いつも読書人 

《イツモ ドクショビト》 最近いっつも読書してる。 手にした作品の感想と、たまにすもも日記。

上橋 菜穂子

闇の守り人 / 上橋菜穂子4

怒り、悲しみをずっしり感じた「守り人シリーズ」第2弾。

守り人シリーズ第2弾を読みました。やはり゛悪役゛をコテンパンにやっつけるというストーリーは何歳になっても燃えるんだなぁ。もともとファンタジーは苦手だったのでまずは人気の上橋さんで慣れてみよう・・・と始めたのが大当たり。まだこれで3冊目だけど「狐笛のかなた」は特別にお気に入り。
さて、今回のバルサは育ての親であったジグロの汚名を晴らすために故郷へ戻る。しかしそこで待ち受けていたのはバルサが思いもよらぬ陰謀が・・・。
暗闇の洞窟や人間とは異なる種族の登場にドキドキしたり、大人のしがらみに辟易もすれば潔い子供に天晴れと感じたり。最近やや多めに読んでる゛ややこしい本゛これはこれで凝ってたりするから読み応えもあり面白いけど、本書のような明瞭な物語は怒りや悲しみがストレートに伝わってきてズッシリと重みを感じることができる。その真っ直ぐなとこがいい!人の痛みや悲しみが伝わるのって凄く貴重。目に見えない心の傷ってこうなんだなぁ・・・と考えさせられた。

↓その他ブログの感想もどうぞ↓
Lothlorien(ロスロリアン)

闇の守り人 (新潮文庫)
闇の守り人 (新潮文庫)おすすめ平均
starsラストに感動
stars闇に映された心
stars政治・死生観等も興味深い
stars美しさと醜さ
stars精霊の守り人を読んだらセットで読んで欲しい

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ランキングに参加しています。クリックしていただけると
↓励みにもなります↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ         ブログパーツ

狐笛のかなた / 上橋菜穂子5

狐笛のかなた (新潮文庫)
狐笛のかなた (新潮文庫)おすすめ平均
starsこの幸せを守るために
stars夢と愛があふれるファンタジー
stars上橋菜穂子のファンです
stars良かったです。
stars情景が目に浮かぶような美しい作品です


久々に良い本を読みました。

犬に追いかけられ、傷を負いながら必死で逃げる子狐の野火。偶然にもそこに居合わせた12歳の小夜の懐へすべりこみ助けられる・・
本書からは獣の臭いを感じます。でもなぜかその匂いが落ち着いてしまう。我が家にはミニチュアダックスがいるので、獣から発する日なたの暖かな匂いが凄くよく分かるんですよね。他にも情景描写がとてもキレイで、のっけから物語に引き込まれました。そして命がけで小夜を守ろうとする野火の純粋すぎる想い。この純粋さに胸が熱くなって泣けました。他の人物も個性豊かで、あっという間に読み終えてしまいました。もし願いが叶うならば・・・野火の友達でもある天狗、もとい。半人前の半天狗、木縄坊との外伝なんて出たらいいなぁ^^

この本は【日々の書付】の日月さんからご紹介いただきました。ファンタジーが苦手な私でしたが、本書を読み終えた今ではオススメ出来る1冊になりました。
日月さん。有難う御座いました。


ランキングに参加しています。クリックしていただけると
↓励みにもなります↓ 
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ         ブログパーツ

精霊の守り人 / 上橋菜穂子5

精霊の守り人 (新潮文庫)
精霊の守り人 (新潮文庫)おすすめ平均
stars待ってました。
stars上橋菜穂子ワールドに嵌ってしまう!
stars何も言うまい・・・
starsずっと心に残るファンタジーです
stars児童文学と侮る勿れ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


主人公は三十路女、バルサ。弱い面も見え隠れしてなんかイイ!

苦手なジャンル(冒険物)を好きになるためには・・やはり人気ある本を読むのが妥当と思い選んだのがコレ。だったら今盛り上がってる【獣の奏者】を読めば?とも思ったけど、なんか出てる順番を前後して読むのって性格が許さないのよねぇ。こんな性格のせいで、『今それ読んでんの!?』ってのが結構ある気がする(笑)んまぁ、それでも良い作品に出会えるのであれば遠回りも苦にならないし♪で、これは凄い楽しめた!生きるため、生かすために必死に命を守る姿や、ひとつの目的の為にみんなが戦う様なんて、涙腺緩い私には皇子チャグムと一緒に涙しちゃったりして。児童書だからって侮る無かれよね。大人なら大人であるがゆえの発見って、本当に児童書から得られる物なのねぇ。ちなみに主人公はとっても強い三十路女のバルサ。ここ最近、己の身体にバッシバッシと鞭打って仕事してる私には、ユンケル的効果を発揮してくれる本でした。ガンバレ自分!


130278先日、本屋でこんなの見つけた。
物語中の料理が載ってます。
この本を手にする人の気持ち分かるわ〜。
ノギ屋の鳥飯とか、タンダの山菜鍋ね。読んでると食べたくなるもの。うんうん。












ランキングに参加しています。クリックしていただけると
↓励みにもなります↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ        ブログパーツ

記事検索
コメント有難う御座います
素敵な書籍があります。
ランキングにも参加しました。
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
art-literature

すももの本棚
本好きpeople TrackBack
Blog People Links
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: