いつも読書人 

《イツモ ドクショビト》 最近いっつも読書してる。 手にした作品の感想と、たまにすもも日記。

恩田 陸

ねじの回転 / 恩田陸4

ねじの回転―February moment (上) (集英社文庫)
ねじの回転―February moment (上) (集英社文庫)集英社 2005-12
売り上げランキング : 43611

おすすめ平均 star
starわからないのがおもしろい
star二・二・六事件へのオマージュ
starページを繰る手が止まりません
ねじの回転―February moment (下) (集英社文庫)
ねじの回転―February moment (下) (集英社文庫)集英社 2005-12
売り上げランキング : 43353

おすすめ平均 star
star二・二・六事件へのオマージュ
starぜひ映像化を…!
starこれは傑作だと思います


二・ニ六事件にSF入れたらこぉなるんですねぇ。


読後はホッとしました。またモヤモヤで終わったらどぉしよぉかと・・。まあ、置いてけぼりで呆けるだけですかねぇ。でもコレは良かった。下巻では伏線も上手に回収された作品で、なかなか面白かったですね。といってもベースがあのニ・ニ六事件にSFが満載に盛り込まれてますから、好みは分かれるかも?それにしても凄いですよ。ちゃんと実在した石原莞爾、安藤輝三、栗原安秀を中心に、歴史に残るあの事件をそのまま残しつつも、角度変えた新たなストーリーも『if・・』で展開しちゃうんです。ただ困ったことにタイムパラドックスって言うんですか?時空を超えたもの凄いことが何度も繰り返し起こってしまうので、元々SFが苦手な私には少々混乱してしまったわ。。でも歴史好きなもんで、人物の魅力に引き込まれて混乱なんぞに負けず読破!再読もありな本でした。こぉゆう本っていいですね。歴史をなぞるだけじゃなくて、タイムスリップしちゃったりするの。他も探してみよっと。

永田町一帯を占拠した兵士
300px-Troops_occupying_Nagata-cho_1









投降を呼びかけるチラシ
昭和11年2月29日
200px-February_29_leaflet




















軍人会館に戒厳司令部設立 27日
200px-Marshal_Law_Headquarters















↓その他ブログの感想もどうぞ↓
きっし〜の読書ノート兼、日記


細々とランキングに参加しています。どれでもクリックしていただけると励みにもなります。↓↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ        ブログパーツ

チョコレートコスモス / 恩田陸2

チョコレートコスモスチョコレートコスモス
著者:恩田 陸
販売元:毎日新聞社
発売日:2006-03-15
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

演劇や舞台に詳しくはないけれど緊張感は凄く伝わってきて、前半の『金の林檎』や『開いた窓』では、どうでるどうでる??な感じでページをめくる手も早くなりドキドキした。全然ミステリーじゃないのに、これだけ夢中にさせてドキドキさせてくれのは凄い。ただ!ただなぁ・・ずっと演劇が続き、最後には飽きが出てしまった。読後に残る物が薄かったのがちょっと残念。途中までは夢中だったのに。。。

↓その他ブログの感想もどうぞ↓
粋な提案

ブログパーツ

ユージニア / 恩田陸3

ユージニア (角川文庫)ユージニア (角川文庫)
著者:恩田 陸
販売元:角川グループパブリッシング
発売日:2008-08-25
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

【読了後は貴方のご想像にお任せします】ってドーンって突き放す本。

すっごい久々に悶々とする本に出会ったわぁ。これを完璧に謎が解ける人っている!?私ぜんっぜん分かんないよ(汗)聞き手と語り手でゆっくりと物語が進んで、この章は一体誰の証言なんだかで凄く頭使って、物語も前後するから更に混乱して、で、この漢字違いのこの人は誰よ??な感じでホント疲れた。でもなぜか挫折することなく読み進めてしまうのは恩田さんの魅力でもあるのでしょうか。犯人がチラチラと見え隠れするこの雰囲気はいいのよ。読み進めてくとちょっとずつは謎が解けてくし。【読了後は貴方のご想像にお任せします】的なモヤモヤ悶々とした本が好きな方にはオススメ。お馬鹿な私はブンブン振り回されてとにかく疲れたわぁ。

にほんブログ村 トラコミュ ミステリ・サスペンス・推理小説全般へ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般

ドミノ / 恩田陸5

ドミノ (角川文庫)ドミノ (角川文庫)
著者:恩田 陸
販売元:角川書店
発売日:2004-01
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


少し前から気になってた本。色々と情報収集してると高い評価をしてる方が多く暫く頭に引っかかってたので、この度めでたく恩田さんの本を初めて手にしてみた。面白い!27人という登場人物の多さに尻込みしそうになったが、読み出したら止まらなく、しかも登場人物の個性(あくの強さと言うべきか・・)が強く、誰が誰だかと迷う事なくドミノ倒しのようにパタパタパタッと読み進める事が出来た。しかもユーモア満載で所々笑わしてくれる。
ほんの些細な偶然からあれよあれよとお互い交差し、ドタバタとねじれて、絡み合い、もつれ合い、収拾不可能となって、全員が劇的なクライマックスと流れていく様はほんとにドミノみたいでした。

交差していく構成は、以前伊坂さんの作品でも似たようなのが・・
んー。私にはドミノの方が肌に合うみたい。

↓その他ブログの感想もどうぞ↓
mahirose cafe
のほほんの本

ランキングに参加しています。クリックしていただけると
↓励みにもなります↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ         ブログパーツ
記事検索
コメント有難う御座います
素敵な書籍があります。
ランキングにも参加しました。
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
art-literature

すももの本棚
本好きpeople TrackBack
Blog People Links
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: