いつも読書人 

《イツモ ドクショビト》 最近いっつも読書してる。 手にした作品の感想と、たまにすもも日記。

★★(好みでは・・)

百瀬、こっちを向いて / 中田永一2

噂の覆面作家に初挑戦。

○○と気づくのが遅いのかそれとも並なのか。そもそも○○を読んだことがない私。あらすじや他のブロガーさんの感想などを見ると面白そうだなぁ〜とは思ってたけど、結局今日までズルズルと延びて未読のまんま。
旬な作家が他に多く出始めて今さらな気持ちもあったから、あえて中田さんで挑戦してみた。学園物(?)恋愛小説で4つの短編集。この私が恋愛物イケるか!?と思いながらも最後まで読めたのは、本から微量で漂ってくる不穏な空気かな。単なる恋愛話しでは終わらせない何かしらの仕掛けがあるので、こういった空気をかもし出す作家さんは天才!と思ってるので嫌いではなかった。問題があるとしたら今の私が学園物の恋愛を求めてなかったってことかなぁ。。。

百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)
百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)中田 永一

おすすめ平均
starsとにかく手だれ
starsさわやかな恋愛小説
stars学園ラブコメディー漫画のよう
stars表題作より、他の作品のほうがいい。
stars技巧的には職人的な巧さが光っている

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ランキングに参加しています。クリックしていただけると
↓励みにもなります↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ         ブログパーツ

ダイイング・アイ / 東野圭吾2

ダイイング・アイ
ダイイング・アイおすすめ平均
stars不思議な作品
stars中途半端
starsまあまあ、面白かったです!
starsびっくり
starsマネキンって怖いですね

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

結末はそぉ持ってくしかないですよねぇ・・・

もういっそのこと○○ο○にしてしまった方が、ある意味驚愕のラストになったのでは・・・。しかしまさか東野さんがそんなラストにするハズもなく、まぁ無難なラストなのかな。うーん、でもこの手のミステリなら東野さんじゃなくてもいい気がする。もっとやらかしてくれることに期待しちゃいました。しかし怖い。夜に読み始めたんだけどトイレに行けなくなってしばらく我慢したし。ミステリとホラーのミックスな感じで終始ゾクゾクしてたけど、怖いもの見たさと先の見えぬ展開でグイグイ物語に引っ張られたのは確か。しかし、まぁなんですか、こんなにも性的描写は必要だったか?と疑問が残るなぁ。珍しい。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると
励みにもなります↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ         ブログパーツ

ボトルネック / 米澤穂信2

ボトルネック (新潮文庫)
ボトルネック (新潮文庫)おすすめ平均
stars残酷な形で生きる意味を問う
stars読んで損はないが、結末を求めるならやめた方がいい
starsプロットはいいのに、リアリティが……。
stars爽やかに苦い・・・・だろうか。
starsかなり苦めの青春ファンタジー

《答えは、この本を読み終えた読者の心のなかにある》が好きな人には◎

ミステリでもそうでなくても、結末がはっきりした上で色々と考えるのは好き。でも結末がはっきりしないままで、読後にドーンと突き放される作品はどぉも苦手なたちで。
「僕」が存在する世界から、「僕」が存在しない世界へ飛び、そこで「僕」の存在する世界では居なかった「僕」の「姉」と遭遇し・・といった内容で、前半はこっちの世界とあっちの世界の間違い探しな内容。あ、これってパラレルワールドね。この手は好みによって左右される作品かな。
【儚い羊たちの祝宴】を前に読んで、不穏な空気が流れる米澤さんの作品にゾクゾクしたもんです。本書も危なげで不穏な空気漂う中、不可解な出来事や僕自身の存在価値などに葛藤する主人公に目が離せず黙々と読んだけど、やはり読解力に欠ける私にこの終盤は不完全燃焼だったかなぁ。いやいや、これは私に責任があるな。うん。

↓その他ブログの感想もどうぞ↓
igaigaの徒然読書ブログ

ランキングに参加しています。クリックしていただけると
↓励みにもなります↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ         ブログパーツ

教室の亡霊 / 内田康夫2

教室の亡霊
教室の亡霊
中央公論新社 2010-02-10
売り上げランキング : 301


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

教員採用汚職事件に迫るミステリ

これは浅見光彦シリーズ最新刊なんですね。ほほぉ。舞台は群馬県の中学校で新人女性教師が事件に巻き込まれるお話。で、ふっと思い出したのが湊かなえさんの『告白』。出だしはシリアスな感じで期待してたんだけど、だんだんとサスペンス劇場のようなノリになって私の好みとは違うなと。まあ、シリーズ物だから熱烈なファンもいらっしゃるんでしょうね。最近の私もシリーズ物漁ってますし。で、本書は近所の本屋で1位。あぁ、もしかしたら店長の好みだったのかな?店長の思惑通りになった私。。。
しかし驚いたのはこの本で知った2008年の教員採用汚職事件。賄賂の額や不正となった経緯、そして被害者の悲痛な叫びなどなど。色々と調べてみると実際の事件と似通う内容で『こぉゆう流れで不正が行われたのか・・』と、それぞれの暗雲が見えたりもして、その点とても興味深い設定だった。
謎を追い真相を明かしたい気持ちは膨らむので、先が気になるのは確かなんだけど、人物描写が軽めに感じたのもあってちょっと残念。でも読みやすいのは確かなので、内田さんが書かれてる歴史大河小説【地の日 天の海】は読んでみたいと思う。の前に、じっくり読む時間が欲しい・・・

ランキングに参加しています。クリックしていただけると
↓励みにもなります↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ         ブログパーツ

テンペスト 上 (若夏の巻) / 池上永一2

テンペスト 上 若夏の巻
テンペスト  上 若夏の巻おすすめ平均
stars琉球王朝歴史ロマン
stars人物描写がちょっと安易なのでは?
starsエンターティメントの要素を詰め込みまくった小説
stars琉球が舞台って
stars期待はずれ


幕末期の琉球王朝が舞台で面白そうなのですが・・・

んー・・・。
読み始めて思い浮かべたのは浅田次郎さんの【蒼穹の昴】でした。こっちも宦官。あっちも宦官。そっかぁ、私は蒼穹の昴が抜群に面白いと感じたので、どぉもそれに比べると中身に重圧さが無い・・というか、人物が魅力薄というか・・。上下ニ段ページのボリューム満点な本なので、グイグイと惹きつけてくれる人物がいないと読み続けるにはちと辛い。
琉球王朝が舞台で、ちょっと風変わりで奇抜な設定は十分に興味がわくんですけどね。珍しい時代に着眼する作家さんは好きでして。あっ。思い出した本が1冊あった!似た感じで天野純希さんの【青嵐の譜】というのがあって、こっちは蒙古来襲のお話でした。史実に沿いながら架空の人物達が活躍し『何故このような事が起こったのか?』が分かりやすく描かれてました。
さて、本書は下巻も読んでから載せようと思ったけど、多分上巻でギブっぽい。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると
↓励みにもなります↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ        ブログパーツ

ハッピー・リタイアメント / 浅田次郎2

ハッピー・リタイアメント
ハッピー・リタイアメント
幻冬舎 2009-11
売り上げランキング : 95

おすすめ平均 star
starお見事

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ずっとねたみっぱなしだったわ。

前回読んだ浅田氏の作品は【蒼穹の昴】。それがヒジョーに面白かったので、今回の内容が天下りだろうと腹下りだろうと浅田氏の新刊を発見した時の即買いは当然の行動とも思えなくもない・・
しかも立ち読み出来る範囲の出だしには、浅田節が炸裂してて面白かったのもあったし。が、まあ、内容は要するに天下り小説で、天下って行く先はこんな所なのかぁ・・と思うと兎に角羨ましく終始ねたみっぱなし。あれこれと画策しながら物語は進むんだけど、浅田版【世紀の幸福論】と言うには、庶民の私には笑っちゃうぐらい次元が違いすぎたかなと(笑)やっぱ私は浅田氏の歴史、時代小説が好きかなぁ〜。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると
↓励みにもなります↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ         ブログパーツ
記事検索
コメント有難う御座います
素敵な書籍があります。
ランキングにも参加しました。
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
art-literature

すももの本棚
本好きpeople TrackBack
Blog People Links
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: