信長協奏曲

2015年01月14日

信長協奏曲 最終回

 ども。1年後は長いって!とツッコんだすももです。


  さて、映画化されることは知っていましたが、1年後というのはいただけない。せめて、STのように3か月後くらいに公開しないと、客足伸びないよ〜〜。

    さて、7話では間者がゆきと分かったりして、身近な人に裏切られることを経験し、 8話では大事な仲間を亡くし、9話では意に反することが行われて悔しさなどで落ち込む。10話、本物じゃないとつねちゃんに知られて、11話ではつねちゃんが味方についてくれると。ま、ミッチーの嫉妬が絶好調にならないと、映画につながらないし、本能寺までいけないだろうとは思っていましたが、まさか、半兵衛くんが殺されるとは!死んだんだよね?秀吉も協力してた?秀吉は最後まで悪人なのかな。

   

   全体的によくできた話だな、と思いました。信長だけじゃなくて、松永とか他に現代人がいるのも絶妙だったと思うし、歴史のとおりうまく進めてあるな、という感じでした。特に 比叡山の焼き討ちに関しては、サブロー信長ではキャラが違うだろうと思っていたら、ミッチー信長の独断という流れで、なるほど納得。うまいこと設定が考えてあるわ。

 

 ということで、結構楽しかったです。が、しつこいようだけど、1年後は長すぎます。では。



sumomo310 at 13:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月18日

信長協奏曲<〜6>

 ども。面白いなと思ってみているすももです。


 結構面白いと思ってみています。毎週楽しみ。ぎりぎりのラインで史実に沿って進んでいて、たとえば藤吉郎や明智光秀など、こういう設定のキャラクターにしてどう進むんだろう、というわくわく感がある。

 初回は、柳楽くんの好演もあって結構見入りました。が、まだまだどういうドラマなのかはっきりしませんでしたが、2回目からコメディ要素が強くなって、楽しんでみればいいんだな、と分かりました。脇の人たちのキャラクターがはっきりしてるので、結構おバカな感じの勝家とか結構好きです。そう思うと恒興は結構普通のキャラクター。ま、みんなバタバタしてては、サブロー信長は成り立たないか。


 高校生ってことはおいといて、小栗君は結構好演してると思いますよ。ほどよく力が抜けていて、現代人らしく命をかけるとかからは弱腰で、なんでも楽観的で、でも気が優しくて。サブローはいいキャラクターです。


 マムシのおっさんが現代人という設定も面白かったし、松永という現代人も出てきたし。桶狭間の花火が上がるところはちょっと緊張したし、毎回結構見どころがあると思います。前クールに信長のシェフを見たからか、ちょっと歴史の流れも分かったりして楽しい。

 本物の信長は意外に野心家っぽいね。こうなってくるといつかサブローと入れ替わろうとするだろうね。で、本能寺の変?って流れ?とまぁ、これからどうなるか分からないけれど、キャラクター設定が違っても、史実の流れで進んでいけばいいなと思います。あ、映画化が決まっている時点で、ドラマでは本能寺の変は描かれないのか?

とりあえずじっくり見てみたいですね。では。

 

 



sumomo310 at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(1)