リーガルハイ 2

2014年01月14日

リーガルハイ<最終回>

 ども。とりあえずまとめてみるすももです。

 さて、最終回もわ〜〜!と進んだ感じでしたね。そして、最後には何が真実だったのかわからない感じがいかにもこのドラマでした。
 全体的に、ちょっとネタが下品なものもあったのでやりすぎかな、って感じはしました。が、リーガルハイのスピード感は衰えてなかったし、良かったのかな。それに安藤貴和の事件がずっとベースになってるので連続ドラマとして見やすかったりしたので良かったと思います。
 まだまだ堺さんはくお視聴率男ですね。では。

sumomo310 at 14:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月21日

リーガルハイ<4〜7>

 ども。まとめて更新のすももです。

 さぁ、2になってからのリーガルハイは本当によく考えてある感じがします。ま、古美門のキャラはちょっとやりすぎな感じがありますが、全体のストーリー展開はよく練ってある感じがします。貴和の立ち位置も、服部さんとは違う別のアングルから古美門、黛を見ていて面白いし、ストーリーをいい方向へ引っ張っている。だから、ただ飛び出す、ただ追い出すだけじゃなく、黛を事務所から出す展開はなかなか面白かった。
 で、7話は直接対決して成長を促すってことか。ま、3つの裁判をやりたい放題なので、正直、うるさい場面が多かったですが、まぁ、今回だけと思っておきましょう。
 次回は「北の国から」。前回の金田一といいパロディは恒例行事なのか?どうなるか。楽しみです。

sumomo310 at 13:26|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2013年10月25日

リーガルハイ<3>

 ども。今シリーズは、なんか最後の最後にいい話っぽくまとめるな、と思ったすももです。

 さて、今回は整形の話。弁護はむちゃくちゃだけど、常識じゃなく理屈で納得させられてしまうのが、古美門のやりかた。今回もまさにそうだったけれど、勝つという結論が出たら、意外に常識人の言葉が出て人間臭かった。それに何が幸せだったかなんて、弁護側が決めることじゃないんだよね。羽生の押し付けがましい正義はしあわせにはなれない。本質を見抜いてるんだよね、古美門は。ま、やっぱりやり方は変だけど(笑)
 ということで、黛が古美門のところにいることも決定したことだし、これからも楽しみです。

sumomo310 at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2013年10月17日

リーガルハイ<2>

 ども。世の中視聴率が下がったとかいってますが、にわか堺ファンがいなくなって、これが本来の姿だよ、って思ったすももです。

 さて、半沢ネタはもうなくすっきり。だけど、面白かったよ。ただ、変顔はちょっとやりすぎじゃない?って感じはするけれど。1の時、こんなにあったっけ?
 まぁ、それはいいとして。どこかで聞いたことがあるような人がモデルのストーリーだったけれど、「マイブーム」ってのは、なんだかなるほどって感じでした。目的もなく、ただ楽しんでいる人にどれだけまともに戦っても勝てないわけだ。で、古美門の法廷戦術も面白かった。相手がどれだけ名誉だなんだと言ってきても、これは褒めていると返されれる。言えばいうほど褒められるというのは、ぬかに釘状態で面白かった。
 最後の実はちょっといい人だったっていうオチも良かったね。最後にちょっとほんわかいい話になってたし。

 ということで次回も楽しみ。やっと視聴率も落ち着いてくるだろうし。でも、これから通常のドラマみたいに下がっても、下がった下がったって報道されちゃうんだろうな。TBSの高視聴率を利用したフジだけど、その反動が大きいことも想定ないかしらね?では。

sumomo310 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(6)

2013年10月14日

リーガルハイ<1>

 ども。面白かったすももです。

 さて、やりすぎな感じもしなくないですが、やっぱり楽しかったこのドラマ。テンポも相変わらずだし、堺さんはぶっ飛んでるし。半沢効果で妙なプレッシャーの中で始まりましたが、半沢を利用するだけしまくっているフジテレビのあざとさも、このドラマならありかな、って感じがします。けど、半沢を見て初めて見る人には、え・・・って感じでしょうね。笑えないとか、面白くないとかいろいろ聞きますが、仕方ないでしょう、別のドラマなんだからさ。
 で、ストーリーとしてはこの1話を伏線みたいにするのかな?で、他の案件も描くの?とりかく、世間がどういおうと、このテンポでリーガルハイは突き進んでいってほしいと思います。では。

sumomo310 at 13:25|PermalinkComments(0)TrackBack(1)