ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)
ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)おすすめ平均
stars読んでみて下さい!!
stars既視感あふれる第3弾
starsこんなスーパーマンの医者がいてもいいですよね
starsバトルディスカッション!
stars作者の理想を投影した英雄譚。気持ちが揺さぶられる作品。
ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)
ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)おすすめ平均
stars作者の理想を投影した英雄譚。気持ちが揺さぶられる作品。
starsロジカルモンスター白鳥はやっぱ好きです。
stars上下巻に分かれる弊害
stars才能と志を併せ持った格好よすぎる男の話
starsお風呂をすませてベッドに入って読め!眠れなくなるノンストップ必至の本!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「ナイチンゲールの沈黙」と同時に進むもうひとつの物語。

海堂尊の「田口・白鳥シリーズ」ではあるけれど、今回は速水部長が主役といっても過言ではない内容。出来る男の我がままがこれでもか!というほど発揮されている。目玉だらけな内容でホント夢中に読ませていただいた作品なのですが、まず毎回(といっても3冊目ですが)鋭い!と思うのが゛嫌味のど突きあい゛。これが発揮されてるのが目玉のひとつとも言える倫理集団、エシックス・コミティにおける沼田との論戦。白鳥が斬り込む一問一答は読んでいてもぉ〜爽快。元々このディスカッションに重点を置いた小説は好きだから特に萌えた。そして戦場と化す病棟でのシーンでは、緊張感含む場面にガラッと切り替える作法もお見事。前回読んだ「ナイチンゲールの沈黙」と同じ時系列で進むので、所々にナイチンゲールテイストがあるのも嬉しい。盛り上がり全てが私好みな展開で、キレ味抜群な作品でした。うーん。これだけ色々繋がってるとブラックペアンにも私好みとして星五つ贈呈してもいいんじゃないかと思っちゃうなぁ。まあ、今更ですが、実はこぉゆう悩みよくある。
で、やっぱりここでも気になったのが世良。花房の移り気に、ブラックペアンからの時間の流れをいちばん痛感したかも(笑

↓その他ブログの感想もどうぞ↓
笑う学生の生活

ランキングに参加しています。クリックしていただけると
↓励みにもなります↓
 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ         ブログパーツ