりました。ま、植杉家に来て幸せになったんだね。
 ドラマ全体的には、初回の衝撃はどんどん薄まって、全体にゆったりと流れた感じでした。ちょっと中だるみもあった気がします。哲学的な部分が多いと、ちょっとたるんじゃうんだよね。
 ということで終わり。このドラマで一番すごいと思ったのは、やっぱり女優陣の演技力でした。では。

sumomo310 at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月31日

Woman<8>

 ども。一気にいろいろ進んでるなぁと思っているすももです。

 さてさて・・最後はお父さん、川に落ちたの?え??たおれたの?・・・いろいろ起こりすぎてて怖すぎる。一瞬のシーン過ぎて見逃しそうだったし。一気にいろいろ起きて、見入っちゃうよね。
 お母さんと小春の会話もなんだかどうしていいのか、って感じでした。こういう描写がうまいよね。日常会話ってこういうもんよ。結論が出るわけじゃない。たわいもない会話が深刻な会話になることもある。でも、小春とサチの中はいいほうにも悪いほうにも縮まっているのは分かるね。
 さぁ、どうなる?やっぱり栞が提供者になるんだろうな。いまだ気持ちが逃亡中の栞側の気持ちがどう動くかがこれから見ものっぽいです。では。

sumomo310 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月23日

Woman<7>

 ども。この女優陣も子役もおっそろしいわぁ〜と思っているすももです。この女優達を見ると、ドラマでよく見る女優なんか、全然ダメだなと思いますよ。こういう人たちを本当に演技派って言うんでしょうね。

 さて、一気に話が進んだ感じがしますね。娘が出ていき、娘が病気と知り・・・。お母さん、たまらないな。ただ、栞は解放されてすっきりしているっぽい。最後のシーンはちょっとホラーだったよ。でも栞は栞で、お母さんの呪縛から解き放たれたってことか?栞が何を考えてるかわからないから怖いわ。
 で、とりあえずお母さんは小春と向き合うのか。母親たちが自分の子供を守るために奔走する。一気に進む予感です。

sumomo310 at 10:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月19日

Woman<6、7>

 ども。色んな立場の母や子供がいるもんだなぁと思っているすももです。

 栞が不気味すぎる・・。何をしたいんだろうか。ただ本当のことを話したかったって感じでもないし、母親に対して何かを試している感じだろうか。しゃべり方のせいだろうか。。
 それにしても、じっくり描くのはいいけれど、あんまり進まなくなってきた感じはあるな。今回は信さんの今までをしっかり描いてくれたのは良かったけれど、ストーリーとしては最後の数分で進んだって感じか。
 さぁ、これからいろいろ進むかな。

sumomo310 at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2013年08月05日

Woman<5>

 ども。視聴率も裏よりよくなってきているみたいだし、これからどうなるのか興味のあるすももです。

 子供を「今」守りたいか、「これからずっと」守りたいか・・。小春は今しか考えてなかったようですが、最後は思い直しました。いいお医者さんに出会ったなぁ。この人は淡々としているけれど、きっと力になってくれるんだろうね。小春は生きるためにこれから植杉家と関わらなきゃいけないんでしょう。一歩近づこうとしていたお母さんですが、また突っぱねようとしているので、これからどうなるのか、見てみたいです。では。

sumomo310 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月30日

Woman<4>

 ども。自分の嘘で人が死んだら、病んじゃうだろうなと思ったすももです。

 なんかすごい告白だったなぁ。てっきり冤罪だったんだと思ったら、そもそも栞のでっちあげだったと。。これは栞は耐えられない重荷を背負ってたなぁ。でも栞は母親のせいにしている。そして、それを聞いてしまったお母さんは誰にも言うな、と・・・。おいてきた娘とはいえ、その娘の大事な人を奪ったのが、自分の娘・・。どちらも自分の娘なだけに、どうなるのか。
 そして、小春のほうは病気が発覚。最終的に移植とかそういう話になるのか。家族になれる時が来るのかどうかは分からないけれど、それまでにまだまだいろんな悲しいことが起こりそうです。では。

sumomo310 at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2013年07月18日

Woman<3>

 ども。裏番組とのギャップがありすぎて、なかなかいいなと思っているすももです。だって同じようなのが2本あっても見るの大変だし。。

 う〜ん、結構見入るねぇ。今回は子供とのやり取りより、母親とのやり取りを中心に描かれました。そして、また真実が分かりました。お母さんは暴力を振るわれていたという事実。知らなかったんでしょうね。そして、ありがとうございました、と言って帰っていきました。植杉さんに。。
 親子はやっぱり親子なんですね。似ているし、だからこそ反発するし、切っても切れないところもある。そして母と娘という女同士。いろいろあるわな。それを健太郎さんが何とか仲を取り持とうとしているけれど、うまくはいかない。これは難しい。
 これから病気の話も出てくるし、そしたら移植とかになっていやでも母親とつながることになるのか?いろいろ先が気になります。では。
 

sumomo310 at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2013年07月12日

Woman<2>

 ども。母親スイッチ、一度入れたら切れないスイッチっていうのはなんだかとっても納得だったすももです。

 さて、今回も色々丁寧だった。お母さんに「さみしくない?」と聞かれて「なんで?」と答えるのも子供らしい描き方。大人が感じるほど、子供は楽しければさみしさを感じない。けど、感じたら、大人が感じる以上に感じる。だから、突然飛び出してしまう。子供はそんなに複雑じゃない。複雑じゃないから、10円で何度も留守電に電話してしまう。あの時の不安さは半端じゃないよね。

 信さんの死はただの梨だけじゃなく、痴漢疑惑まであるらしい。これが先週役所でなぜ死んだのかを聞かれて口ごもった理由か?栞が真実を知ってそうなのでどうなるか。病気の話もあるので、これからどうなるか気になるところです。では。



sumomo310 at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2013年07月04日

Woman<1>

 ども。恐ろしく怪物ドラマになりそうな気がしたすももです。子供を抱きながら見るドラマじゃないな・・・。


 さて・・・いやぁ。。満島ひかりさんってのは恐ろしい女優だなぁと再確認。いろんなドラマや映画を見てわかってはいたけれど、それを再度見せつけられた感じでした。

 で、ドラマの内容は。。かなり丁寧で、かなり見入って、かなり泣いてしまった。「それでも生きてゆく」の坂元裕二さんと、「mother」のスタッフが見事に融合しましたね。
 シングルマザーの大変さをドラマらしく描くのではなく、「大変」とかそういう言葉では片付けられない「生活」の「現実」をリアルに描いている気がしました。本当に涙が出ました。「母」だから「お母さん」だからやらなきゃいけない数々のこと。逃げられない、逃げたくないいろんなこと。
 ベビーカーが階段から落ちるシーンなんかはとっても考えてあるな、って感じがしました。必死に生きていても起きてしまう、そういうギリギリの状態であるということが本当に描かれていたと思います。

 生活保護のカウンターの人形や、そうめんをバカ食いすることに逃げてしまう母親などの描き方も興味深かった。日常ってこういうもんだよね。

 これは毎週覚悟してみなきゃいけないな、と思った第一回でした。では。



sumomo310 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(5)