何のために読書をするのか。

自分ではおよそ体験出来ない・・であろう(殺人や詐欺などなど)人物や堕落した人間を盗み見るような刺激を求めたり、素敵な間合いで笑いのツボを押されその作家をむさぼるように読んだり。ミステリで騙される快感やら派手なドンデン返しで悦に入ったりと、この手の内容はほとんど文庫本(娯楽本)かた得られるもの。著者の言うところの『精神の緊張を伴う読書』になるのかな。私が読書を始めた最初の頃は文庫一色でした。そして『文庫系と新書系をあえて分けるならば、文庫系の方が先に読書習慣に入ってくるのが自然だろう』とし、更に『文庫系をひと通りこなした後に新書系の読書が折り重なってくる』とはまさしく私の辿ってきた読書道とぴったり。みんなもそうなのだろうか・・・。たまたま私が合致したまでなのか。なぜか運命を感じたり。まあ、読書への入り口としては文庫から、とは私も思う。まずあのぶ厚さに怯まないことも大事かなと。
そして『日本には聖書のような唯一絶対の本、すなわち the book of books がないから、たくさんの本を読む必要があった』つまり『booksから価値観や倫理観を吸収する必要があった』とあり、これを読んで頭に浮かんだのが新渡戸稲造。ベルギーの法学博士から「宗教教育がない日本で何が道徳を教えているのか」と聞かれ、新渡戸稲造はヨーロッパの歴史、文学から多くの類例を引いて比較的宗教学的に書かれたのが「武士道」とあったのを思い出した。きっと稲造さんも沢山のbooksを手に入れ黙々と読書人になったんでしょう。しかし残念ながら「武士道」はまだ未読。なので以上の感想は想像ですがなんとなくリンクしてるような気がする。早く武士道を読まなければ!と、1冊読むと次に読みたくなる本が出てくるという『本は、本の連鎖を生む』ということも書かれてます。
著者は『本屋に行って自分の身銭を切って買え』と。『買うという行為に、決断や思いの深さも関わる』とのこと。うんうん。なるほど。ならばきっとブックオフでもいいと思うんです(笑)ちなみに私はブックオフでゲット。
もっともっと本を読みたくなることが書かれた本です。これからの人も、現在読書人にもお薦め。

読書力 (岩波新書)
読書力 (岩波新書)斎藤 孝

岩波書店 2002-09-20
売り上げランキング : 5547

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
三色ボールペンで読む日本語 「できる人」はどこがちがうのか (ちくま新書) コミュニケーション力 (岩波新書) 齋藤孝の速読塾―これで頭がグングンよくなる! 上機嫌の作法 (角川oneテーマ21)

ランキングに参加しています。クリックしていただけると
↓励みにもなります↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ         ブログパーツ