総じてアシュケナジーム編です。

先日図書館で借りた本が全て歴史に集中してしまい、そうなると自然とブログの内容も歴史色が濃くなってしまうわけで。もっとバラエティに富んだセレクトが出来ないもんかといつも思うんですが、歴史書などは買うとなると高値なので、どぉしても図書館に行くと偏ってしまうんですよねぇ。というわけで今回もヨーロッパ編。特にここ最近では貪欲に知識を吸収しつつあるユダヤ人のおはなし。その中でもポーランドのユダヤ人限定で読んでみました。アシュケナジームです。
意外に読んでる方が少ないようで、検索してもなかなか引っかからない。もっと沢山の人に読まれてもいい本だと思います。ポーランドに限られた話だからといって侮るなかれ。むしろこの本からユダヤを知る第1歩にしてもいいんじゃないかと思いました。今まではシオニスト側や日本著作の中立な記述で読んでた作品が多く、いつの時代に何処で何が起き、第一波が○○万人。第二波が○○万人、といった漠然とした形でしかユダヤ人の動きが分からなかった。でもこの本では中・東部ヨーロッパに居住するユダヤ人に何が起きて、どのような動きがあったのかが日記や手記を通じて詳しく書かれてました。
簡潔な所もあるけれど、今まで読んできて得た知識に更に的確な言葉でもって曖昧だった部分も埋めて教えられました。
この本で沢山学ぶことが出来たのですが、特大きく関心を持ったのがイスラエル建国に際して東ヨーロッパ諸国で激しく起こった反イスラエル・キャンペーン。このアラブ・イスラエル戦争が起こるまでは戦後平穏だったポーランド・ユダヤ人にまた逆風が吹き始め、軍、経済界、文化、科学、メディアとあらゆる分野でのユダヤ人狩りが始まったこと。この際の雰囲気は1930年代にヒトラーが推進したユダヤ人迫害に似ていて、職や住居を奪われたユダヤ人、結果的にはまた国外移住をするはめに・・・。どちらかといえばシオニスト運動側を多く読んでいた私には大きなショックでした。視点を変えると様々な予期しなかったことが見えてくるんですね。そしてずっと引っかかってることがあって【統計上では今日のポーランドは、テレビか映画でしかユダヤ人を見ないことになります】と書かれてたこと。絶滅じゃないっすか(驚)
私自身も本やテレビでしか情報を得られないので、事実かどうか知りたいもんです。いや、別に疑ってるわけじゃないんですがあまりにも・・・
しかし21世紀はじめからユダヤ的なものが消え去ってることに関して、旧世代が無視して空白となった(戦時中の苦く苦しい経験には蓋をしたくなる気持ちは分かります)ポーランド人歴史意識の欠落を埋め合わせようと若い世代にユダヤ史、ユダヤ文化(博物館)などの活動が広まってるようです。とても前向きで感動します。

あるテレビ局でも放送していた「もうひとりのシンドラーを探して」と題してワルシャワ・ゲットーの子供たち2500人を救った女性イレーナ・センドラーさん、その他今まで読んできたユダヤに関する本に沢山リンクする所がありました。
どの過程でもいいので1度は通読することお薦めの1冊だと思います。

ポーランドのユダヤ人―歴史・文化・ホロコースト
ポーランドのユダヤ人―歴史・文化・ホロコーストフェリクス ティフ Feliks Tych

みすず書房 2006-07
売り上げランキング : 635518


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ランキングに参加しています。クリックしていただけると
↓励みにもなります↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ         ブログパーツ