人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。

人生には3つの坂があるという。上り坂、下り坂、まさか。まさか、自分が脳腫瘍になるなんて。 2007年の8月、ドクターに「明日もう一度ご家族の方と一緒に来てください。」と告げられた。 それはまるでテレビドラマのワンシーンのようだった・・・。 “ベタ”ですが、病気になって人生観が変わって、 からの〜

<願望や意見>と<事実>が、ごちゃ混ぜになって溢れている世の中・・・

そりゃあ誰だって自分の利益を考えますよね?“本音と建前”があるでしょう?しかしだからと言って・・・
Subscribe with Live Dwango Reader


2007年10月

片耳の不自由さ

「人の気配」って、耳で感じてたんだな。左側に人がいても気が付きづらい。

毎日生活してるフロアではなく、違うフロアに行った時、「左側から急に目の前に人がきてビックリ!!」という場面が何度かあった。「驚かせるなよっ!」ってひっぱたいてやろうかと思ったが、今の「ヘロヘロ弱々」な俺では返り討ちにあうのが確実(笑)。それにむこうは「左耳」が聞こえない事を知らないし、気付かないのだから仕方ない。だから今回だけは許してやった(笑)。

「会話には不自由ない」と思っていたが、混みあったレストランみたいな、ザワついてるところでは、目の前の人の話が聞き取りづらい事も判明。(音の方向、距離感がわからないからか?)


色々少しずつ慣れていかないと。


なんか、「日常の小さな事」が、ごちゃごちゃ面倒くさそうだな。もともと出不精だから、年内は「完全に引き籠る」かも(笑)。


基本的に体調はかなり良い。退院後の具体的な心配」ができるようになったのは、精神的にも余裕が出てきた証拠か?!


怒らせるメニュー

またまた「病院食」の話。

今夜の献立にはちょっと怒りを感じた。
「サーモンステーキ」「大根の煮物」「ゴボウの甘酢漬け」「青菜のおひたし」「くし切りレモン」「白飯大盛」以上。

おいっ!ちょっ待てよっ!「くし切りレモン」って鮭の付け合わせだろ!それを一品として扱うなんて。全く「愛情」が感じられない(笑)。あんなふうに小皿にのってたら、何だかわかってない誰かはかじったり、食っちゃうだろっ(笑)!

なんかここのメシって「食べる側」の気持ちを考えて出してるとは思えない。「病人は贅沢言わずに黙ってそれを食え!栄養のバランスはいいんだから」っていうような姿勢が感じられる(笑)。俺だけか?

献立表にはしっかりと「くし切りレモン」と書いてある。
そんなもんに貴重な一皿使いやがって!

せめてその皿にレモンじゃなくて「味噌」でもよそってくれよ(笑)。それならメシが食えるから。





リハビリ

昨日はリハビリに行った。

人間、一週間寝たきりだと、全身の筋肉が著しく衰え、歩行さえ弱々しくなる。術後はだいたい皆、リハビリに行く。

しかし俺は数日前から、無駄にうろうろ歩いたり、「自主トレ」を行っていたので、すでに「歩くリハビリ」は終了してるようなもの。
その姿を見ていた一部の看護師さんの間でも「もう歩行のリハ要らなくない(笑)?」と囁かれていた。

案の定、リハビリの先生が、俺の動きなどをチェックした結果、「大丈夫そうですね」と。
ただ「顔」のリハビリは受けることに。
自分ではどうすりゃいいかわからないし、暇だし、しっかり受けようと思う。


この病院はとても良い病院だと思うが、唯一の欠点は「エレベーターがなかなか来ない。半端じゃなく、ものすごく待たされる」こと。

その昨日のリハの帰りのこと。

エレベーターまでまだ少し距離がある時点で、俺の乗りたいエレベーターがきたのに気付いた。このペースで歩いてたら間に合わない!と思うと同時に無意識に走ってた(笑)。「これを逃したら、かなり待たされる。絶対これに乗らなきゃ」という思いが、身体を動かしたのか(笑)?

エレベーターに乗ってから「あっ、やべぇ、走っちゃった」って気づいた。約2ヶ月ぶりに走った。走れた。


リハビリの先生、あなたの判断はたぶん正しいです(笑)。

病院食2

また「病院食」の話。

昨夜の献立は「ホタテのフライ2ヶ」「コロッケ1ヶ」「冷奴」「キャベツのサラダ」「青菜のおひたし」「白飯大盛」以上。

ここで出る「揚げ物」は全く湿り気のない、サラサラな仕上がり。どーやって作ってんだ?揚げた後ドライヤーでも当ててんのか?
まぁ「中年太り」が気になるので、「油っけ」がなくてヘルシーなのは許す。

でも「ソース」は不満。
フライ用のソースはちぃさぁぃ「減塩ソース」がひとつだけ。足りない!せめて「ソース」くらい、外の世界と同じサイズにしてくれ!

病院食

今さらだけど「病院食」の話。

昨夜の献立は俺のワースト3に入る、二週間に一度くらい出る、嫌なメニューだった。

「蒸した鱒のタルタルソースがけ」「白菜の浅漬け」「キャベツのサラダ」「筑前煮」「白飯大盛」以上。

オカズは全て、直径7センチ程度の小ばち。

ひどいだろ?浅漬けとサラダで二皿、メインは魚のタルタルって!「どんだけヘルシーなんだよ!」
この献立がけっこう出る。病院食にははじめから期待してないけど、このメニューの日はがっかりする。特に「鱒のタルタル」が気に食わない。せめて「塩鮭」にして欲しい。「タルタルソース」で飯食ってもうまくないだろが!


あまりに腹が減るから飯は大盛にしてもらってるが、飯だけ多くても満足度は上がらない。

この病院は「朝晩、週六日」メインディッシュは「魚」。しかも、乾きぎみでパッサパサのやつ。


あと、「汁もの」があまり出ない。味噌汁は朝だけで、夜は出たことがない。それも不満。

調理課の皆さん、「晩御飯にも、味噌汁または、スープをつけてくださいよ。」
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
アクセスカウンター
  • 累計:

ベンチプレスやりながらクリックしないで。


脳腫瘍 ブログランキングへ
プロフィール

3さか

記事検索
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
月別アーカイブ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ