米原さんの書評集。何を読もうか迷ってる方に。

これはもう永久保存版。1995年から2006年の全書評を集めた1冊。2006年では闘病中にも関わらず黙々と癌に関わる本を読破している姿は壮絶です。内部はふたつに分かれてて、第1部が『私の読書日記』で、第2部は各誌に連載した10年間延べ140編の書評が収録されてます。
文庫を購入したんですが結構ぶ厚い。興味で測ってみたら2センチ超えとる!この2センチ強のぶ厚い文庫の中身は正に本の宝庫のよう。ロシアに関わる作品は勿論のこと、日本史・世界史・現代史、文学もエンタメ小説もミステリも脳もアリも医学もペットも何でもござれ。特に多く載ってるのがやはりロシア関連で、その他戦争やテロ、民族や人物の本などが多く、過去に読んだ本も引っ張りだして比較し批判したりととにかく私にとって未知な世界には親切な内容。固い内容ばかりじゃ疲れるのか、本の悪口を書いた書物を読み爆笑してる米原さんにつられてこちらも笑うほどのユーモアもあり。読みたい本がどんどん増えてしまい時間とお金が足りない・・・と幸せな悩みを増やしてしまった。
それにしても悔しい。向田邦子さんの『阿修羅の如く』の現代版も読みたかったし、『打ちのめされるようなすごい本 パート2』なるものも読みたかった。今じゃどんな社会批判を披露してくれてたでしょうか、毒舌も恋しくなります。もし天国に図書館があるなら仕事に追われることなく、闘病に苦しむこともなく、思う存分大好きな読書をしていただいて是非パート2をお願いしたいです・・・ホントに悔しい。

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)
打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)米原 万里

文藝春秋 2009-05-08
売り上げランキング : 2545

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫) オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫) 不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫) 言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫) ユリイカ2009年1月号 特集=米原万里

ランキングに参加しています。クリックしていただけると
↓励みにもなります↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ         ブログパーツ